519732 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

秘密(ひみつ)NEWS

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


Design Pleasure

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

たつまき2998@ Re:最終話 アメリカ軍に勝利した唯一の男(04/04) トンキン湾での米駆逐艦プエブロの自作自…
chiyotomo97@ Re:最終話 祈ってください(03/05) 祈ります、必ず!! 先日(2014/8/12)テレ…
山本1998@ Re:日本で奴隷にされる子どもたち(10/18) アフィリで稼いだ楽天キャッシュはどうし…

Freepage List

Headline News

2008.06.04
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
米軍のスパイ事件に防衛省調査室及び技術開発局が対応したのには、
特別な理由があるようだ。
米軍のステルス機をほしくてしょうがない防衛省、
だが当初買えないほど高くふっかけられ、現在ではなおかつ売ってくれないという
状況になっている。

空母を持たず、専守防衛の自衛隊にはステルス戦闘機が無用であるのは、
軍事評論家の同一意見だが、
国内の批判なら無視できても、売ってくれないのであれば話にならない。

そこで防衛省は人型二足歩行ロボットが、人工知能搭載で銃火器を持たせれば
即ロボット兵士として転用可能なまでに開発が進んでいるとのアピールし、
米軍にもじれったい思いをさせてあせらせてやる計画なのである!

ここに真相を語る一枚の写真がある、
なんと!ロボットと思いきや、実は人が入っているではないか!?
しかもこの人物、目は隠されているが、防衛省のあの人ではないだろうか!?
真相は闇の中である。終わり








Last updated  2008.06.04 17:38:58
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.