000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

トントン~日々濃ゆくなるヲタ生活~

The Ass and the Wolf

(たぶん)イソップ童話の"The Ass and the Wolf"を翻訳せよと言う宿題が出た。
なんと、その物語では狼がしゃべっているじゃありませんか。
コレはもうあの狼しか思い浮かびませんよね。ってことで翻訳してみた。
それだけ。


ロバが草を食べていると、腹を空かせたような狼が走ってきました。
「狼から逃げ切ることは出来ないだろう」と考えたロバは、「早く何とかしないと一巻の終わりだ」と思いました。
幸運なことに、ロバには考えがありました。
狼が近づいてきたので、ロバは足をいためて逃げるふりをして見せました。
狼はすぐにロバに追いついて歯をむき出しにしました。
「わっちはぬしを食べるんでありんす」と狼は怒鳴りました。
「特にそのように足をひきずって逃げるんじゃ意味がありんせん。どうかしたのかや」と聞くとロバは「とげを踏んだのです」と言いました。
「恐らく、あなたは私を食べる前にこのとげを抜くべきです。とげがあなたののどに刺さることは望まないでしょう」
「たしかにぬしの言う通りじゃな」と狼。
「どれ、見せてくりゃれ」と言って狼がロバの蹄を見ているとき、突然ロバは狼の歯を全部折るようなキックをしました。
逃げるロバを見て狼はうめきました「親父はわっちに肉屋の職業を教えたの。わっちは医者じゃないってことかや」と。


© Rakuten Group, Inc.