101368 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さよなら原発・江東

PR

全301件 (301件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 31 >

活動報告

2017.02.04
XML
カテゴリ:活動報告

CIMG4167.jpg

2月最初の官邸前行動。明日は立春だが風は冷たい。「再稼働反対」の熱いコールに続き「被災者守れ」の声。
「浪江町は4月から強制避難解除が1部地域で行われるが、現実には帰れない」と避難者はスピーチする。子育て中の若い人たちは戻らず、商店などのインフラも不十分で高齢者だけのまちに帰ることを強いるのは無理だ。
先日福島原発2号機の格納容器内は530?と測定値が発表された。廃炉への道は遠い。
今日は「キリスト者平和ネット」と「原発ゼロ」の幟を持つ人と「さよなら原発・江東」の幟が出会った。官邸前には、入れ替わりでさまざまな人が参加し、原発ゼロの日まで抗議は続く。 







Last updated  2017.02.04 23:35:19
コメント(1) | コメントを書く


2017.01.14
カテゴリ:活動報告

CIMG4141.jpg

北風の吹きつける官邸前、「さよなら原発・江東」の幟を持って参加。
6時半、「川内原発今すぐ止めろ」のコールから抗議行動が始まる。
自主避難者の住宅無償提供が今年3月で打ち切られることに対する抗議や「福島は何も終わってない」と書かれたプラカードが目に入る。
11日台湾の立法院で脱原発法が可決され、2025年までに台湾のすべての原子炉を事実上廃炉にすることが決まったとのスピーチがあった。
日本も原発再稼働させないの県民の意志が新潟県知事選などで示された。大間原発建設反対の運動を粘り強く続ける熊谷厚子さんが町長選に立候補したとのプラカードもあった。
「原発ゼロ」の社会をめざすさまざまな運動が各地で広がっていると実感する。







Last updated  2017.01.14 21:24:07
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.17
カテゴリ:活動報告

Clipboard01.jpg

じわじわと足元から寒気が伝わる官邸前、「さよなら原発・江東」の幟を持って参加。川内原発2号機が定期検査のために本日運転停止した。
金曜日行動には200回目の参加と言う男性が「フクイチの核のゴミを処分できないでいるのに原発再稼働などとんでもない」とスピーチ。
国会前に行くと、福島からの自主避難者の住宅補償が来年3月で打ち切られる問題で国と福島県の棄民政策を訴える女性に出会う。希望のエリアからは美しいトランペット演奏が聞こえる。昨年江東区の戦争法反対のパレードに参加された松平晃さんに再会した。
原発ゼロの社会をめざし様々な人たちが参加する官邸前行動。まだまだ抗議の声は続く。







Last updated  2016.12.17 19:21:14
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.27
カテゴリ:活動報告

CIMG3861.jpg

銀杏の街路樹が鮮やかな黄色に色づいた晩秋の官邸前、「さよなら原発・江東」の幟を持って参加。
22日福島県沖を震源としたM7,4、震度5弱の地震が発生した。その時福島第2原発3号機の使用済み燃料プール冷却装置が1時間半にわたり一時停止。
「全原発即時廃炉」のコールが大きく響き渡る。
福島から避難している子どもに対するいじめの問題も、国の棄民政策の反映。
福島原発事故にきちんと向き合わず、いつ再び事故を起こすか分からないままの無責任な再稼働を進める安倍政権。官邸前抗議は続く。







Last updated  2016.11.27 06:43:46
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.12
カテゴリ:活動報告

住宅.jpg

今夜の国会周辺は、反原連の抗議行動に加え、参議院会館では反貧困の集会、衆院議員会館前ではTPP抗議集会、議員面会所では出版労連が請願中と安倍政権への多様な抗議の声がとりまいている。
ドラムが響く官邸前は、日印原子力協定に抗議するコールが続く。
日本がインドへ原発関連機材の輸出をすることが可能になるのだ。
茱萸坂を下りたところでは「原発事故避難者の住宅確保を支援する江東の会」が14日の学習会のビラを撒く。 
国会行動と共に地域での原発の運動も続いている。

CIMG3828.jpg







Last updated  2016.11.12 09:38:33
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.22
カテゴリ:活動報告

