461000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

秘密(ひみつ)NEWS

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


Design Pleasure

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

たつまき2998@ Re:最終話 アメリカ軍に勝利した唯一の男(04/04) トンキン湾での米駆逐艦プエブロの自作自…
chiyotomo97@ Re:最終話 祈ってください(03/05) 祈ります、必ず!! 先日(2014/8/12)テレ…
山本1998@ Re:日本で奴隷にされる子どもたち(10/18) アフィリで稼いだ楽天キャッシュはどうし…

Freepage List

Headline News





2008.10.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
奴隷制が見過ごされている、ある国のお話です。

その国では自分たちより知能が低く従順でおとなしい別の民族を管理し、
子供が生まれると親から引き離し、
里親の所に出す。そしてしばらくは愛情に包まれた生活を過ごす、
そして里親を本当の家族と刷り込まれたころ、小学校に上がるくらいの年齢になると、
またその家族とも理由も告げられずにある日突然引き離され、
強制訓練施設に収容隔離される、そして毎日厳しい訓練が課せられ、
強度の緊張とストレスから、その子たちの寿命は一般の寿命と比べ格段に短くなるという。
そして訓練を終えると奴隷として引き取られていき24時間休みなく働かされ、寿命が尽きる頃、
やっと家族のもとにかえされ、最期をむかえるという。

その組織を調べようとネットで検索すると、寄付金のページが最初にヒットする、ありとあらゆる方法で寄付ができると喧伝があり、「この子たちを応援してください」「収入は9割が寄付です」とうたっているがその子たちに給金は支払われることはなく、この制度を存続するために寄付をくれという。

「この悲運な子供たちを増やすためあなたは募金すべきです!
自分の子供がほかの種族の奴隷になるのが正しいと思う方は、
ぜひお金で応援してください
今現在1000人の奴隷がいますがまだ8000人以上奴隷を増やさねば
需要がみたされません、もっとお金が要ります、この奴隷がいなくては
困っている人たちが好きな時に遊びや散歩に行けません。」


介護士の方に聞いた話ですが、地球で最もわがままで世話してもらって当然だろと思っている種族は介護されている人たちだそうです。

応援なんてこの子たちは望んでません!この奴隷制度がなければ被害者はいません。

誰かが息抜き散歩を我慢するのと、幼児虐待制度を黙認するのと
どちらが大切か考えてみてねん♪

10.18 目蛇HPより抜粋






Last updated  2008.10.19 14:03:43
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.