000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あきくんのお楽しみ

PR

プロフィール


カラシニコフあきくん

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(571)

料理

(90)

鉄道

(10)

景色

(4)

暮らし

(23)

釣り

(1)

思い出

(0)

趣味

(0)

人生

(15)

子育て

(2)

教育

(1)

心霊

(1)

旅行

(6)

お出かけ

(3)

アルバイト

(1)

お仕事

(1)

悩み

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.08.10
XML
カテゴリ:料理

皆さんいつも僕のブログを読んで頂いてありがとうございます✨‼️


いつも僕が作る休日の料理は魚を使った和食やパスタとかですが今回は初のエジプト料理を作ってみました👩‍🍳
当初の計画ではマハシーとケバブとモロヘイヤのスープにするつもりでしたがスーパーや道の駅に行ってもモロヘイヤが無いのとインド・パキスタン料理を作ったときのバスティマライスが余っていたのでモロヘイヤのスープからエジプトの国民食であるコシャリ(今回作ったコシャリは揚げ茄子を使った揚げ茄子のコシャリです。)と言う混ぜご飯に変更したのと、ケバブの変更の理由はミンチが棒にくっつけた時に崩れやすくなってしまったのでコフタと言う中東のハンバーグ・ミートボールに変更しました‼️

それでは先ずエジプトの国民食コシャリ(揚げ茄子のコシャリ)の作り方から入ります‼️



最初にバスティマライスを洗います。


バスティマライスの形はこんなに細長い形をしています🎵
因みにこのバスティマライスはパキスタン産です‼️



バスティマライスを鍋に入れてブラックペーパーシードと一緒に炊き上げます。
コシャリを知ったきっかけは数年前にテレビの大食い番組でエジプト料理のお店で大量のコシャリとその上にケバブがたくさん乗せてあり、そのコシャリの中をよく見たらブラックペーパーシードが入っていたので入れてみました✨
昨日コシャリを作る前にレシピをいくつか見て下調べしていたらブラックペーパーシードが入っていないのも多く無しでも充分美味しいですし、そこのところはお好みで良いです✨☺️



バスティマライスを炊き上げると同時にマカロニとスパゲッティーを1/3に折り茹でていきます。

マカロニとスパゲッティーはコシャリには必ず必要です‼️





炊き上がったバスティマライスの仕上がりはこんな感じです‼️



炊き上げたバスティマライスに茹でたマカロニとスパゲッティーとヒヨコ豆を入れて混ぜ合わせます。
豆もコシャリには必ず必要ですが色々レシピを見ていたらレンズ豆等々の違う種類の豆を使っていた物もありましたのでお好きな豆をお使い下さい☺️


次にコシャリに必要なソース作りですが、フライパンにすりおろしニンニクとクミンシードをオリーブオイルでコンガリ炒めていきます。
次にホールトマトを入れて塩コショウで味付けをしてカイエンペッパーとクミンを入れてソースを煮込めば出来上がりです✨


完成したコシャリのソースです✨




最後に揚げ茄子を盛り付けて完成です‼️


本来はフライしたオニオンをトッピングしてソースはこの上に直接かけますが今回はフライのオニオンは無しでソースもあえて食べるときに各自でかけるスタイルにしました‼️
この量でしたら絶対に余りますし直接ソースをかけたら翌日に食べるとき見た目が汚くなるからです。


こんな感じで自分のお皿に入れてからソースをかけて食べました✨


次はマハシー作りです👩‍🍳


マハシーとは何かなと言うとアラビア語で詰め物と言う意味でエジプト以外の中東の国々でも食べられています。
今回のマハシーはトマトとピーマンの中身をくりぬいて中に具を詰めましたが、それ以外だと茄子をくりぬいて具を詰めたり、キャベツやブドウの葉っぱに具をくるんで作ったマハシーもあります✨



タマネギはみじん切りにしてバスティマライスとミンチ、下味は塩コショウ、スパイスはクミンシード・クミン・コリアンダー・シナモンを加えてよく混ぜます。


このようにトマトとピーマンの中身をくりぬいて具詰め込みます✨


次は鍋にすりおろしニンニクを油で炒めて水と塩コショウとコンソメで味付けして、ホールトマトを加えて煮込んでいくだけです。


トマトとピーマンのマハシーの完成品はこんな感じです✨





お次にコフタです✨


本当はケバブを作りたかったのですが、繋ぎの卵とミンチの割合が悪かったのか棒にくっつかずコフタにしました‼️
ケバブはインド・パキスタン料理を作ったときやイラン料理の時にも作った事があり、インド・パキスタンのケバブのときはレシピに繋ぎの卵は書いていませんでしたがイランのケバブのレシピには繋ぎに卵を使うと書いてあり、イランのケバブを作ったときとインド・パキスタンのケバブを作ったときの物を比べてみると、イランのケバブの方が繋ぎの卵を使っているので焼いているときにお肉が崩れにくかったです。
話が少しずれてしまいましたのコフタの話に戻します。

コフタは中東のハンバーグもしくはミートボールみたいな物で中東の国々は勿論、東ヨーロッパのバルカン半島の国々でも食べられていますしパキスタンやインドではカレーに入れて食べたりもします。
今回のコフタの作り方は最初からケバブを作るつもりでしたのでケバブに使うスパイスや作り方になっていますのでケバブ風コフタになったとでもいえます。

ボールにミンチと繋ぎの卵を入れてスパイスはターメリック・クミン・クミンシード・コリアンダー・シナモン・ナツメグ、下味は塩コショウを加えてよく混ぜ込みます。


手ぶれで画像が悪くなってしまいましたが、このように形を整えてフライパンで焼きます。


出来上がりがこちらになりますが色々作っているうちに冷めてしまいましたのでオーブンで少し温めました。
コフタにはフライドポテトを付けてみました✨


コフタに揚げ茄子のコシャリにトマトとピーマンのマハシーが完成して揃ったところで頂きました✨

とても美味しかったです‼️




次は中東のどの国の料理を作ろうかと悩んでいます。
今のところいくつかの候補としては、イラン料理にするか初挑戦でイスラエル料理のレシピを調べて作るかトルコ料理にするかと考えています✨

https://affiliate.rakuten.co.jp/link/pc/shop?me_id=1213310









最終更新日  2020.09.10 17:24:33
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.