2470593 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

想い出は心の宝石箱に。。。

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

文化・伝統

2020.02.19
XML
カテゴリ:文化・伝統
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村




 ​​​​日本には古来から、土鈴というものがありました。

 粘土を焼成して作られた土製の鈴のことで、江戸時代から流行り今は郷土玩具

 縁起物として、各地に残っています。
​​​​

    

 

  

 

   

  予め中空になるよう考えて作った型を、半分に割った二つの木型に​​して、そこに

 粘土を押しつけて外身を作り、中に丸玉をいれて貼り​​
合わせた後、焼成して

 作るそうです。


       

   

    

 

          

  新年になると、​​​​むさしの深大寺窯製の干支土鈴を購入し、息子夫婦が

 プレゼントしてくれます。この深大寺土鈴は、​​​​
元々魔除けとして作られて

 いたと言われ、
素焼きの生地に絵付けをしただけの素朴なもの。

​​​ 
 彼等は2006年に結婚しましたので、総ての干支の土鈴が集まり二巡目に入り

 ました。 


​​ それでは、十二支の神代寺土鈴を紹介しましょうかね。​​

​​​

 

​​                



​​ 子(ね)は十二支の一番目の動物で、ネズミのことを指します。ネズミは

 繁殖力が高く、子宝の象徴となるので子孫繁栄の意味がこめられています。

 今年の干支ですね。


​​

​​          丑




​​ 丑(うし=牛)は昔から、食用というよりも生活のパートナーでした。

 力強さの象徴であり、粘り強さ、誠実さを表すとされています。


​​

             ​​ 




​​ 寅(とら)とはトラのこと。トラは勇猛果敢な動物であることから、決断力や

 才覚といった意味も込められています。


​​

​​              卯




​​ 卯(う)はウサギ。ウサギはおとなしく、穏やかなイメージから安全の象徴

 として、さらにその跳躍力から飛躍、向上という意味も持ち合わせています。


​​

              
   
           


​​

​​ 辰(たつ)は龍・ドラゴンのことを指します。十二支の中では唯一空想上の

 生き物。東洋では龍は生活に密接なモチーフでした。中国では古代から龍は

 権力の象徴とされており、ここから辰は権力の意味合いを持っています。


​​

​​              




​​ 巳(み)はヘビのこと。ヘビは脱皮を繰り返して成長するため、世界で「永遠」

 や「生命」、また「再生」の象徴にもなっています。


​​

​​              




​​ 午(うま)はウマ=馬を表します。ウマもウシと同様に生活に欠かせない

 大切なパートナーで、健康や豊作を象徴する十二支の一つです。


​​


​​              



​​ 未と書いてヒツジ。ヒツジは動物の中でも群れで生活することを好む

 ことから、十二支の中でも家族安泰の象徴とされています。


​​

​​               



​​ 申はサルを指します。サルは知能が高く、神の使いであると信じられ、賢者を

 象徴する動物となっています。





             
 
​​


              ​

​​ 酉はトリ、特にニワトリのことを指します。トリは「取り込む」ことに

 つながり、商売繁盛の象徴として扱われます。




​​

​​               



​​ 戌(いぬ)はイヌのこと。古くから生活をともにしてき、特に主人に忠実に

 従うことから、忠義の象徴という意味が込められています。


​​


​​             亥




​​ 亥(い)とはイノシシのこと。イノシシの肉は昔から万病に効くと考えられ、

 無病息災を象徴します。​​
日本では亥=イノシシですが、中国ではイノシシではなく

 ブタを指します





 

​​ ところで、ワンコが干支に入っているのに、ニャンコがなぜいないので

 しょうか?

