019302 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

システムエンジニアの一口馬主ライフ

2021.02.07
XML
カテゴリ:一口馬主
土日が晴れて、異様に暖かい週末でした。
今週の出走馬は、3頭で少な目。
1番人気の馬がいても、8着→6着→9着、なかなか結果に繋がらない。

ザベストデイ

2/6(土) 小倉2R 3歳未勝利 芝1200m 横山和生騎手 446kg(+4) 7番人気 8着 

「追い切りは終い重点の内容。乗り手が促すまでもなく自分からスッと反応して、最後まで余力を残したまま走れていました。帰厩してまだ時計の本数自体は少なくても、いいデキで出走させられると思います。着順こそ5着でしたが、デビュー戦の内容を個人的にはあまり評価していない。芝、ダートの適性についても正直まだ掴みかねている現状です。それでも馬の中身は今回ガラッと変わっているし、雨で少々渋って時計のかかる馬場になりそうなのもプラスに働くはず。追走に苦労することはないでしょう。期待していますよ」(昆貢調教師)

スタートから前方に出れず、後方追走。
小倉の芝1200mで、この展開は厳しい。
直線で大外を追い込んだが、8着まで。
ただ、上位陣と大きな差はなかった。

「いくらか輸送で減らしてしまいましたが、前走比+4kgの馬体重。帰厩後の状態が良かっただけに期待したのですが、やはり芝のこの条件だとテンの追走は手一杯。もっと馬場が渋ればまた違っていたのでしょうが、内容的にはデビュー戦の時と同じ印象です。鞍上からは『少し怖がりなところがあって、稽古の時よりも他馬を気にして前半はリズムに乗れなかった。距離を延ばしてみるのはどうか』と話がありましたが、使ってテンションが変に高くならなければと思います」(昆貢調教師)

大外から追い込むも・・


ウインローズブーケ

2/6(土) 小倉9R 4歳以上1勝クラス 芝2600m 斎藤新騎手 434kg(-4) 1番人気 6着 

「時計は6F85秒程度、ラスト1Fは12秒台後半あたりでまとめていたと思います。追い切りでは遅れましたが、もともと調教ではそれほど動くタイプではありません。状態は久々を使ったことで順当に良くなっていますし、馬体もトレセンではこの馬なりにふっくらと見せていますし、あとは輸送を無事にクリアしてほしいですね。今回はレースでももうひと踏ん張りができるはずですし、馬の状態も良いので上位争いを期待しています」(吉田直弘調教師)

パドック解説では推奨馬の1番手でした。
驚きましたが、3番人気から締切直前で、初の1番人気。
スタートが良くなく、前に出れないまま、掛かってしまいました。
折り合いを付けたけど、後方を進む展開。
これは、この馬のレースではない。
3コーナーで懸命に追い込んでいましたが、
脚がない、この馬では無理。
今回は、上手く乗れていない。失敗です。

「位置取りに関してこちらから特に指示を出していませんでしたので、ジョッキー本人の判断であのレース運びになったのだと思います。ジョッキーは「そこまで引っ掛かっていたわけではない」と話していましたが、あれだけ口を割っていましたし、その消耗はあったと思います。また、担当助手は「輸送競馬のぶん、今日はいつもより馬もイライラしていた」とも話していましたし、その影響もあったのかもしれません。申し訳ありませんでした」(吉田直弘調教師)

驚きの1番人気


ハナを切れず、この馬の展開ではない


アンカシャムローグ

2/7(日) 小倉6R 3歳未勝利 芝1200m 小林凌大騎手 438kg(-12) 11番人気 9着 

「この中間も飼い葉食いは安定しているのですが、追い切り後の計量で440kgを割っている。輸送を考えれば今回430kg台での出走となりそうです。稽古の動き自体はけっして悪く映らないものの、いまひとつ気配がグンとは上向いてきません。食べたものがあまり実になってきませんし、体の張りや毛ヅヤなんかを見ても、もう少し暖かくなってから良くなってきそうというのが正直な印象です。番組に関しては週末の馬場状態や相手関係を吟味した結果、当初予定していた牝馬限定から動かさせてもらいました。一般戦の方が決め手に勝るメンバーは揃った印象でも、前半あまり執拗に競りかけてくる馬はいないとの見解。それほどペースも速くならないでしょう。デビュー時に比べれば体幹や体力面はだいぶしっかりしてきましたし、スピードの違いで今回も直線を向くまでは先頭集団に位置していると思います。あとはどこまで粘れるかですが、そう簡単には止まらないはず。成長しているところを見せてほしいですね」(松下武士調教師)

3か月振りで-12kgは、明らかに中身が出来ていない。
スタートから先頭に出れるように、良い脚を持っているのですが。
残り2ハロンまでは先頭争いできたので、もう少し。

「スピードを生かして前々主張の形。減量も味方してこの馬の競馬はできたと思うのですが、ちょっとテンに脚を使ってしまった分、最後もうひと伸びが利きませんでした。前半33秒9なら暴走ペースではありませんし、内容的にもそう悲観するものではない。体が12kg減ってしまっていたのも影響はあったように思えます。もう少し暖かくなって冬毛が抜けてくれば、体調面も上向いてくるでしょう。栗東に戻してからの状態を見てまた次走を検討させてください」(松下武士調教師)

あと少しだったね・・









Last updated  2021.02.07 14:21:15
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Profile


一口馬主研究所


© Rakuten Group, Inc.