011222 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

殿さんの気ままな鮎ブログ

2018.09.07
XML
カテゴリ:台風・増水・災害
8月23日の台風20号では、和歌山県南部で500mm~600mmの雨を降らせ
和歌山南東部に大きな被害をもたらしてから僅か10か足らずで
今度は、9月4日に紀伊水道を北上し近畿地方を通過した、台風21号は和歌山県西部に
大きな被害をもたらしました。
今回の台風21号で被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

当初の予想進路から、徐々に西に進路が変わり和歌山県にとっては、最も最悪な進路となり
今回の大きな災害になりました。
多分、当地では最大瞬間風速は・・・軽く50m以上吹いていたのではと思われます。

当地有田は、ブランドの有田ミカンの産地でもあり、今回の台風で相当な被害が発生した模様です。












この時の予想では、紀伊半島南部に上陸し伊勢湾に向かう進路でしたが・・・


進路が徐々に西に変わり、この頃から猛烈に風か吹き始めました。


この頃には、私の生きて来た63年間で経験のない強風で、60m前後吹いていたのではと思われます??










今回の台風で、物が飛んで来ても最小限の被害で食い止めたいので、戸板だけは用意し、部屋は内から内張をしましたが、今回は此れで何とか凌げました。

そして、台風が過ぎ後片付けを済ませた翌日の3時8分。
北海度で地震が起こったと言うニュースを聞き、夜が明けてから少しづつ被害の状況が伝わって来ましたが・・・
此方も、目を疑う様な光景が次々とニュースで伝えられてます。






赤線で囲っている所が、今回被害が最も大きかった厚真町吉野地区だそうです。

北海道地震の画像は、メディアからお借りしています。

今回の9月6日・午前3時8分に起こった北海道胆振東部地震に遭われた地域の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

一瞬で幾つもの山が、一瞬でこの様になるのだろうかと目を疑いたくなりますが・・・
此れが現実と受け止めるしかないのも、突然の自然の驚異の前には、人は何も出来ないのだと
思い知らされる事ばかりです。

7月10日の西日本豪雨・8月24日の台風20号・9月4日の台風21号・9月6日の北海道胆振東部地震
三か月の間で、ほんの数日で、これ程までに大型台風・震度7の地震と大きな災害が幾つも続くと
気持ち的に心が折れそうになります。
それでも人は復活し、立ち向かって行かなければと言う気持ちが有る限り
時間はかかれど必ず復興は出来ます。
======================================================

ちなみに現在の有田川の状況は・・・二川ダムが放流中です。














最終更新日  2018.09.07 16:03:33

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.