大声でひとりごと

ニューストピックス

2012年02月02日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
他の人のところでコメントで書こうとしていたのですけど
「自分の話ばっかりやんけ!」という感じになってしまいそうだったので(←よくあること)
自分のところで書く、と。


うちの息子はサンタの存在をまだ信じています。 (今年、六年生)


「『薄目開けて見たら黒いジャージの上下の人がごそごそしとった』ってあつむくんが言うとった」と朝食の時に言うので
そろそろいい機会かと

「サンタは………
 …ホンマはお父さんや」と本当の事を言うと



「マジ?やっぱり?『黒いジャージ』やから、もしかしてけいちゃん父ちゃんとちゃうか?って思っとってん!」


「…手分けして配っているんやけどな。」

どうやら自分の父親が『本物』のサンタだと思った模様です。(息子、どこまで天然でしょう)




当日の夜、オーディオの予約録音の青い光が突然付いてビビっていたので
「あんたがゲームばっかり欲しがるから、サンタさん怒ってはるやないの。日本語でいいし(うちに来るのはフィンランド人)、小さい声で聞こえるから『ごめんなさい』って10回言い。」と反省させました。



そして寝た頃を見計らって「手品セット」と「マグネット将棋板」(合計1500円くらい)を
枕元の靴下型の袋にそうっと入れておきました。

そんなtosh.家のクリスマスでした。




ほな。ごきげんよう。







ちなみに夫から私へのプレゼントはオリジンズの化粧品詰め合わせでした。

いつまで経っても
私が好きなのは「ロクシタン」だと覚えられないようです。
事あるごとに得意満面で買って帰って来ます。


そして、よく「黒いジャージ」で
セリーヌ、ボッテガヴェネタを抜けて
平気でオリジンズに辿り着けるものだと(たまたま伊勢丹ではそういう場所の奥に。)

毎回、感心します。

そんな夫が好きで結婚したのだな、と思います。




やだ。クリスマスは人をセンチメンタルにさせますね。(もう、節分や)





※二年ほど前に別のところで書いたものです。息子は現在中学一年生。

こんな放置されっぱなしのブログに、来てくれるお客さんへ。有難う。






最終更新日  2012年02月02日 11時26分40秒
コメント(2) | コメントを書く


PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.