 諸説ありますが、民話として残っているこのお話が、一番面白いのではないかと。




   ​​
猫とねずみ




 神様が新年の1月1日、神様の下に着いた順番にその者を年の大将とすると、

 動物たちに言いました。
​​もちろんも十二支に入るつもりでした。​​しかし、

 あわてものの猫は何月何日に行けばいいのか忘れてしまいます。


​​ それで、仲が良かったに神様の下に何月何日に行けばいいのか聞きます。

​​

 鼠は、猫に「1月2日だよ」と一日遅れの嘘を、伝えたのでした。​​さらに、

 悪知恵のはたらく鼠は、が「脚が遅いから夜のうちに出発しよう」​​
という

 言葉を聴き、牛の背中に飛び乗ります。


 1月1日、神様の下に一番早くついた牛。ところが扉が開く瞬間に、鼠が牛から

 飛び降りて
​​1番はじめに、到着した事となったのです。次に牛そして、という

 順番。


​​

​​ 1月2日、が神様の下に行った時には既に、十二支(干支)は選ばれた後

 だったのです。だ​​
まされたことを知った猫は、それ以来怒りの中で鼠を、追い

 回すようになったといわれています。

​​​​​​​



 




      とっぴんぱらりのぷう~~~・・・




         ブログ村ランキング参加しています。

         下の画像を応援クリックしてね。

               ↓
          ​にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
              にほんブログ村







Last updated  2020.02.19 12:02:57
コメント(35) | コメントを書く


2020.02.14
カテゴリ:文化・伝統
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村




​ 2月14日は、バレンタインデー

  世の中のお父さんがた、義理チョコ・
ファミチョコなど、戴きましたか?

 勿論、本命チョコなどは、もはや期待してもありえないと、思いますが・・         
​​​

  

       

           

 

​  バレンタインデーとは、269年にローマ皇帝の迫害で殉教した、聖ワレンテイヌス

​​  に由来する、キリスト教の記念日でした。ところが日本では、女性から​​

​  親愛の情を込めて、男性にチョコレートを渡す日として、社会的に定着​​​して

 います。


 その起源については、チョコレートメーカーの販促陰謀説が​​
強く、

 モロゾフ・メリーチョコレート・森永製菓など諸説紛々。1958
年頃から流行し、

 1970年代後半にはバレンタインデーには、
チョコレートを誰もが贈る習慣と

 なりました。 

 

   丁度この頃、皇子は丸の内本社勤務で、​イケメン・新進気鋭の商社マン​でした。

 従って、バレンタインデーには、チョコを持った女性が会社
の周囲を、とぐろを

 まいたように列をなし、皇居まで並んでいたそうです。



   受付・記帳台を用意して、チョコを受け取りましたが、それを全て​​食べていては

 糖尿病になることから、定価の一割でブック・オフに​​
引き取ってもらった

 覚えがあります。     

 

  

                                           

 

    

  しかし、20~30歳の独身OLに、チョコを贈る習慣について聞いたところ、

 7割がなくなればよいとの意見で、男性の5割も
ホワイトデーのお返しが、経済的

 な負担となるので不要と。

 
   実際、2019年度のバレンタイン商戦の市場規模は1260億円と推察され、

 2年連続の減少だそうです。


​​   といえども、男性にとっては自分の価値判断の一つの基準となるのか、​​

  チョコがいくつくるのか気になるところ。男の子を持つ母親は、自分の息子に

 果たしてチョコがくるのかと心配。こない場合を想定し
チョコを買って、用意

 しておくそうですよ。

 

 

                 





                 

​​​ 2014年のバレンタインデーお薦めチョコランキングは、

           第一位     ゴデイバ                        ( ベルギー )

           第二位     ピエール・マルコリーニ    ( ベルギー )

           第三位     ジャン=ポール・エヴァン  ( フランス )

          第四位      モロゾフ                         ( 日本 )

          第五位      アルマーニドルチ             ( イタリア )

