000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まみむメモ

まみむメモ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Comments

@かぼちゃ@ Re[1]:初野晴「退出ゲーム」(12/18) >あむあむ108さん はじめまして。 早速…
@かぼちゃ@ Re:久々で忘れていそう(02/23) >うさぎ1455☆さん ボクも半分内容を忘れ…
うさぎ1455☆@ 久々で忘れていそう こんばんは。このシリーズ、最初の方に読…
あむあむ108@ Re:初野晴「退出ゲーム」(12/18) はじめまして。 楽しく読みやすい文章に…
@かぼちゃ@ Re:なんだか不思議な雰囲気ですね~(02/16) >うさぎ1455☆さん もやもやとした雰囲気…
うさぎ1455☆@ なんだか不思議な雰囲気ですね~ こんばんは。なんだか、不思議な出だしの…
@かぼちゃ@ Re[1]:大倉崇裕「福家警部補の挨拶」(01/26) >samiadoさん 定番ながら、現場に来て警…

Category

カテゴリ未分類

(0)

麻雀

(199)

ミステリ

(255)

本(その他)

(57)

ゲーム

(13)
2005/10/07
XML
カテゴリ:ミステリ
螢


梅雨。大学のオカルトスポット探検サークルの六人は、京都府の山間部に佇む黒いレンガ屋敷「ファイアフライ館」へ、今年も肝試しに向かっていた。そこは十年前、作曲家でヴァイオリニストの加賀蛍司が演奏家六人を惨殺した現場だった。事件発生と同じ七月十五日から始まる四日間のサークル合宿。昨年とちがうのは半年前、女子メンバーの一人が、未逮捕の殺人鬼“ジョージ”に無残にも殺され、その動揺をまだ引きずっていたことだった。ふざけあう悪趣味な仲間たち。嵐の山荘で第一の殺人は呪われたように、すぐに起こった―。大胆にして繊細。驚きに驚く、あざやかなトリック!本格ミステリNo.1の傑作『鴉』から7年。鬼才が放つ新たなる野望。

いや~、やっと読むことができました。
麻耶雄嵩のクセモノっぷり(褒め言葉ですよ)は過去の作品から十分に承知していたつもりでしたが、考えが甘かったようですw

※以下ネタバレ反転
ある程度読んでいくと「これ叙述トリックじゃないの?」と分かった人は少なくないと思います。長崎がほとんど出てきませんでしたしね。
ただこれはあくまで他のトリックに関する目くらましに過ぎなかったわけで。
ただ一人の女性である松浦に対する扱いがやたら悪いなぁとは思っていましたが・・ これは再読しても唸ってしまうことが容易に予想できてしまいますねw

これだけすごい文章を書ききった麻耶雄嵩にはもう参りました!って感じです。

ファイアフライ館の雰囲気、クローズドサークルなど本格ミステリの要素もてんこもり。そしてメイントリックと、何とも贅沢な作品だなぁ・・w

最近オススメばかりしてますが、この作品もオススメしておきますw





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2005/10/07 09:36:57 PM
コメント(6) | コメントを書く
[ミステリ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X