017921 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

システムエンジニアの一口馬主ライフ

2021.01.11
XML
カテゴリ:一口馬主
残念ながら関東地区は、再び無観客競馬になってしまいました。
我慢の日々が続きます。
もうすぐ1年になってしまいます。早く競馬場に行きたいものです。

年明け初日の1月5日から4日連続の出走です。
単なる偶然と、4カ月ぶりなのに既に6戦目のマイネルアミスターを代表に
未勝利を勝ち上がった馬が少ないのが理由です。まあ、出走が続くのは嬉しい。

結果は、4日目で勝利は有りませんでした。
2~3週に1勝が今年の目標の一つだったのですが、勝つのは難しいなあ。
なかなか勝ち上がれない状況が続きますが、
低価格の馬が多いので、きっと3場所開催になってからでしょう。

ウインラザンツ

1/9(土) 中山2R 3歳未勝利 ダ1800m 丹内祐次騎手 488kg(-4) 9番人気 7着

「競馬を使う前は前向きさがなく、促しながらという形でしたが、一度使ってモタモタするところがなくなり、丹内も『変わってきましたね』と話していました。体も引き締まってきましたし、中身の面でも上積みはありそうです。速い脚がないので、今の時計のかかる中山の馬場は合いますから、2度目の競馬でもう少し前で運べればですね。いい競馬を期待しています」(畠山吉宏調教師)

2番手で先行できたので展開は悪くなかった。
4コーナーで丹内騎手が追っていましたが、前に進まず、直前で脚がなくなっていました。
悪くは無いので、一つ何か変われば、上が見えてくると思います。

「ゲートは一度目は少しガタつきもありましたが、二度目はおとなしく、いいスタートが切れました。一度使って前向きさが出ていたように、軽く促すとスッと行き脚がついたようです。ただ、ラストは止まってしましたし、ジョッキーは「今の感じなら距離は少し長いのかもしれません」とのことでした。この距離ならもう少しじっくり行った方が良かったですが、本質的には血統面からも短めの馬なのだと思います。この後はレース後の様子を見てから決めたいと思います」(畠山吉宏調教師)

4コーナーまで良かったのですが・・


マイネルアミスター

1/10(日) 中山1R 3歳未勝利 ダ1200m 柴田大知騎手 488kg(+2) 9番人気 16着

「芝1600mがかなり強力なメンバー構成でした。こちらもそこまで楽なわけではないのですが、距離に一抹の不安がある中、マイルで強い相手とやるよりはダート1200mのほうがいいという判断です。休み明けでも十分に乗りこんできましたし、頑張ってほしいと思います」(古賀慎明調教師)

4コーナー手前まで先頭を進む理想的な展開から、直線で脚がなくなりました。殿負け。
久々とは言え、負け過ぎではないでしょうか。
1200mでは考えられない惨敗です。

「やはり良いスピードがありますね。ダートの走りもまずまずでした。道中は手ごたえに余裕がありましたし、リズム良く走れていたと思います。しかし、勝負どころで早々に脚があがってしまいましたね。数字が示すとおり体はできていたと思いますが、休み明けの分、中身が本物ではなかったのでしょうか。ここを使って良くなると思いますけれど、レース間隔をあけないと短めの条件には出走できません。鉾田へ出す予定です」(古賀慎明調教師)

マイネルアミスターとヴィオマージュの叩き合いか・・


ヴィオマージュ

1/10(日) 中山1R 3歳未勝利 ダ1200m 木幡巧也騎手 486kg(+4) 5番人気 5着

「時期的に冬毛が伸びていて見栄えしないものの、状態面に不安はありません。水曜日の追い切りの動きが凄く良かったですし、懸念していた脚元も問題はなく、ここまで思い通りの調整で進めてこれました。中身もしっかり整っています。実戦でまだ砂を被ってどうかの課題はあっても、距離短縮は間違いなくプラスに働くはず。今回もスピードを生かして、前々から粘り込む競馬が理想でしょう」(牧光二調教師)

先頭のマイネルアミスターの2番手は見ごたえがありました。
4コーナーで先頭に立ち、良い展開でしたが、後続を突き放す脚は残っていなかったようです。
この時期はレベルが高いんでしょうね。