​​ 


 2020年人気バレンタインチョコのランキングを調べてみると、

     第一位 ゴンチャロフ

    第二位 ピエールマルコリーニ
 
    第三位 フーシェ オリンポス
 
    第四位 ベルアメール

    第五位 レオニダス 




        
  ピエールマルコリーニ 銀座店




​​  いつの時代でも人気の高い、ピエール・マルコリーニの記事を読んだ

 ことがあります。
​​


 チョコの原料を大手メーカーから輸入して作れば、何処でも均一的な味となって

 しまう。
​​ショコラテイエのピエールは、ワインのブドウの原料と同じく、原料の

 カカオ豆の産地に​​
こだわりました。


 そして、自ら産地に出向き、生産者と品質について、対話をもちました。

 ショコラテイエとしての
彼の哲学は、

( カカオ豆の生産者に、妥当な金額が支払われ、労働者に適正な報酬が払われて

  いるか、児童
労働はないか、有機栽培なのか、人体に有害な農薬を使っていない

  かに留意し、市場価格の
倍以上の対価を払う。僕の人生の使命は、感動を創造

  することだ。情熱があり、すばらしい
人達と仕事をする。彼等がいなければ、

  僕のチョコは出来ない。)


 と。



 価格の高いピエール・マルコニーのチョコを買う人は、持続可能性や透明性に

 関心を持つ、
​​ミレニアルと呼ばれる若い世代が中心だそうです。​​


 
           プラリーヌ


​​


​​    皇子には本命チョコ、誰からか来たか?ってかあ・・・​​

​​    なんたる愚問、チョコざいな。​​
 

​​     ・・・・それでは、チョコっと教えてあげる。​​

                                  

          

   

           

 


​​​​​​​​  島倉チョコ、奥村チョコ、本間チョコ、浅見チョコなどなどから

 だよ~~~~~~ん。

​​​​​​​​
        

 

                  ブログ村ランキング、参加しています。

                         下の画像を応援クリックしてね。


​​                 ↓
        にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
           ​ にほんブログ村​






Last updated  2020.02.14 12:09:37
コメント(35) | コメントを書く
2020.01.04
カテゴリ:文化・伝統
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村




 ​​孫達へのクリ・プレの記事を、12月24日に公開しました。​​

 それぞれが欲しいものだっただけに、みんな大喜び。



 






​​ 孫姫( 小学4年生 )が早速、手織り編み機でテーブルマット

( 33x18cm )を編んで、​​
プレゼントしてくれました。








          ( おじいちゃん用 )










          ( おばあちゃん用 )
 




 とても素敵な色合いでしょう?!

​​ これを見て、ふと思いだしたのが、北海道のユーカラ織。​​

​​ 皇子は、1972年から札幌支店勤務となりましたが、そこで知ったのが

 この織物。大切な人への
​​​プレゼントとして、流氷というモチーフのテーブル

 センターやマットを、買い求めました。​​​


 総て手織り工芸品なので、どえりゃ~~高かったことを、記憶しています。











​​ ユーカラ織は、1962 年に北海道旭川市の染色作家・木内綾によって、生み

 出されました。​​


​​ 北海道でとれる綿羊の毛で織られ、その羊毛の染色から、つむぎ、
 
 機織り
ま での3工程すべてを、
手作業で行われます。



​ ユーカラとはアイヌ語で< 伝承 >という意味で、北海道発祥の伝統工芸を

 根付かせたいという
​想いが、名前の由来にあったそうです。しかしこの名称が、

 アイヌ民族の伝統工芸品と誤解される​
​​​ことになったので、親交のあった版画家・

 棟方志功の命名で、現在の「優佳良織」に改名。​​​


 

