2470673 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

想い出は心の宝石箱に。。。

全3件 (3件中 1-3件目)

1

正しい日本語 

2019.02.15
XML
カテゴリ:正しい日本語 


 





 

​​ 若い方の中には蚊帳の外の意味がわからないのでは? なぜなら蚊帳そのものを

 見たことがないから。蚊帳とは、蚊が媒介するマラリア・デング熱・黄熱病・及び

 各種の脳炎​に対する、安価で効果的な防護策として、昭和の後期まで使用された

​​   ネットのことです。 

 

      

 


 蚊帳の外にいれば、蚊にさされることから、無視され不利な扱いを受けたり、物事に

 関与出来ない・内情がわからないことを、< 蚊帳の​
外 >というわけです。

 

​​  蚊帳は長押( なげし )のくぼみに鉤をかけて吊るしますが、日本間の​​長押そのもの

 も最近はなくなってしまいました。蚊帳の中の浴衣姿
​​の女性は、江戸時代から

 浮世絵画のモチーフとして、多くの画家が​​
取り上げています。 

 

          
  IMG_3129    



        



  蚊帳という霞んだ視界の中に浮かぶ女性の姿は、男の妄想をかきたてるよう

 ですね。 これが、もろ肌など脱いでいるとなると、も~~たまらん・・

 

                 

  

 

  ​​蚊帳と対でそこにあってほしいものが、蚊取り線香。線香に除虫菊の​​有効成分

 ( ピレトリン )や類似のピレスロイド系成分を練りこんだ、
燻燃式渦巻型の殺虫剤

 です。古くは< 蚊遣火 >と呼ばれました。​
                  

 

  ​​蚊取り線香とくれば、忘れてはならないのが陶器の蚊遣器。代表的な​​​​ものがこの

 豚ちゃんで、<  蚊遣豚  >と呼ばれ、夏の風物詩の一つでも​​
ありました。  

 

                     蚊取り豚と蚊取り線香 


 

  ​​1963年フマキラーが、< ベープ >の名で電気蚊取を発明・発売​​すると、

 蚊帳や蚊取り線香は各家庭から消えていったのでした。そして、マ
​ット式であった

 ベープは、液体方式が開発されて、1990年代以降、​
これが主流となったのです。

  

           

 

 


  ​語源となる蚊帳そのものがなくなっても、< 蚊帳の外 >と​いう言葉が今なお、

 使われているのも面白い話ですね。

 



        ブログ村ランキング参加しています。

         下の画像を応援クリックしてね

               ↓
          











Last updated  2019.02.15 12:01:24
コメント(51) | コメントを書く


2019.01.29
カテゴリ:正しい日本語 

​にほんブログ村





  言葉というのものは、時代の変遷の中で、本来とは違う意味で​​使われるように
 
  なったものが、あるのですね。


  たとえば、< やばい >。 
  ​​

​​ もともと盗人の言葉で「捕まるおそれがある、危険だ」などの意味でした。

 しかし現在は意味が広がり、「勉強していないから、今度の試験、やばいよ」

 といったように、「自分に不利な状態が迫っている」という意味でも、使われて

 います。




      ​​
やけ食いのイラスト



​​​​ 若者の間では、「やばいよ、この味」とか「やっべ、これ、うっまー」

 などと使われ、この場合はおいしさが際立っていることを、あらわしています。

 ​​​​
​​これは、ほめ言葉にしか使わない人が、多いということだと。


​​

​​​​   また、< 大丈夫ですか? > < 大丈夫です >とのやりとり。

 大丈夫​​​​
​とは本来、危なげがない・間違いがない状態を、表わす言葉であった​

 です。ところが最近になって、< 大丈夫ですか? >という相手への
問いかけが、

 本来とは違う意味で使用され、そして< 大丈夫です。 >と
​​いう回答も、

 < 婉曲的な断り >として広く、俗語的に使用されています。​​

     



     
レジの会計のイラスト


                   

