610507 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

M’s Life

全972件 (972件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 98 >

2007/02/22
XML
カテゴリ:戯言
揺れ動く携帯電話の販売奨励金(3)ソフトバンク「月980円」プランのカラクリ:ITpro

「新スーパーボーナス特別割引」の仕組みがイマイチ良く分からなかったのだけど、どっちかというと、端末料金を分割払いにして、通信通話料が割引されてるってイメージの方がしっくり来るような気がする。

どっちみち、月々3110円支払いにならその分は確実に持って行かれてるような感じなんでしょうね。

毎月最大2280円が値引きってなってるけど、月980円プランで、それ以外何も使わなければ、980円分だけが割引対象にしかなら無いわけね。

ある意味、3110円が基本料金で、2280-980円分は込み込みプランみたいなイメージに思えました。


まあでも本来の販売奨励金の考え方って、通信料と基本料金から回収って方針で、すぐに解約しちゃう人の方が得をしてしまうような変なねじれが起きてしまっているという問題もあるので、基本料金を安くして、実際にはこれだけ端末料金を支払ってるんだと言う事を明確にするという点で、このやり方は正しいって言う気がしてきました。

だいたいPDAですら、5万とか平気でするわけで、携帯電話が2,3万なんて本当にありえないんですから。

しかしね、今までの歪んだ制度から現実を理解させるのはなかなか難しいとは思うのですよね。

ちゅうことで、今度買う端末は3年くらい使う事を想定するべきだと慎重になります。


SIMカード付け替えでその日の気分で携帯を変えるようなファッショナブルな未来はいつ?







最終更新日  2007/02/23 12:03:24 AM
2007/02/18
カテゴリ:アイデア
以前、日経SYSTEMSの記事でヒアリングに小型ホワイトボードを利用すると言うアイデアがあり、気にしていたのですが、大きさ的にA3が良いのか、A4が良いのか迷うし、試験的に導入するにしても、1000円から2000円ってのは、高い、それに大抵の商品がマグネット式で、これはPCユーザには天敵以外の何者でもありません。

という事もあり見送っていたわけですが、たまたま検索したら、

toyahの日記 - ホワイトボードブック

[CD]CoffeeDiary : モバイルホワイトボード (^o^)

と言うようなネタを見つけたので、早速ダイソーに直行して、ホワイドボードシートを購入して参りました。世の中考えてる人はいっぱいいますね。

で、作ったのは以下のようなもの。

20070218-VFSH0004.JPG



20070218-VFSH0001.JPG

開閉時は、こんな感じ。

購入物
・つまみファイル 105円
・ホワイドボードシート(A3) 105円
・マーカー 105円

小型のイレーサーも購入したのだけど、持ち運びには不便だし、ティッシュペーパーで代用できるという事なので、持ち歩かない事にしました。

また、マーカーにしても、赤黒セットで105円と言うのもあったのだけど、少し大きめなので、3本セットのスリムバージョンを選びました。
赤と黒があるので、両方買っておくといいかも?

私的な感想
念のためにホワイトボードシートは3枚購入したのだけど、1枚は完全に失敗で破棄せざる終えませんでしたし、一度張り付くとはがしにくいので、丁寧に貼るべきでしょう・・・。
正直、私はそんなに器用ではないので、結構苦労しました・・・。


シールを剥がさずに、クリップボードで挟むだけの使用とかってどうなんでしょう?
次はこっちをテストしてみたいです。







最終更新日  2007/02/18 11:35:03 PM
2007/02/14
カテゴリ:アイデア
本を読むのが遅いと悩むが実は、

読む速度ではなく、読む時間の問題ではないか?

