520753 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

秘密(ひみつ)NEWS

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


Design Pleasure

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

たつまき2998@ Re:最終話 アメリカ軍に勝利した唯一の男(04/04) トンキン湾での米駆逐艦プエブロの自作自…
chiyotomo97@ Re:最終話 祈ってください(03/05) 祈ります、必ず!! 先日(2014/8/12)テレ…
山本1998@ Re:日本で奴隷にされる子どもたち(10/18) アフィリで稼いだ楽天キャッシュはどうし…

Freepage List

Headline News

2008.06.03
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
近年、米国軍では兵士に変わり危険地帯や最前線でのポイントマンとして
軍事用ロボットを採用するロボットウォリアー計画が進められているが、
相次ぐ不備不良での回収騒動が後を絶たず計画は頓挫した状態である。

米国のロボト兵士は銃火器を搭載した小型のラジコン程度のものであり、
我々の想像するロボット兵士のイメージとはかけ離れたものである。

それに比べ日本の自動車メーカーの開発している人型二足方向ロボットは
すでに歩行の域を出て走るまでに至りとてもロボットとは思えない動きを
実現している。

このロボットは独立カメラアイが搭載され、自ら地形環境に対応する。
頭部を見ると視界の悪い濃いスモークレンズでカメラアイが覆われているが、
なぜこのようなヘルメットのようなデザインなのか?
写真を見ていただきたい、強烈なフラッシュがたかれた時の一枚であるが、
頭部のシールド部分が透け人の顔のようなものが見える、これはどういうことなのか!?

数か月前、報道は規制されたがこのロボットに関し米国によるスパイ事件が発生した、
この事件の捜査対応にあたったのが警察ではなく防衛省調査室であった。

次回真相に迫る…つづく








Last updated  2008.06.03 16:44:56
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.