13628099 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

美肌製造所

続・6 おばか犬こじろう


続・6 おばか犬こじろう
(2007年12月9日12時夜間病院へ、翌10日緊急手術)


〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

こじろう夜間救急動物病院へ!

17歳と8ヶ月のこじろうが 脱走して帰宅したその夜、
すごく苦しんで鳴くので(さっきまで元気だったのに) 夜間救急動物病院に駆け込みました。

お尻から真っ赤な腸が出てて、車から病院に運ばれる時も
血がポタポタと落ちて、病院の先生達が5人がかりで
応急処置をしてくださいました。

『とても深刻な状態です』と言われ、
翌日、かかりつけの獣医さんに連れて行きました。

こじろうは診察台の上で眼をとじてぐたーっとしています。

『緊急手術しますが 18歳なのでリスクが大きいけどどうしますか?』

もちろんこのまま死なせるわけにはいきません。

4時間の手術を終え、入院になりましたが、手術も成功で
無事にこじろうは元気に生還しました。

今日退院して年末に抜糸になります。
お腹もお尻も尻尾も毛を剃られてつるっぱげです。

もともと、でっかい雑種で目立って汚いワンコでしたがさらに汚くなりました。

でも、そんな事どうでもいいです。いつまでも元気でいてほしいです。


こじろう手術12月10日
手術後4日目点滴中。


(2007年12月9日12時夜間病院へ、翌10日緊急手術)

 


〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

こじろう再手術! 再入院!

17歳と8ヶ月のこじろうが
大手術のあとの抜糸がおわらないうちに、
また、容態が悪くなり、再手術で再入院になりました。

少し産毛が生えてきてたのにまたお腹とお尻と尻尾
ツルッパゲに剃られてられていました。

ふかふかの羽毛みたいだった尻尾が細く貧相になっていました。

071224_1801~0001.jpg

今回は容態もかなり厳しく、入院が長引くようです。

こじろうがいない、犬小屋には
さびしそうに喧嘩相手の野良猫がうずくまっていました。


071228_0951~0001.jpg






© Rakuten Group, Inc.