と言う風に考えています。

考えてみれば、家から会社までの片道の電車の時間は20分以内だったりします。
それ以外の待ち時間とかがあるので、実際にはもっとかかってるが・・・。

つまり、1日辺りの読書時間は40分しか使っていなかったと言う事。

その上、寝る前は寝る前でやる事がいっぱいありますし・・・、読書に集中すると言う習慣は無いんですね。
ネット、ゲームetc・・・、自宅ってのは集中する作業には向かない環境のような気がします。
仕事場も仕事場で、邪魔者は多いです。

私にとっては、他にやる事が無い電車の中と言うのは良い読書空間な訳です。

1冊に3日かかると嘆いていても、1冊辺り120分程度なんですよね。

つまり、通勤時間が増えれば、おのずと読書時間が増えると言う事。



とりあえず、転勤するか・・・?



と言うわけにも行かないので、大阪環状線を1周することにしました。
または、逆方向に乗る。
下車しないので、交通料金はかかりませんし。

大阪環状線1周辺り、40分です。
それを1周することで、+40分の時間が確保できます。
逆走でも、40分-通常の時間位の時間は確保できるわけです。

帰る時間が遅くなる?

どうせその分、家でダラダラしてるだけなんだから別にいいでしょ?


ある意味、集中できる時間の確保に喫茶店を利用すると言うのは正しいと感じた。






最終更新日  2007/02/14 11:15:57 PM
カテゴリ:ライトな本

相変わらず、槍ヶ岳って酷いよなぁ・・・。


ちゅうことで、百合百合学園との交流会というイベントを無理矢理ねじ込むは、やっぱりゆかりのじじいは、仲を引き裂こうと企んでるわで、一筋縄ではいかないバレンタイン編。

やっぱり爆発炎上!?ラブラブファイヤー!?

ってな感じの展開なのは予想済みだったけど、やっぱりそうなりましたか・・・。

このシリーズと言えば、爆発炎上、命がけのダイハード小説ってのがウリな訳で、主人公が必ず巻き込まれる不幸さってのは、ブルース・ウィリス様と被りまくってる感じが・・・。

前回はとにかく荒すぎてちょっと好みに合わなかったのだけど、今回も荒いのですが前回ほどじゃないし、それ以上の熱さがそこをフォローしてる感じが良かったです。

まあ、何となく今回もオチは前回と同じパターンじゃないかと思いつつも、内容の熱さがそれを実感させないところが良いです。

所で、あのやらせ番組は何とかなりませんか・・・?




バレンタイン上等。
著者:三浦勇雄
イラスト:屡那
出版社:メディアファクトリー
発行年月: 2006年01月
サイズ:文庫/263p
本体価格:580円 (税込:609円)








最終更新日  2007/02/14 11:05:46 PM
2007/01/30
カテゴリ:ライトな本

このテンションで、20巻完結って、マジかよ!?


突如、宇宙人が地球へ宣戦布告し、マッドな祖父に無理矢理、究極の要撃/支援兵器=ARIELの乗員として戦わされてしまう3人の娘たちの壮絶なストーリーです。ウソ・・・。

って言うか、エリアルって、地球の征服を狙う宇宙人とそれを阻止する地球人の壮絶なる戦いとか、スペースオペラ級のシリアスな話だと思ってたんだけど・・・、SFコメディですか・・・。
しかも、宇宙戦闘機かと思いきや、巨大ロボ物ですか・・・、しかも女性型・・・。

ベテランヘビーライトノベラーって、こんなの読んでたんだ・・・。

20巻も続いたって言うから、壮絶なSFを想像していただけに、そっちかよと、それだけで笑いそうになりました。とにかく、内容がバカすぎます。

「なんで戦闘用の巨大ロボが女性型してるんです!」
「わたしの趣味だ!」

と言い切っちゃう位、マッドサイエンティストのおじいちゃんが作成したために、無駄に脚線美だし、よう分からんデス。しかも、敵の方が強かったり・・・。

なんて言うか、望みもせずに無理矢理、パイロットにされてしまうと言う、巨大ロボ物には良くありがちな不幸なパターン。しかも、岸田家の長女・絢は、受験という大事な時期にさしかかっているという。

何という、不幸!?