 北海道の雄大な自然を、油絵でキャンパスに描いたように織った優佳良織は、

 国内外で数々の賞を
​​受賞。1980年には優佳良織を所蔵・展示する場とし て

 「優佳良織工芸館」を開館しました。​​
この工芸館は、ピーク時には

 年間100万人以上が訪れるほどで、当時の北海道の観光名所となりました。


 また、木内綾自身も旭川への貢献活動などが評価され、1987年北海道文化賞、

 1995年文化庁
長官賞などを受賞。


    Yukara Ori Craft Museum-20160725.jpg




 しかし、時代の推移と共に観光客が激減し、2000年代に入ると経営が悪化。

 また2006年木内綾がなくなったこともあって、親族による運営会社「北海道

 伝統美術工芸村」
​​は、破産手続きに入ることになりました。​​

​​

​​​​ 其の後、伝統工芸品を護れとの地元市民の声に押され、数人で優佳良織の

 復活
事業再建に​​​​
入りましたが、その前途は決して簡単なものでは

 ありません。



 優佳良織は手作業の高い技術が必要とされ、各作業工程における技術者の確保と

 養成が、
​​伝統継承において最大の課題となります。伝統産業の多い京都の

 ごとく、官民一体でその​​
技術を継承する支援策が、優佳良織にも求められている

 と思います。




​ 大自然を織る、北国の希少な伝統工芸品を、皆様も是非応援してあげて

 くださいませ。​




          ブログ村ランキング参加しています。

           下の画像を応援クリックしてね。

                ↓
            にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
                にほんブログ村







Last updated  2020.01.04 12:12:35
コメント(43) | コメントを書く
2020.01.03
カテゴリ:文化・伝統
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村





 ​​初詣されて、おみくじをひきませんでしたか?​​

​​
 今年の運勢を占う為に・・・







​​​ 運勢のいい順に「大吉・吉・中吉・小吉・凶」等の吉凶占いとなりますが、

 さらに細分化して
​大吉・吉・中吉・小吉・半吉・末吉・末小吉・平・凶・小凶・

 半凶・末凶・大凶 ​
」とする神社も存在するそうです。


​​ おみくじの吉凶量の比率は、神社仏閣によって様々ですが、大凶などひいたら

 落ち込んで​​
賽銭返せ~~~~!!と叫びそうなので、近年は凶の数を

 減らす傾向にあると。しかし、吉凶
​よりも運勢の説明で何が語られているかが、

 大切であるとされています。​


 


                       
​​



 お嫁ちゃんの実家の氏神さまが、調布の青渭神社であることもあって、孫達の

 お宮参りや七五三は当社で行いました。

 
​​

     


  






 そこで、元旦に遊びに来る孫達への余興として、買い求めたのがこれ。


          



    





​​​ 雅な雅楽~ヒャラ、ピ~ヒャラと流れる中、白装束・烏帽子の皇子が登場。​​​

​​ そして祝詞を・・・​​




​​ これのかむどこにます 
       かけまくもかしこき
             あまてらすおおかみ
​​


 此れの神床に坐す 掛けまくも畏き天照大神
 


 ​うぶすなのおおかみたち 
      もろもろのおおかみたちのおおまえに
​​


 産土大神等 諸々の大神等の大前に



​​ かしこみかしこみももうさく ​​

 恐み恐みも白さく




​​ そして、おみくじをひかせましたがな・・​​

 うん?????

 こんなもんが・・・・・・









​​ チョコの包み紙の裏が、おみくじになっています。​​

    



 






​​ 大吉をひいた、孫姫と息子夫婦達には、​​​​青渭神社より特別チョコが、

 授与されました。​​










​​ 孫殿NO・1 とNO・2は、共に中吉。​​​​​

 なして、わてには特別チョコがないんやあ~~~~!!と、ぶ~たれました。

​​​​ そこで、悠愛神官が周囲を震撼させる、大きな声で・・​​​​


 めでたさは 大小よりも 中がよし


​​​​    

   およめちゃんが、

 ​( これ、面白い~~!! 新年のピアノ教室で使おう。お父様、何処で​

   買われたのですか? )

 ( 
青渭神社だす。)

 ( また、嘘ばっか・・ )


 スマホで検索したら、アマゾンで売っているそうです。


     ​​​​

         ブログ村ランキング参加しています。

          下の画像を応援クリックしてね。

                ↓
           ​
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
               ​ にほんブログ村​









Last updated  2020.01.03 12:17:21
コメント(40) | コメントを書く
2020.01.02
カテゴリ:文化・伝統
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村





 みなしゃ~~ん、初詣​をされたましたか????


