000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わん日和 花日和

母が透析を始めてから

design++dalu++
* *
*
xxxxx
* *
*
xxxxx
* *
*
xxxxx
* *
*

まずは透析を始める前に動脈と静脈を繋いで
シャント(透析針の差込口)を作らなければならないのですが、
元々血管が細い母は、その手術だけでも何度失敗した事でしょう??
身体に毒素が溜まる尿毒症が原因で意識が朦朧とし始めたので
しばらくの間、腹膜濁流と言う方法の腹膜透析をしながら命を繋いで、
後に人工血管を埋め込んでそれに繋ぐ形でシャント1号が
なんとか完成しました。
40回目の誕生日を迎えたばかりの春の事です。
それからお盆も正月休みも関係なく
(月、水、金)と週3回の血液透析を初めて早26年!
本当にいろいろあり過ぎてとても一言では語りきれません。

たとえば、まず極度の貧血のため、
透析を始めるとほぼ同時に40歳で生理が止まりました。
激しい嘔吐が続きながら、母乳まで出始めて、、
いろんな検査の末、
薬の副作用で妊娠と全く同じ症状が出ていると分ったときには
ビックリするやら、ちょっと恥かしいやら・・。
ホルモンの関係で一時は髪の毛も随分薄くなりました。
(のちに45歳での生理の復活と共に髪の毛も完全復活しました☆)

透析7年目には、カリウム数値が7以上であの世行きと言われているのに

カリウム数値がなんと11まで上昇し、一時危篤状態に・・。
その時の緊急輸血と薬害が原因で、
C型肝炎さんとも長いお付き合いをする羽目になってしまいました。。

<HOME><BACK>

* *
*
xxxxx
* *
*
xxxxx
* *
*
xxxxx
* *
*





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.