014507 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

システムエンジニアの一口馬主ライフ

2020.08.09
XML
カテゴリ:ITシステム開発
トヨタは、中国で販売が好調なことを理由に
2021年3月期の連結販売台数目標を20万台上積みして720万台(前期比約20%減)とした。
一方で通期の営業利益予想5000億円(前期比79%減)は据え置いた。
台数が回復すれば業績が上振れる可能性がある。

もっとも4~6月期決算で最終黒字を確保できたことについて
トヨタは「損益分岐台数(収支が均衡する販売台数)を下げてきた結果」と強調。
リーマンショック後の2009年3月期に連結販売台数は756万台(前期比15%減)となり
営業利益は4610億円の大赤字に転落した(2008年3月期は2兆2703億円)。

収益構造が当時と一緒ならば2021年3月期も巨額赤字に転落するが
10年以上かけて取り組んできた体質強化で営業利益で5000億円の黒字を見込む。

部品メーカーと一体となった原価低減は毎年2000~3000億円になり
リーマンショック時に比べ200万台以上の損益分岐台数を下げることができた。
「まだ無駄な工程は減らせる」と生産効率化の手は緩めない考え。







Last updated  2020.08.16 08:16:51
コメント(0) | コメントを書く
[ITシステム開発] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.