 




  初詣の語源は元々<  ​年籠​  >と言って、家長が祈願のために大晦日の夜から

 元旦の朝にかけて、氏神の社に籠る習慣にありました。それが、
年籠は大晦日の

 夜の< ​除夜詣​ >と、元旦の朝の< ​元旦詣​ >の二つに
分かれ、元旦詣が

 今日の初詣の原型となりました。

 

                
  

 


  従って初詣とは、夜が明けてから初めて神社仏閣などに参拝し、一年の感謝を

 捧げ新年の無事と平安を祈願するものです。

  全国の初詣参拝者数ランキングは、
       
 
      2006年             2019年  

   第一位     明治神宮             305万人    明治神宮     318万人

   第二位     成田山新勝寺        275      成田山新勝寺   311

   第三位     川崎大師               272      川崎大師     308

   第四位     伏見稲荷大社         269      浅草寺      293

   第五位     熱田神宮               232      伏見稲荷大社   250

   第六位     住吉神社               226      鶴岡八幡宮    250

   第七位     浅草寺                  220      住吉大社     234

 

  
 上位御三家は例年不動ですが、将来に対する不安という世相を反映してか、

 参拝数は増加しています。​


​​ 浅草浅草寺が京都伏見稲荷大社に代わって、4位と大幅躍進しているのは、​​

 外国人観光客の増加かもしれません。

                  

​​ 2006年愛知熱田神宮の参拝者数は232万人で第五位でしたが、2019年は​​

 230万人と微減に拘わらず他社の参拝数増加の結果、第8位と大きくランキング

 を下げました。

 

   

 


  しかし、常日頃信仰心がない人間が、にわかに初詣で​祈願成就​と祈った

 
ところで、ご利益があるものなのですかね~???


   神頼み​をしたことがあるかの​​アンケートに対し、75%の人がはいと答え

 そうです。

   その頼みごとの内容は、

               第一位        病気平癒

               第二位        家族円満

               第三位        一攫千金

               第四位        試験合格

               第五位        世界平和

               第六位        恋愛・結婚

               第七位        就職・転職

 


  人それぞれのライフ・ステージにおいて、神様にお願いする内容も​​変わって

 くるわけで、ま~~困ったら神頼みということでしょう。​​

 

 

       

 

 

  もし、こころから神仏を信じるのであれば、その成就のためにお百度参りとか、

 断ちものをするといった行為を、自分に課してこそ本来は意味を
なすもの。

 それを初詣に、10円や100円だけで祈願成就なんて・・・・


   おぬし、 あま~~い!、あま~~~~い!!

  

                    ブログ村ランキング、参加しています。

                          下の画像を応援クリックしてね。

                                         ↓ 

​​​​         にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
           ​ にほんブログ村​










Last updated  2020.01.02 12:26:03
コメント(38) | コメントを書く
2020.01.01
カテゴリ:文化・伝統
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村




​   あけおめ、ことよろ・・・​​

 nenga_tpl_k1_042.jpg     





    単に暦の上で新しい年になっただけなのに、なぜか清々しい気分で朝を、

 迎えられていることと思います。

 


                   






 

     お正月といえば、​お雑煮とお節料理​

   悠愛家では今年も、博多久松の冷凍お節料理でがんす。楽天市場で連続グルメ

 大賞を受賞しただけに、お味のほうも冷凍品の割には、
そこそこ。

 元旦に、息子夫婦と孫達がくるので、一番大きなお節を・・・
 

 


            

                                        壱の重
​           

​​ 








              弐の重











               参の重











​​

           

  

 

     お節料理は、家事から女性を解放する為のお料理との説がありますが、新年に

     あたりそれぞれの​願いを込めた、お料理​なのです。例えば、数の子は

 子孫繁栄、田作り( ごまめ )は五穀豊穣、伊達巻は
文化・学問・教養を持つ、

 伊勢海老は長寿と出世、栗きんとんは金運
などの願いを・・・・      

 

 