とにかく、可笑しすぎます・・・。

挙句の果てに、宇宙人サイドも、なんだかおかしな事情を持っており、無駄に1機ずつしか攻めてこないし、なぜか辺境の日本ばかり狙ってくるし、良くわかりません。

とりあえずまずは、ホワイトハウスとか、その他諸々の主要都市に一斉に大打撃を与えるべきやろ!?

おかげで、本来廃棄処分となるはずだった、エリアルが活躍?するし、人類に希望はあるのだろうか?

宇宙人に征服されるのが先か?
エリアルにぶっ壊されるのが先か?

とにかく、変なのばっかりで、テンションは高すぎるし、なんだかおかしなシリーズです。
でもまあ、地球を舞台に地球で思いつく兵器を使っている分には、何とか付いていてるような気がします。

ってか、こっちの方が詳しいし・・・。
今月の1本:ARIEL(エリアル)




エリアル(1)
著者:笹本祐一
イラスト:鈴木雅久
出版社:朝日ソノラマ
発行年月: 1987年03月
サイズ:文庫/283p
本体価格:485円 (税込 509 円)








最終更新日  2007/01/30 11:05:11 PM
カテゴリ:物欲とかそんなの
たまたま、他の物を探しに文房具屋に行ったら、PILOT | ハイテックCコレトの3色用が登場してました。

しかも、本体ボディは透明だけじゃなく、ブラックとブルーはあったと思います。
それと、専用レフィルにも、何色か追加および、5mmのペン先も登場と、かなりバリエーションが豊富になってました。


htc3-VFSH0001.JPG


私が選んだのは、レッド、アクアブルー、アップルグリーンの3色です。

正直2色では物足りなく思っていたので、嬉しい知らせでした。


これで、3色ボールペンに心おきなく挑戦できそうです。

って、前に4色ボールペン買ってたけどな。







最終更新日  2007/01/30 10:43:18 PM
2007/01/27
カテゴリ:戯言
累計19万部突破の、大人気 『図書館戦争』 シリーズって、相変わらずライトノベル換算で計算してるとは言え、一冊当たり、9.5万部ってのは結構凄いですね。

■『図書館危機』 発売記念! 有川浩・サイン会! (カトゆー家断絶)

ちゅうか、『クジラの彼』も発売ですか!?

内容説明
「沈む」んじゃなくて「潜る」。潜水艦とクジラは同じだから。人数あわせのために合コンに呼ばれた中峰聡子。そこで出会った冬原春臣は潜水艦乗りだった。いつ出かけてしまうかわからない。いつ帰ってくるのかもわからない。そんな潜水艦乗りとのレンアイには、いつも大きな海が横たわる――。陸・海・空の自衛隊を舞台に描いた、6編の大人の恋愛短篇集。


いつの間にそこまで揃えてたのですか!?


聞いてないよ!?


相変わらず、ライトノベル以外の情報に疎すぎます・・・。orz

しかも、サイン会の日、仕事だよ!?

まあ、それは良いか・・・。
サイン会の日まで読みたいという欲求が待ってくれる訳じゃないし・・・。

とにかく、表題タイトルは知ってるとして、他の5編は誰を描くものなのか・・・。

やっぱり、地雷除去の失敗で聴覚障害もありですか・・・?








最終更新日  2007/01/27 07:15:48 AM
2007/01/21
カテゴリ:ライトな本
もう一個のページに、「Fate/Zero Vol,1 -第四次聖杯戦争秘話-」のマインドマップ版感想をあげました。
ネタバレさせまくってますので、ご注意下さい。

「Fate/Zero Vol,1 -第四次聖杯戦争秘話-」 マインドマップ版感想

うーん、とにかくコレ最高!?


