000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

美肌製造所

お星さまになった こじろう


こじろうお星さまになりました。

(2007年12月9日12時夜間病院へ、翌10日緊急手術)

(2007年12月18日退院。12月26日再入院、再手術)

(2008年 1月9日 お昼 お星様になりました。17歳9ヶ月)


〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

こじろう17歳9ヶ月お星様になりました。

(20キロのでかいこじろうにもこんなに小さい時がありました。)

080110_1634~0002.jpg 080114_1503~0001.jpg

071217_1032~0001.jpg

(入院中におとうさんと病院の周りを散歩しました。)



2007年12月9日に救急動物病院に行き翌日大手術して入院。
間で4日くらい退院しましたが再手術再入院。

こじろうはとても頑張りましたが、もうすぐ18歳になる高齢犬です。

とうとう力尽きました。入院してちょうど1ヶ月目でした。

2008年1月9日。
いつものようにこじろうのお見舞いに行きました。

ご飯も食べなくて少し元気がない様子です。

口を触ると珍しくよだれで口がぬれていました。
こじろうはよだれが少ないので珍しいことです。

でもちゃんと顔を上げて私の顔をジーッと見ています。

具合いが悪いときは顔もあげてくれません。

私がこじろうをずっとなでてる間に先生が
『今週末か来週には退院しましょう』と言われました。

こじろうはじっと私を見て先生の話を聞いているようでした。


帰る時にまた、もどって、『明日又来るね』というと、
こじろうは何も反応しないで、じっと私の顔を見ていました。

そして病院から帰宅したすぐに病院から電話がはいったのです。


2008-02-01 21:35:44


私を見送ったときの姿勢のまま呼吸が止まっていたそうです。


私が帰ってすぐなのかもしれません。

どうして・・・どうして・・私はこじろうが私に伝えたかったこと、
お別れしたかったことに気がつかなかったんだろう??



あの時のこじろうの目を思い出すと悔しさと悲しさと自分の馬鹿さに 号泣しています。



080110_1144~0001.jpg < 080110_1141~0001.jpg

2008-01-11 16:22:51





〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
こじろうは、1月9日虹の橋を渡ってお星さまになりました。

img41511748zik3zj.jpg


こじろうが、お星様になるになる数日前、
主人と二人でお見舞いに行きました。

その時、こじろうは、お腹の底からしぼりだすような声で
何度も何度も遠吠えをしました。


『ウォーーン・・ウォーーン・・ウォーーン・・・・・』


今まで17年9ヶ月、聞いたことがないような、とても不思議な声でした。

私達が帰る時、こじろうはよろよろと立ちあがって
いっしょに帰ろうとする素振りを見せました。

こじろうの遠吠えは、待合室にまで悲しげに聞こえてきました。


『ウォーーン・・ウォーーン・・ウォーーン・・・・・』


主人が見たこじろうはこの日が最後でした。

それから数日後に、私がお見舞いに来るのを待ってたのように

私が帰ってすぐ、こじろうは私を見送ったそのままの姿勢で
呼吸が止まっていたそうです。

あの時の不思議な遠吠えは私達への最後のお別れだったのでしょう。

気がつかなくてごめんね。こじろう。


080114_1500~0002.jpg 080114_1500~0001.jpg080114_1507~0001.jpg 080126_1954~0001.jpg 地震の時のこじろう こじろう 2008-01-11 17:13:39 070112_1628~01.jpg
070609_1816~01.jpg こじろう17歳 070623_1534~02.jpg 070617_1718~01.jpg 070609_1818~01.jpg071102_1433~0001.jpg 071102_1430~0001.jpg kojirou20070311.jpg



虹のトロッコに乗ったこじろうは ヒロママからいただきました。



こじろうは笑顔でトロッコに乗り、虹の橋を渡って

お友達がたくさんいるところへいきました。

虹の橋は苦しみも痛みもない世界です。

たくさんのお友達と、楽しく元気に走り回っています。






© Rakuten Group, Inc.