2519002 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

想い出は心の宝石箱に。。。

2020.02.18
XML
カテゴリ:園芸
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村



    ​​9年目の胡蝶蘭、今年も1月に開花しました。でもお婆さんだから、かっての

 ような、華やかさが​​
ありもはん。


 

 




 だいぶ春めいてきたので、今日はカメラを片手に、近所を散歩しました。
 


      ​ ​​ 梅一輪 一輪ほどの 暖かさ

 

 









 春到来の報せとして、マスコミでもこの句をよく取り上げます。

 梅が一輪、一輪開花していき、暖かさが日増しに強まると共に、そこはかとなく

 春の訪れを感じるとの意味で。

 

​​ しかし、嵐雪の詠んだ意味は、梅がやっと1輪咲きました。その1輪を​​咲かせる

 だけの、暖かさしかまだありません。季節はまだまだ寒さが厳しく、そ
の1輪分

 だけの暖かさを見つけた喜びを、詠いあげたものなのです。


​​ 私達の理解しているような句であれば、< 1輪ごとの > 暖かさと

 詠む
べきでしょうね。














​​​​ 


 ヒヨやメジロさん達が、花の蜜を吸いに来ています。

 でも、手持ちの135ミリでは届かず、鳥さんを撮るのであれば、最低500ミリ

 望遠レンズが必要・・・













​​​​

​​ 

          椿
​​
​​





              沈丁花






               葉牡丹


​​​​

 


​ 日中の陽射しも強くなり、それぞれの花一輪に、​春の兆し​を感じる今日​​​

 この頃でございます。ロマンチスト悠愛が、悠愛倶楽部ミニ​​
園芸広場から

 お届けしました。

 ピン、ポン、パ~~~~ン。

​​​


           ブログ村ランキング参加しています。

          下の画像を応援クリックしてね。

                ↓
                                 ​にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
                                           ​  にほんブログ村​






Last updated  2020.02.18 12:21:43
コメント(36) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.