087666 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

KI+chorus ブログ

KI+chorus ブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

taotaoponpon yuiko

taotaoponpon yuiko

カレンダー

サイド自由欄

設定されていません。
2024.07.09
XML
カテゴリ:気付き-日々


都民の愚痴2です。
申し訳ありません(先に謝っちゃう)。

都知事選、ガッカリ!
あんな出来レースだったなんて〜〜 ヽ(`Д´#)ノ
私の候補者について悩んだ時間を返せ〜〜!

都庁のテッペンハックして、rage against the machineの
know your enemyを大音量スピーカーでぶっ放してやりたいWA!

ノウ ユア エネミ━━ヽ(o`ω´o)ノ━━イイ!!

政見放送を基準に、アレコレ何パターンも考えたんですよ。
「この人は理想的だけど、現場で失言多そう」とか、
「この人は共感持てるけど、台湾有事でもあったら役に立たなそう」とか。
石丸さんは「カナダのトルドーみたいになりそうだな」とか。

都民の愚痴1で、「都民のお悩みTOP10に全員ちゃんと答えてくれ」と書きましたが、
その後、及川さんのXでアメリカのリバタリアンの話を知りました。
(及川さんも情熱で調査がザルの時あるので、賛否両論ありますが)

@okiawa_yukihisa
TikTokとリバタリアン

(Xでググってね。)

アメリカには民主党と共産党の他に第三の政党として、
小規模ではあるものの「リバタリアン」という政党があるらしいです。

リバタリアンが社会実験してみた町の話 自由至上主義者のユートピアは実現できたのか [ マシュー・ホンゴルツ・ヘトリング ]

小さな政府を標榜しているらしく、市庁といっても普通のオフィス。
市民からの苦情を聞くセンターは別にあり、
そこから上がってきた苦情を市長が把握して、
市を運営する経営専門の会社に送るんだそうです。

政治と経営を分離してるんですね。

市区町村の運営は会社の経営と同じって事ですかね。
「小さい政府」を目指すと言えば聞こえはいいですが、
結構過激な活動をしてるのがリバタリアンだそうです。
アメリカヒッピー文化の潮流を継いでるのかもしれません。

政治と経営を分離するのは良い案だなと思いました。
田母神さん達は「宗教観のない政治はダメだ」みたいな話でしたが、
私は政教分離は原則と思ってます。
天皇だって、天皇という仕事を頑張ってる普通の人間だと思います。

宇宙的に考えれば、そもそも宗教自体が人間の作ったウソなのに、
そこにさらに政治乗っけちゃ中世暗黒時代でしょ。
大東亜戦争だって善悪は視点によって変わるので、
私には聖戦も悪戦も言えないです。

さて、じゃぁどうやって候補者を決めれば良かったのか。

7/7は次男の模試に出かけてました。
都内の中学受験で行われるシュトモシってものです。
子供が模試を受けてる間、大人は講演会を聞くことが出来るのですが、
今回のテーマは「理想の志望校の決め方」的なものでした。

志望校を決めた理由を聞くと
・塾が勧めてくれたから
・親が卒業生だから
・近所だから
・校舎が綺麗だから
・評判が良いから
・偏差値が高いから

などなど言う人がいますが、
これらの理由で志望校を決めるのは、、、

ダメ
です!

と言うお話でした。
これらの理由の中には
子供本人が「行きたい」と決めた理由が入ってないからだそうです。

「何よりも、そこに通う生徒を見てください。
その生徒達に混じって生活する事を子供が望むかどうか、が一番の選定条件です。」
という話でした。

現場を見よ!
選ぶのは現場の子供自身って事ですね。

結局、候補者もそうやって決めるべきだったな〜、と思ったのです。

今回、色々考えて私の選定基準は3つでした。
1.ワクチン推奨派ではない
2.移民ウェルカムではない
3.批判ばかりでなく具体策を打ち出している

1と2からタヌキさんには退陣してもらわないとね、って事でした。
次点の石丸さんと蓮舫さんもビミョーです。
でも石丸さんか蓮舫さんが2位に付け込んでいるなら、
どちらかを押せばタヌキさんを追い出せるんじゃない?って思った訳です。

本当は別の人に共感していたんですが、その人を推しても結果が出ないので、
結局石丸さんに入れておいたのです。

選挙はチーム戦だよね、戦略しなきゃ、って。

でも小さい政府を目指すなら、選挙はチーム戦では無いんでした。
選挙というシステムを突いて組織票っていう大きな策略が常に動いてる結果が、
今回の出来レースだった訳です。

有権者側である私自身すら、自分のことを
「タヌキを追い出すための」組織の一つとして動いてみたのですが、
それは大きな失敗だったな、と後悔が残りました。
一人一人が、自分の希望に素直に投票すれば良いだけでした。

組織票で選挙するのやめよう、
そういう考え方で世の中運営してくのやめよう、
という率直な投票が、普通に反映される社会になりたいのでした。

判断基準は宗教でもなく、多数派とか少数派とかでもなく、「自分」。

現場を見て、自分で考える。
(現場を見られないなら、現場に近い人をググる)

そういう基準で動いてくべきなんだな〜って、
今回は痛感しました。

都民の愚痴、以上!


倍音まみれのKI+chorusトーニング練習会!
あと1~2名です。
ご参加お待ちしてまーす!




////////////////////////////////////////







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.07.09 14:42:39
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.
X