「距離短縮は正解。やはりいいスピードを持っていますが、直線で内にモタれてしまい、ゴール前は脚色がやや鈍ってしまいました。今日は久々の分もあったと思いますし、持ち時計上位馬たちの決着なので悲観はしていません。この条件は合っていますので、中山開催のうちにもう一戦させたいと思っています」(牧光二調教師)

抜け出せそうだったのに・・


ウインクラリティ

1/11(月) 中山3R 3歳未勝利 ダ1800m 津村明秀騎手 450kg(0) 9番人気 13着 

「相手は短距離オープン馬ですから遅れは想定内で、この馬なりにしっかりと動けていましたよ。トモはまだ頼りないところはあるものの、疲れは取れていますし、ゲートに時間が掛かり疲れが溜まっていた初戦よりはいい状態です。あとは金曜日にゲートをもう一度練習しておきます。初戦も思った以上に走れていましたし、実戦タイプでもありますので、いい走りを期待してます」(宗像義忠調教師)

好位で先行する展開でしたが、4コーナーから叩いても伸びません。
直線でズルズル下がってしまいました。
私としては高額な馬なのですが、どうしたのでしょうか。
力不足らしいので、芝か、距離を変えてくるかもしれない。

「ゲートは練習でも良くなっていましたし、今日も落ち着いていいスタートが切れました。前向きさはあって、スッといい位置が取れたのですが、ペースが上がったところでついていけなくなりました。ジョッキー曰く「まだ体力不足で力のいるこの条件で走り切るのは難しい」とのことでした。この後はレース後の様子を見てから決めたいと思います」(宗像義忠調教師)

スタート良く、先行の好位へ・・


ウインシャーロット

1/11(月) 中山5R 3歳未勝利 芝1600m 石川裕紀人騎手 488kg(0) 4番人気 2着 

「後ろから相手が来たらスッと反応できていましたし、最後まで動きはしっかりしていましたね。一度使って、いい意味で気持ちがピリッとしてきましたし、走りにも前向きになっています。心配していた球節も悪化はありませんし、状態は良さそうです。休み明け途上の前回でも見せ場十分でしたし、今回は叩いた上積みもありますからね。ここでの勝ち上がりを期待しています」(和田正一郎調教師)

パドック解説では推奨されていませんしたが、良い感じでした。
ハナを切った2頭がそのまま直線でも競ってゴール。惜しかった・・
この距離は相手が強いので、次回も楽しみです。
とは言え、桜を考えたら、そろそろ勝ち上がらないといけない。

「ゲートは練習でも良くなっていましたし、今日も落ち着いていいスタートが切れました。前向きさはあって、スッといい位置が取れたのですが、ペースが上がったところでついていけなくなりました。ジョッキー曰く「まだ体力不足で力のいるこの条件で走り切るのは難しい」とのことでした。この後はレース後の様子を見てから決めたいと思います」(和田正一郎調教師)

悔しい2着、もう少しだ・・


ウインアルカンナ

1/11(月) 中山12R 4歳以上1勝クラス 芝2000m 秋山稔樹騎手 458kg(+8) 5番人気 7着 

「少し促しながらではありますが、動きは良かったですよ。馬体重も5日(火)測定で470キロあり、いつになくふっくらとした体をキープできています。平坦がベストではありますが、坂のある中山でも走れていますし、あとはメンバーや展開ひとつだと思います。一度は溜める競馬で新味が出るかと思いましたが、どうやってもキレない馬なので、やはり前々で早めの競馬の方が勝利には近くなりそうです。あとは枠順や同型の出方次第で最終的にどう乗るか、稔樹(秋山稔騎手)と相談したいと思っています」(武市康男調教師)

単騎先頭でレースできそうだったのですが、殿負けのワセダウォリアーに被された。
それでも展開の雰囲気は良かったので、いけるかな、と思ったのですが。
話と違うなあ、と思っていたら、やはり直線での追い出しが遅かったようですね。
安定して上位着順に入ってくるので良い馬です。

「稔樹には「キレないので早め早めの競馬を」と話はしていたのすが、3、4コーナー踏み遅れてしまった感じはありますね。気合乗りも良く、状態が本当に良かっただけにもったいない競馬でした。すみませんでした。この後は現在、小倉の馬房はどうしても調整がつかないのですが、使った馬との入れ替えなども検討します。もし調整がつかないようなら、東京で使っていきます」(武市康男調教師)

予定どおり、先頭で直線へ・・


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2021.01.14 20:57:57
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Profile


一口馬主研究所


© Rakuten Group, Inc.