​​​​

 それでは、みなさんもよいお正月をお過ごしくださいませ。




        ブログ村ランキング参加しています。

         下の画像を応援クリックしてね。

               ↓
          にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
             ​ にほんブログ村










Last updated  2020.01.01 18:04:58
コメント(48) | コメントを書く
2019.12.16
カテゴリ:文化・伝統
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村





  宅配便のお兄さんが、沢山の荷物を抱えて、走り回っています。


​​​  今年も 歳暮の季節となり、皇子もお世話になった方と、お歳暮の​​​やりとりを

 しました。贈られてきた品々に、その人のセンスというものが
感じられる

 ものです。


 

                       自転車の宅配便のイラスト 

 


 

​  今年もお歳暮を贈りますか?と聞いたところ、はいと答えた人が 61%、

  ​いいえが 39%​だったそうです。お中元、お歳暮、お年賀など、お世話に

 
なった方々への時候の挨拶は、日本古来からの風習でした。


 しかし、
時代と共にこのような考えも変わり、今回の調査でも 70代以上は75%

   が贈る、40代はほぼ伯仲、​20代ではなんと< 贈る >が2割を切った​そうです。

 


   贈らない理由として、

           第一位     贈るべき相手がいない

           第二位     そもそも習慣がない

           第三位     実質的なメリットがない 虚礼は廃止すべきだ

           第四位     もらった方も煩わしいと思うので

           第五位      費用がもったいない


        ​   第六位      面倒くさい​


 

  どれも、うん???と、首をかしげざるをえないもの。人間関係の希薄化、

 自己中心な現代の世相
を物語っていますね。勿論、贈ると
答えた人の 2割が

 やめたいと
思っているとのことで、< ​ 虚礼​  >と
しての贈答がいまだかなり

 あるということは、事実のようですが・・

 

 

            

            お墓参りのイラスト

  皇子の亡き父は、国立大学で教鞭をとっていましたので、所謂​国家公務員​​ に

 属します。元来が、頑固一徹、ばか正直な男だけに、お中元やお歳暮が​
関係

 業者から贈られてくると、すべて母に送り返させていました。


  若い頃は薄給だっただけに、茶封筒に生活費を仕分けしやりくりしていた母に

 とっては、どうも理解出来ないことだったようです。毎回、
ぶつぶついいながら、

 うらめしそうに返送の手続きをしていました。

 

   一方、妹の嫁いだ先の男は社会通念に欠けた​吝嗇家​で、スーパーに買い物に

 行くと、彼女の買ったものをこれはいらないとして、棚に
返しに行くといつも

 こぼしていました。


 また、結婚当初はお中元・
お歳暮のやりとりをやっていたものの、彼のもったい

 ないという指示が
あり、取りやめとなったのです。かような男の下で、精神的な

 病に陥って
しまった妹は、その心の病の回復をみないまま、早逝してしまい

 ました。

 

         贈り物を渡す和装の女性のイラスト




  義理や強制でない ​お礼の気持​からの風習であれば、お歳暮やお中元もいいと

 思いますが、さてみなさんはお歳暮を贈りましたか?

  皇子のもとにはまだ、届いてないよ~~~ん・・・    ( 笑い ) 

 

​​
                               ブログ村ランキング参加しています。

         下の画像を応援クリックしてね。

               ↓
          にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
            ​ にほんブログ村​






Last updated  2019.12.16 12:03:04
コメント(37) | コメントを書く
2019.05.13
カテゴリ:文化・伝統
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村




​ 五月の第二日曜日、今年は12日が母の日でした。

  皆様もプレゼントをお母さまへ贈り、またお子さんから届いたものと思います。

 

      




   母の日は、アメリカの南北戦争終結直後の1870年、女性参政運動家 ジュリア・

 ウオード・ハウ
が、戦場に夫や子供を二度と送ることは
拒否しようと立ち上がり、

 <  母の日 宣言  >を行いました。


 そして、その娘
アンナ亡き母を偲び、母の日曜学校の教会で記念会をもち、

 白いカーネー
ション参列者に贈ったそうです。これが、日本やアメリカでの

 母の日の
起源となったとの事。


 日本やアメリカでは、5月の第二日曜日が母の日
ですが、スペインでは第一

 日曜日、スウエーデンでは最終日曜日と、各国で
異なります。

 