関連サイト
ニトロプラスダイレクト Fate/Zero公式通販







最終更新日  2007/01/21 02:52:01 PM
カテゴリ:戯言
なんだかんで言って、とりあえずモチベーションを取り戻せたっぽいです。
その為に時分がやった方法は、

キッチンタイマーで書く時間に制限を持たせる

と言う事です。
と言うのも、なんだかんだ言って、感想を書くという行為をしようと思うと、気づいたら1時間位かかっているという時間の無駄を実感してしまったためです。

とにかく、読み終わったら感想を書こうと思うと、何時に終わるか分からないと言う気持ちが、やる気を起こさせない最大の問題だったと思っています。

その対策として、書く前にキッチンタイマーで10分と言ったような時間制限を設ける事で、感想を書く時間を明確にしてしまえばよいのではないかという考えに至りました。

これからダラダラとやって、1時間位かかるかも?
よりも、10分なら、やってみようと言う気になりませんか?

ただ、10分ってのは、結構短いです。
私の場合で、下に投稿している「スターダスト・シティ1」の感想が10分で書いたものです。
まあ、整形するのにさらに少し時間をかけてますけどね。

短い時間でやる事で、集中力とまとめる力が付くんではないかと思ってます。
最近の携帯電話は、ストップウォッチも、キッチンタイマーも付いてる機種が多いです。
ちとモチベーションが下がり気味の方は、こういうのを試してみては如何でしょうか?


10分にすべきか、15分にすべきか?


私の中では、10分にすべきか、15分にすべきか少し迷っています。
10分で書いた物が「スターダスト・シティ1」の感想だったりします。
しかし満足できる物でなかったので、15分でも試してみたんですよね。

ちなみに試してみた時に書いた物は、「とらドラ4!」、「マルアークの種 -片翼の記憶-」だったりします。

しかし残念な事に、こちらはタイムオーバーさせてしまうと言う残念な結果に終わってしまってます。

と言うのも、10分しかないと思ってしまっている割に、15分もあると勘違いしてしまっている訳です。この辺は人それぞれだと思いますし、あくまでも自分の心理です。基準は違うと思います。

これでは、結果的に10分で書いた物には満足できないし、15分と言っておきながら守れない心理が再びモチベーション低下に繋がるのではと、心配しております。

だから、その対策として、10分×3セットにしようかと考えています。

10分:とにかく書く
10分:清書
10分:装飾+UP

これで、30分。

納得できる物を書き上げようとして、無駄に1時間もかけるよりは、密度の濃い30分の方が良いのではないでしょうか?

後、やはり読み終わったらその日のうちに書くのが一番と思います。







最終更新日  2007/01/21 11:41:11 AM
カテゴリ:ライトな本
マック&シェルミーの宝探し後編。

うーん、イマイチ。


確かに、宇宙戦争、宇宙海賊、銀河鉄道辺りのキーワードが好きなら面白いと思うのだけど、この内容で2冊ってのもなぁ・・・。「妖精作戦」の2巻の要なハチャメチャっぷりを表現したいのだろうけど、1冊目も2冊目も、基本的に展開が同じなんだよね・・・。
基本が、マック&シェルミーと、宇宙軍、ギャングとの宝を巡る三つ巴の争いであり、とにかくハチャメチャな展開なのは、実のところ1巻とあまり変わってないという所が残念な所・・・。
まあ、古い話なので、今のご時世にはウケにくい内容であるってのも、あるんだけどね・・・。

やはり笹本さんは、UFOでも太陽エネルギーを変換して飛行したり、ロケットを打ち上げるためのエンジンを考えたりという、リアルっぽい、練りに練ったSF設定があってこそ面白いと思った。






最終更新日  2007/01/21 11:04:14 AM

全972件 (972件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 98 >

PR

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

見るだけで役立つ会… New! 山田真哉さん

とりあえずやってみ… DODOCHIさん
小松茶屋 伊織貴瀬さん
楽天VIDEO:アニメ会… 楽天VIDEOさん
月 を 見 上 げ… 安斎 劉生さん
天界7丁目 立花みづきさん
読書とジャンプ むらきかずはさん

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.