585462 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

峠の向こうに春がある!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ケイサン9574

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

またまた痛ましい事… New! scotchケンさん

国華園で桃予約 New! kyuu9514さん

祇園祭の石見神楽を… New! ふろう閑人さん

期日前投票に New! やすっぺ09さん

癒やしの里山 すずめのじゅんじゅんさん

コメント新着

himawari6017@ いや~。十分立派な作品ですよ。 New! 私はこれで十分と思いますがね。 我が家…
すずめのじゅんじゅん@ Re:俳画のような絵が出来上がり。(07/18) New! こんばんは! 素敵な茄子・南瓜の墨絵に見…
ケイサン9574@ Re[1]:俳画のような絵が出来上がり。(07/18) New! やすっぺ09さんへ カボチャだけの時点…
やすっぺ09@ Re:俳画のような絵が出来上がり。(07/18) New! やあ素敵なのが描けましたね。 色見もと手…
ケイサン9574@ Re[1]:俳画のような絵が出来上がり。(07/18) New! scotchケンさんへ  ありがとうございます…

フリーページ

ニューストピックス

2019.06.14
XML
カテゴリ:水墨画
教室では、四君子を課題にしている。確か、来週は、「菊」だったようだ。が、基本の学習とはいえ、季節外れでは、気が乗らない。今の花である、アヤメ、カキツバタを描こう。
 この花も、再挑戦であるが、相変わらず手本のようには書けない。カラーならうまい絵は、あふれているので、水墨にこだわってみる。

 墨絵は、簡単なようで、その微妙な濃淡を筆で出すの、案外難しい事も判ってきた。
 一枚二枚と失敗を繰り返し・・・、左右対称はダメなのであるが、葉っぱが,成ってしまっている。再挑戦・・・。同じ構図で描く。

 今度は、二本の茎が、平行になってしまった。これも、構図としてはダメである。葉っぱの濃淡が無いのも良くない。判っていながら、墨絵は、スピード性も要求するので、墨付けが失敗する。さらに挑戦・・。

 紙が少し細くなってしまった。葉っぱの折れ曲がりは、上手くいったが・・・。もうこの辺が、能力の限界と思いながら、最後の一枚を、仕上げてみる。


 これを、宿題として提出である。葉っぱを薄くしたのは、良かったが、細いので、花が大きすぎる感じであるが・・・、実物の写生ではないので、限界のようである。花だけでなく、蝶々でも飛ばせばいいのだが、冒険は止めよう。
 先日の新聞で読んだが、絵手紙大会で、優勝した人の談では、この人毎日一枚書いてると・・・。流石である。月に一回ぐらいの練習では、上達もしないのは当たり前だと思いながら。






最終更新日  2019.06.14 00:00:11
コメント(5) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.