 
   




    母が存命のうちは、 施設にいた母に洋服とお菓子を、皇子も贈りました。

 今は息子夫婦から、おくさまに
プレゼントが、毎年届きます。

 今年戴いたのは、フェイラーのタオル・ハンカチとカード。







    

 

  •       

 

   母の日の定番は、カーネーションの花鉢やそれにスイーツを添えたもの、そして

 
​​​​プリザード・フラワー。


 
ところが、海外では breakfast in bed と言って、朝食をトレイに

 のせてベッド
まで運び、お母さんにプレゼントする習慣もあると。毎日ご飯の

 支度をしてもらっている事
に感謝し、この日は母親に代わって・・・・


           a0265027_7303192.jpg




 わいのご飯の支度が面倒くさいと、毎回ぶーたれるおくさまの気持ちを察し

 たのか、
​​ピンポーンと夕方今半のお弁当が、お嫁ちゃんから届きました。

 












​​

  単なる虚礼ではなく、贈り物を戴いて喜ぶ相手の笑顔を思い浮かべながら

  選ぶ、およめちゃんのプレゼントのセンスには、毎回脱帽でありんす。

 

​                      

      ブログ村ランキング参加しています。

       下の画像を応援クリックしてね

            ↓   

                 にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
          にほんブログ村












Last updated  2019.05.13 12:00:19
コメント(32) | コメントを書く
2019.04.11
カテゴリ:文化・伝統
​​​​にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村




 ​​今や街に出れば、美味しいスイーツが、溢れかえっています。また、近くの​​

 コンビニや
スーパーで簡単に手に入りますし、地方の名産品もネット

 で注文出来る、便利な世の中になりました。






​​​​ しかし、皇子が御幼少のみぎりには、お菓子は町の駄菓子屋さんか縁日の

 屋台でしか、手に​​​​
入らなかったのです。小銭を手に握りしめ、行きつけの

 駄菓子屋さんで、並んだお菓子の
中から、どれを買おうかと迷うのはとても

 楽しい事でした。





 イメージ 1

         

 駄菓子屋さんでは、大きな瓶の中にいろいろな菓子が、詰めてありました。 

 駄菓子というのは、

   水あめ     (カップ入りねりあめ・ねりあめなど)

​   ソースせんべい (梅ジャムせんべい、ミルクせんべいとジャムのセットで

            食べきりサイズ)

   酢昆布

   都こんぶ

   フーセンガム
  (ぶどうガム、ヨーグルトガム、ブルーベリーガムなど)

   ラムネ​
     (オレンジラムネ・特大ピースなど)

   ココアシガレット
(オレンジ・イチゴ・サワー・コーラ・ブルーベリー)

   チロルチョコ
   


   麦チョコ
   
   ラムネ
     (飲み物)

   粉末ジュース
  ( オレンジ・メロン・イチゴ・パイン・グレープ)





       駄菓子屋の飴瓶




​​ もうひとつ、思い出深いのが、ポン煎餅。​​


​ 穀類膨張機と呼ばれる製造機械を使用し、その回転式筒状の圧力釜に生の米など

 を入れ、​
蓋をして密閉し釜ごと回転させながら加熱。釜の中が十分加圧(10気圧

 程度)されたら、圧力釜の
バルブをハンマーで叩いて蓋を解放し、一気に減圧。


​ この時、原料内部の水分が急激に膨張し、激しい爆裂音を伴いながら釜から内容物

 が勢い良く​
はじけ出るのです。この際に発生する音から「ポン煎餅」または

 「ドン菓子」と呼ばれて
いました。




     





