2020.11.06

マイネルレスペト・デクラーク・ザベストデイ等 今週の出走馬

カテゴリ:一口馬主
今週は日曜午前集中の5頭出走です。2歳馬が5頭。
全ての馬が勝ち負けかなあ。連敗ストップが目標。楽しみです。

残念ながら、重賞出走を待ちに待ったルクシオンは回避してしまったのですが
無理して欲しくないし、河内洋厩舎を信じているので気長に待ちたいと思います。
小倉2歳Sで1着・2着だったメイケイエールとモントライゼが勝利して
朝日杯FSと阪神JFの本命になったので、
4着のルクシオンもしかしたら・・という気持ちが出てきました。
(5着のフリードが惨敗したのは内緒です)

それから、来週平日の川崎競馬でウインヒメユリがどのレースに出るか。
大晦日の東京2歳優駿牝馬のトライアルとなるローレル賞に出走して欲しいな。
ウインRCの2次募集の時期に合わせたんじゃないか、と期待します。

マイネルレスペト

11/8(日) 福島1R 2歳未勝利 ダ1150m 柴田大知騎手
2着2回のこちらが本命かと思っていたのですが、
なんと秋山騎手がもう1頭の出資馬を選んでしまいました。
柴田騎手のお手並み拝見です。
最内の1番枠ならば、勝ちに行くでしょう。

「前走で騎乗した秋山騎手が都合つかず、今回は柴田大知騎手とのコンビで臨みます。また、今度はブリンカーを外して右側だけのチークピーシーズに装備を変更する予定。前回も外(右)へ張っていましたのでもたれの修正だけならば、片側だけのチークのほうが効果があると判断したものです。中1週で輸送競馬が続きますが、状態は維持できていますので頑張ってほしいと思います」(松山将樹調教師)

デクラーク

11/8(日) 福島1R 2歳未勝利 ダ1150m 秋山稔樹騎手
秋山騎手がこちらの馬を選んだということは、将来の素質を考えてだと思う。
まだ完調という訳ではなさそうですが、素質に期待。
調教から、競馬新聞でも△の評価のはず。

「シャープな脚捌きで動き自体は良かったですね。反応も抜群に鋭く、今回またロケットスタートを決めてくれるのではと期待が持てます。ただ、牧場で見ていた頃や入厩当初とはイメージが違っていて、まだ華奢で繊細な面が目につく現状です。併せ馬だと追い切った後にワーッとなって、飼い葉食いがガタっと落ちてしまう。そういった事情から最終追いは単走やや軽めの内容で行いました。背中のいい馬ですし、前の硬さが解消してくれば芝でもいずれは走らせたいタイプ。揉まれたり砂を被ってどうかの懸念はありますが、道中スムーズに運べれば前走以上にやれていいはずですよ」(矢野英一調教師)

ザベストデイ

11/8(日) 阪神1R 2歳未勝利 ダ1200m 藤岡佑介騎手
前走は走っただけの5着。
坂路の最後2ハロンも25.3-12.1を出しているし、今回は大丈夫でしょう。
残念ながら、大外13番枠になってしまいましたが、
新馬や未勝利戦は福島よりもメンバーが揃っていないので、チャンスはあると思います。

「飼い葉食い自体は落ちていないのですが、なるべくテンションを高めないように、この中間も追い切り以外はやや軽めの調整を行っています。力強い脚捌きで状態面は維持。前走なんかは能力だけで5着にきた内容でしたし、まだこれからの伸びしろが大きいと見込んでいる馬です。オールダートに条件が変われば、スタートからもっと楽にポジションも取れるでしょう。ここは好勝負を期待したいですね」(昆貢調教師)

アイルビーザワン

11/8(日) 東京3R 2歳未勝利 ダ1300m 戸崎圭太騎手
安定して調教できているのと、戸崎騎手が再び騎乗してくれるので期待です。
2着3回、2着2回、前走2着の3頭に人気が集中すると思いますが
素質と戸崎騎手で△ぐらいの予想だと思います。

「昨日の時計消化では持ったままの手応えで余裕を持って終えられました。いい内容だったと思います。今回3戦目となり、前走からガラッと大きな変化はないものの、経験したことが着実に成長につながっていると言っていいでしょう。徐々に緩さも解消され、しっかりとしてきた印象を受けますよ。あとは本番でアイルビーザワンの走りができるかどうかです。前走に引き続いての騎乗となりますからジョッキーも上手く導いてくれるでしょう」(田島俊明調教師)

エスタンピージャ

11/8(日) 福島5R 2歳新馬 芝1200m 菊沢一樹騎手
素質馬の登場です。坂路の時計も良かったので、期待してみます。
岡田スタッド生産で今年の募集早々に売れました。
人気にならなくても勝ち負けも狙っても悪くない馬です。

「今週は菊沢君に乗ってもらって最終追い切りをおこないましたが、強めに追われる相手に対して手応え優勢に駆け上がってきました。これまでもずっと併せてきた相手で、今までは遅れてしまうことが多かったのですが、今回は坂路コースでも掛かることもなくまともに走れていましたよ。時計的にもまずまずだったと思いますし、終いも12秒台で纏めてこられたので良かったです。ジョッキーも、『いい感じで追い切りをおこなえましたよ』と上々の感触を持ってくれたよう。ここまで本数を重ねながらしっかり乗り込めてきましたし、いい流れの中でレースを迎えられそうです。頭数が結構揃うかと思っていましたが、蓋を開けてみると抽選もなく、フルゲートを割るくらいでした。調教での走りや血統的にもこの条件は合っていそうなので、初戦からいい走りを期待したいと思います」(加藤和宏調教師)

ウインヒメユリ

11/10(火) 川崎11R ローレル賞(SII) ダ1600m
現在、除外対象。
除外の場合は、自己条件の11/12(木)川崎4R「オオカマキリ特別(3歳二)」ダート1500mに出走。

「ローレル賞は現在ギリギリのラインのところで、最終投票でやめる馬がいなければ除外となります。ただ、新聞社の話だと順番が回ってきそうだという話もありますので、入れば重賞に挑戦したいと思います。除外の場合、オープンに回ると思っていましたが、二組に振り分けられました。オープンもメンバーは強かったですし、相手関係が楽になるのは歓迎ですね。馬体も増えてはいませんが、キープはできていますし、しっかり稽古をやっての増減なしなら問題ないでしょう。自己条件でしっかり勝つのもいいですが、前回の内容なら重賞でどれだけやれるか、見てみたいという気持ちもあります。枠が回ってくればいいですね」(河津裕昭調教師)






TWITTER

Last updated  2020.11.07 18:57:41
コメント(0) | コメントを書く