CIMG3710.jpg

「さよなら原発・江東」の幟をもち、218回目の官邸前行動に参加。
今日の午後に鳥取で震度6弱の地震。島根原発は1号機は廃炉中、2号機は停止中だが一時的に非常用電源が起動した。すぐ近くを宍戸活断層が走り、今後も警戒が必要とのこと。
新潟県知事選で柏崎刈羽原発再稼働反対の米山隆一さんが当選を受け、柏崎刈羽の廃炉のプラカードも。
「地震の国に原発いらない」のコールが響く。







Last updated  2016.10.22 18:53:23
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.15
カテゴリ:活動報告

CIMG3621.jpg

毎週金曜日の官邸前行動は217回目。満月間近の夜空に、力強いドラムの音と「再稼働反対」のコールが響きわたる。
先日の阿蘇山の爆発で再稼働中の川内原発2号機、伊方3号機のことが気になる。鹿児島の三反園知事は川内原発の停止を求めている。いったん原発事故を起こせばその被害は計り知れない。
5年半経つが福島に戻れない原発事故避難者たち。
官邸前抗議に参加する人たちは、それぞれの思いをプラカードに表現する。
すべての原発の再稼働ゼロをめざして官邸前抗議は続く。






Last updated  2016.10.15 20:21:50
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.24
カテゴリ:活動報告

CIMG3398.jpg

夕方には雨が上がるが蒸し暑さの残る中、214回目の官邸前行動は定刻に「再稼働反対」のコールで始まる。
政府はもんじゅの廃炉を検討をしているが、核燃料サイクル政策は死守、もんじゅに替わる新規施設を検討。原発時代終了を理解せず固執する安倍政権に大抗議!
また経産省は廃炉費用、原発事故費用を電気料金に.上乗せする方向で調整中。しかも新電力と契約した消費者にも負担させるという。
原発事故の責任があいまいなままの国民負担は許されない。昨日の代々木公園での「さようなら原発集会」には9500人が参加。今日の官邸前行動も少なくない人たちが集まっている。連日抗議の声は続く。






Last updated  2016.09.24 19:27:48
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.11
カテゴリ:活動報告

14212109_694935684017358_8806373461914793463_n.jpg

5年半前の原発事故で福島からの避難者は、江東区の東雲国家公務員住宅に現在1068名が入居しています。
そのうち除染などにより帰還困難区域でなくなった人も含め自主避難者とされる人が388名。その大半の人たちが東雲の住宅入居者。
ところが政府は来年3月末には自主避難者の住宅の無償保証を打ち切るとしています。
こういった事態...
に対し「原発事故避難者の住宅支援の継続を」と国や東京都に対し意見書を出すよう、江東区議会に求める陳情書を市民有志で提出しました。今日はそのグループで東雲住宅の近くのショッピングセンターの前で署名活動を行いました。
避難者の方も「福島には帰れる見通しがない」と言い署名してくれました。この9月議会で採択を目指していきたいと考えています。

陳情は9月区議会に提出します。審議委員会は決まっていませんが、通例では企画総務委員会(10月6日開催予定)になると思われます。区議会開催直後に決まりますので、決まり次第お知らせします。是非、傍聴にもご参加ください。







Last updated  2016.09.11 10:59:23
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.10
カテゴリ:活動報告

CIMG3336.jpg

官邸前抗議行動の報告まえに、北朝鮮が核実験を強行したことに抗議します。

原発に反対し、脱被爆を求める立場である以上、原発ととも核兵器の廃絶を願います。北朝鮮は核開発をしない見返りに、原発技術の供与を受けた経緯があり、いかなる理由も核開発を合理化できるものではりません。

さて、以下は官邸前抗議行動の報告です。

-------

6時半ともなると大分暗くなる9月第2週の官邸前。反原連の第212回目の抗議行動に参加。ランプを付けたプラカードが目立ちますが、「福島は何も終わってないぞ」の文字が目を引きます。
着の身着のままで福島から避難し間もなく5年半が経つ避難者に対し、政府は来年3月には住宅の保障を打ち切ろうとしています。
江東区では、東雲の国家公務員住宅に300人を超える方たちが追い出されるかもしれないという不安の中で暮らしています。
福島のことを忘れてはならないし、この原発事故の深刻さを考える時、原発再稼働は絶対にさせてはならないと思います。原発ゼロの日まで官邸前行動は続きます。







Last updated  2016.09.10 23:28:08
コメント(0) | コメントを書く

全301件 (301件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 31 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.