 ポ~~~ンという破裂音が響き渡るのですから、ポン煎餅のおじさんが路上で

 製造機を運転し
販売していると、周囲に住んでいる人達にはわかります。

 お米を袋にいれかけつけ、近所の子供達と耳をふさぎながら、作ってもらった

 記憶があります。





   




​​


 今なら食べられる味ではないと思いますが、当時では手に入る貴重なお菓子

 だったのですから。





        ブログ村ランキング参加しています。

         下の画像を応援クリックしてね

               ↓
        にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
           にほんブログ村





​​​​






Last updated  2019.04.11 12:34:02
コメント(44) | コメントを書く
2019.03.02
カテゴリ:文化・伝統
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村




​ ​​今年は、亥( イノシシ )年。​​

​​​ 十二支でいうと、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥と、

 亥は最後になります。




         ​​​

            



​​​​ これは元旦の日に、神様のもとに馳せ参じた動物の順番で、決まった

 そうです。​​​​


​​ イノシシは、猪突猛進という言葉のように、勢いよく直進するので、カーブを

 うまくまがれ​​
​ません。あちこちにぶつかった為に、到着するのに時間がかかり

 最後となってしまい​
ました。

​​​​ 

 この時に「」もいたと言われています。しかし、猫はネズミ(子)に

 騙されて、到着する日を​​​​
「元旦の次の日」だと、1日遅れた日を教えられました。

 猫が到着したころにはもう誰もいなくて、
​​そこでようやく騙されたことに気づき

 ました。


 怒った猫は、そこからネズミを追いかけるように​​
なったと。

 

 


「ウリ坊」の画像検索結果




​​ イノシシの子供を、うり坊といいますね。​​


​​​ 子供の頃は非常に天敵が多く、上のような縞の保護色が非常にに似ている

 こと、そして幼いので​​​
​「坊や」を足し、いつの日か「うり坊」と呼ばれるように

 なったそうです。​



 成長したイノシシは最速45キロで走り、ジャンプ力やパワーもあって、70キロ

 の石さえ
動かすと言われています。


 
​​ 性格診断によると、亥年の人は・・​​
 
 お人好しで喧嘩をしてもその場限り、根に持つことはありません。いつでも自分の

 主張をハッキリと
するので、威圧的に見られたり勘違いされやすいですが、人間

 関係を重視し、人を大切にしている
暖かい心の持ち主です。



 誰よりも努力家なのに、努力をしているという自覚がなく、自分では飽きっぽく

 面倒臭がり屋だと
思い込んでいる場合が多いです。恋愛面では素直で一途、好きな

 気持ちが溢れ出して周囲にすぐに
気づかれてしまいます。

                        

          


  


        

 長所としては、
 

 正義感が強く、それに見合った勇気の持ち主で、相手が誰であっても物怖じ

 しません。芯が強く、
やると決めたらやり遂げる人で、よほどのことがない限り

 挫折しません。自分よりも弱者を
サポートし、守らなくてはならないという意識

 が強いです。



 短所は、

 自分にも他人にも厳しく、頑固で強い口調でものを言うので、怒っていなくても

 怒っているように
感じられてしまいます。 熱しやすく冷めやすい所があり、チーム

 プレイより個人プレーを得意と
します。



 お人好しで根に持たないのは良いのですが、人を信じやすく、騙されやすい。

​​ 責任感の強さと忍耐力から、心身ともに限界まで頑張ってしまうので、ある日突然

 動けないほど
体調が悪くなることがありますので、適度に自分を労わってあげる

 ことが大切です。




  
                   ( 深大寺 干支の土鈴 )




 う~~~~ん、当たっているじゃん。

​​ わて年男、イノシシ年なんですわあ~~・・
​​


 ​​​​   豚コレラの媒体として、いまや嫌われ者になってしまった、今年の干支の

 イノシシ。

 君こそわがイノシシ、って水原弘が歌っていたのにね・・・


 
                     





        ブログ村ランキング参加しています。

         下の画像を応援クリックしてね

              ↓
         にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
               にほんブログ村









Last updated  2019.03.02 12:08:59
コメント(44) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.