 ​  お弁当を買うと、(    お箸は大丈夫ですか?  )とスーパーのレジで、​​ 聞かれます。

 これは、いりませんか? という意味で、( 大丈夫です )​
と答えれば、いらないと

 いう意志表示。


  ガソリンスタンドで、( 灰皿
は大丈夫ですか? )と店員が聞きます。これは、

 たばこの吸い殻を捨て
​なくてもいいですか?との問いであって、( 大丈夫です)と

 いうのは、​
必要ないとの返答。


   要りません、必要ありませんという、明確な断りの言葉でなく、不明瞭​​ な日本語

 の特徴である、<  配慮言葉  >の一つであると。​​

 


​​​​​   日本は農耕文化としての歴史であり、集団の中でいかにうまく​​生きていく

 かが、生活の知恵でした。それゆえに相手の気持ちを慮り、​
イエス・ノーが明確

 でない表現をもって、その場を取り敢えず凌いだ
のです。それが

 かえって相手の誤解を生み、とんでもない結末に
なることも、多いのですが・・・​​​

 

                  


                                         
                                       (  阿形 ) 
    

   また、多弁の人間より寡黙の人の方が思慮深いと誤解され、何も​​言わずとも

 自分の考えをくみ取れという、< あうんの呼吸 >と​​
​​​​いうの重要視します。


 < 阿吽 >とは、仏教の梵字で< >が​​​​
​​口を開いて最初に出す音、そして

 < >が口を閉じて出す最後の​​
音であり、宇宙の始まりと終わりを表す言葉

 なのです。



 そこから
​​​狛犬や仁王のように、対のもので口を開いているものを< 阿形 >、

​​​

​   口を閉じているものを< 吽形 >と言うそうです。​​​転じて、二人の人物の呼吸まで

 合わせるような言動を、< 阿吽の呼吸 >​​
と呼ぶようになりました。    

 

  
              
          ( 吽形 )



 他人への配慮であれば、皇子も文句はいいませんが、他人におもねる言動は

​ 主義主張に反します。言いたいことを言う、自分の書きたいことを書く

 それが​
幣ブログの根幹をなすことを、是非ともご理解くださいませませ。


 

                   ブログ村ランキング、参加しています。

                         下の画像を応援クリックしてね。

                                          ↓  

        










Last updated  2019.01.29 12:15:33
コメント(35) | コメントを書く
2018.11.12
カテゴリ:正しい日本語 

​にほんブログ村




  二語以上の単語が結びつき、全く異なる意味を持つものを指し、会話や文章上で

 定型句として
​​用いられるものが、慣用句。​​

 ところが、意外にも間違って使われているものも多いのです。




​​ それでは、どちらの慣用句が正しいか?、考えてみてください

 ませ。​​





      テストを受けている小学生のイラスト(女の子)



 1)時間をもてあまして、どうしたらいいのかわからない

   A)  間が持たない

         B) 間が持てない



 2)誰もが認めること

   A)  押しも押されぬ

         B) 押しも押されもせぬ



 3)心から怒りがこみあげる
   
   A)  怒り心頭に達する

         B) 怒り心頭に発する



 4)相手のすきをつき、卑怯な方法で失敗させる

   A)  足元をすくう

         B)  足をすくう

 

 5)全体の半数を超える

   A)   過半数を超える

        B) 過半数を占める




      カンニングをしている男の子のイラスト


 6)好感のもてる言動や表情をする

   A)  愛想を振りまく

         B) 愛嬌を振りまく



 7)深い恨みを抱く

   A)  恨み骨髄に達する

         B) 恨み骨髄に徹す



 8)全く思いがけない

   A)   思いもつかない

         B) 思いもよらない



 9)思い切って物事を行う様子

   A)  乗るか反るか

         B) 伸るか(のるか)反るか



10)高熱の為にうなされる

   A)  熱にうなされる

         B) 熱に浮かされる






​​ 正解は総て B)ですが、いくつ出来たでしょうか???
​​




                  中二病のイラスト(女性)





 今回の調査で、怒り心頭に達すると思っていた人が67.1%、間が持たないも

 61.3%、押しも
​押されぬが48.3%とと、半数以上の人が間違って覚えて

 いたとのことです。




​​ 言い間違いは日本語の乱れと目くじらをたてる人がいる一方で、言葉は

 時代によって変わるもの、​​
意味が通じればそれでよい、という意見が大半だった

 そうですよん。



          ブログ村ランキング参加しています。

           下の画像を応援クリックしてね

                ↓

            ​











Last updated  2018.11.12 12:06:21
コメント(48) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.