012774 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

システムエンジニアの一口馬主ライフ

2020.10.23
XML
カテゴリ:一口馬主
計5頭の出走ですが、土曜に新馬4頭が出走します。
新馬が4頭も集中して出走するのは、さすがに初めてです。
東京に出走するウインRCの3頭は無印ですが、1頭ぐらい見せ場を見せて欲しい。
特にウインクラリティは、私の歴代の出資馬で最も高額馬なのです。
他のウインRCの2頭も、自分としては出資馬の中では高額な方の馬。
強いてあげれば、京都に出走するザベストデイが調教で追い込んでいないものの、一番の期待。

ウインプロスト

10/24(土) 東京4R 2歳新馬 ダ1600m 野中悠太郎
前日9番人気。まさか2頭出しになるとは思いませんでした。
同じ人気薄でも、騎手や調教の様子を見ると、ウインクラリティが上位でしょう。
最近の写真で見た馬体は、ウインプロストが上でした。
調教の時計が出ていないのは、馬場が理由なのは明らか。
私としては高額な出資馬なので、調教とコメントだけで舐めていると、怖いですよ。

「この中間は繋ぎに傷があり、Wコースだとそれが擦れて悪化する可能性がありましたので、今週はポリトラックでやりました。動きは悪くありませんでしたし、水準には達していると思います。全兄のライジンは競馬にならないほどでしたが、この馬はそんなことはありません。初戦から勝つとは言えませんが、そこそこの競馬をしてくれて、レースを経験しながら勝ち上がりまでいけるのではないかと期待は持っています。まずは目途の立つ走りを見せて欲しいですね」(清水英克調教師)

ウインクラリティ

10/24(土) 東京4R 2歳新馬 ダ1600m 津村明秀
前日5番人気。私の歴代の出資馬の中では一番の高額馬。
期待大なのですが、あまり人気がなくて、とても残念。
まあ、私の選んだ馬を見ててください。

「相手に合わせた分、時計が遅くなってしまいましたが、ラストはいい反応も見せていました。先週の金曜日にはゲートも確認して問題はありませんでしたが、もう一度今週金曜日にも最後確認は行っておきます。ゲートに長い時間が掛かり、普通ならへこたれてもおかしくありませんでしたが、そこを乗り越えて状態も回復してきています。他馬に影響される面がある馬なので、ゲートも含めて本番になってみないとなんとも言えないところではありますが、いいところを見せてくれたらと思っています」(宗像義忠調教師)

ザベストデイ

10/24(土) 京都5R 2歳新馬 芝1200m 富田暁
前日4番人気。ノルマンディーOCの3次募集で注目していた馬。
そうでもなきゃ、購入しない馬です。
テンション高く、調教・体調イマイチ、理想ダートですが、知った人が推しているのでしょう。
古馬に先着する調教から、スタートの良さと根性で期待します。

「坂路コースの馬場コンディションが重く、思っていたほどの時計は出せませんでしたが、古馬に先着する内容で動き自体は悪くなかった。併せ馬での追い切りはここまですべて先着しているように、牝馬でもなかなか勝負根性を持ち合わせているタイプ。この馬に対しては、稽古で跨っている富田騎手からも高い評価を伝えられています。ただ、中間も飼い葉食いが細くてテンションが高くなっている点はネック。ここから調整にメリハリを付けても二週間、仮に除外となって三週間先のデビューとなるのはプラスに働きそうにありません。そのため、まずはこの条件から今週使わせてもらう判断をしました。ゲートの出は速い部類ですし、芝もこなせるタイプと見込んでいるので、初戦からやれていいはずです」(昆貢調教師)

ウインルミナス

10/24(土) 東京5R 2歳新馬 芝2000m 野中悠太郎
前日8番人気。長距離が良さそうな馬です。
勝ち負けよりも、先々に目途を付ける着順(入着)を見せて欲しい。
勝ち上がりは来年の春~夏で良いです。ゆっくり行きましょう。

「先週まではしまいも甘かったですが、体重が軽いジョッキーが乗ったこともあり、今週は最後まで頑張っていました。野中は『力がついておらずフラフラするけど、馬がいると頑張ってくれた』とのことです。ビシビシ攻めてきてもタイムはなかなか詰まりませんが、カイバ食いも落ちず、体も減ってきません。レースを使いながら良くなってくればというところで初戦からは厳しいと思いますが、まずは目途の立つ走りを見せてくれればと思います」(上原博之調教師)

マイネルレスペト

10/25(日) 新潟2R 2歳未勝利 ダ1200m 秋山稔樹
相手次第と思っていたので、少頭数のここならば勝機があるんじゃないでしょうか。
他馬は最高5着なので1番人気かも。私の過去の経験から勝ちパターン。
相手は、前走1番人気の外国産馬オリンピックデイと、菜七子騎手のハンデンディオーネ。

「東京を視野に入れていたのですが、今週の新潟がかなり手薄な状況でした。加えて、3キロの減量騎手も確保できたため、こちらへ向かうことにしました。初戦のような脚を使えればチャンスはありますね。前走に引き続きブリンカーを着用して臨みます」(松山将樹調教師)







Last updated  2020.10.23 22:29:40
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.