611384 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

M’s Life

全972件 (972件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 98 >

2006/11/13
XML
カテゴリ:ライトな本

シルフィードタソ萌え!?


ふたつの月が空を彩る異世界ハルケギニア。そこでトリステイン魔法学院に通う少女・タバサには秘密があった。彼女の母国ガリアから彼女に与えられた地位は騎士(シュバリエ)。中でも極秘裏に任務を行う「北花壇警護騎士団」の一員なのだ。胸に秘めた目的のため、タバサは使い魔である風竜・シルフィードとともに任務に向かう……。ある日、タバサに与えられた任務は、ガリアのとある村での「先住の民」の討伐だった。さっそく向かったタバサだが、村でのもめ事は単純な「先住の民」との諍いだけではないようで――。大人気「ゼロの使い魔」シリーズの神秘的な少女・雪風のタバサの活躍を描く番外編、いよいよ登場!

とりあえず、9巻の後と言うわけではない。
携帯コンテンツとして掲載されていた番外編を文庫にしたという形態です。ある意味読まんでも全然問題なし。


ヒロインのくせに台詞少ねぇ

本編と違い、タバサが主人公なので、全然しゃべりません。
代わりに、、ヤマグチノボルさんと、シルフィードがしゃべります。

でも、タバサはクールで無口なので、ヤマグチノボルさん独特の、テンション高いテンポの良いノリでないのが、ちょっと残念。

あのテンションだと作品の雰囲気ぶちこわしてしまう可能性が高かったか?

逆に、シルフィードのテンション高過ぎ!?

って言うかあいつ、メスだったのかよ・・・。


本編の補足的作品

とにかく番外編なので、あの日本人とツンデレ魔法使いが出てこないので、結構静かですね。
何せ、爆発させるしか脳がないので、魔法そのものが単調になりやすい本編に比べ、強力な魔術師であるタバサが主人公なので、様々な魔法が駆使されて、ある意味本当のこちらの世界がよく分かる作品構成になっています。

こっちの世界の設定をきっちりと活かしている作品ですな。

何せあの二人は、規格外ですから・・・。

特に、「先住の民」や、先住魔法という所が、謎だったのにそっちを未だに掘り下げていないと言うのが、本編の問題と言えば問題。


無口故の弊害

ただ、主人公がタバサで、それにツッコミを返すキャラが、シルフィードだけという構成故に、ノリが大幅に違うという点が意外と拍子抜けするんじゃないでしょうか?

タバサの無口で無表情という特徴も、それに対する男性キャラ・キョン(涼宮ハルヒ)の様なのがいないと結構活きてこない分、無口キャラ萌えという要素が活かし切れていない気がしたので残念でした。

どちらかと言えば、この作品は結構強いヒロインがバッタバッタと敵を倒す痛快さと、やっぱり使い魔使いは荒い主人という二つ余要素で、

シルフィードタソ萌え!?

で、決まりではないか・・・?




ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険
著者:ヤマグチノボル
イラスト:兎塚エイジ
出版社:メディアファクトリー
発行年月: 2006年10月
サイズ:文庫/261p
本体価格:580円 (税込 609 円)



関連サイト
HExAGON(ヤマグチノボル)
DO-RAKU7(兎塚エイジ)


感想リンク
のべるのぶろぐ
ラノベ365日
STAIRWAY 2 HEAVEN
好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!
booklines.net







最終更新日  2006/11/13 09:51:57 PM


2006/11/09
カテゴリ:物欲とかそんなの
目で右脳を鍛えるDS速読術」買いました。

とりあえず時間を節約するにはまず、本を読む時間を減らす=スピードを上げるのが一番と思うのですが、それってなかなか時間がかかるものだと思うのですね。

実際に本を購入して試した時期もあったけど、あっさり挫折しましたね。

で、DS速読術と言うのを、たまたま検索したら見つけてしまったので、購入しました。

で、やってみた感じは、ゲームと言うよりは、トレーニングっぽいですね。
でも、昔習った速読術と同じイメージです。

大人のDSトレーニングの方がまだ、ゲームっぽいです。

どちらかと言えば、脳よりも、目をトレーニングできるんじゃないかと言うことくらいでしょうか?

まあ、いきなりスピードアップするようなものでもないので、ぼちぼちやりますよ・・・。

しかし、現状でも、一般平均の2倍くらいのスピード何ですね。







最終更新日  2006/11/09 10:56:16 PM
2006/11/08
カテゴリ:物欲とかそんなの
えー、「マルドゥック・ヴェロシティ1」買いました。

これは、ライトノベルじゃないから、セーフですよね?


まさか、デビュー作の「黒い季節」が12月に発売なんて、復刊ブームなのでしょうか?

これはこれで、読みたいかも?






最終更新日  2006/11/08 10:54:05 PM
カテゴリ:へビィな本

とりあえず、当分エビは食べたくない。(w



『空の中』に続く、有川 浩の感動巨編!
横須賀に巨大甲殻類来襲。
食われる市民を救助するため機動隊が横須賀を駆ける。
停泊中の潜水艦『きりしお』に未成年者13名が逃げ込み孤立。
そう、海の底から来た『奴ら』は―――『レガリス』。



読んで思ったのは『熱い』と『臭い』の二文字!?


『臭い』

とにかく潜水艦の中は、臭いが籠もるので『臭い』し、レガリスの死骸は腐ると『臭い』し、市民の救助にあたる機動隊員の人間ドラマも、『臭い』位に熱かった。
この臭さは、小説が臭いを表現出来なくて良かったと思える位だ。


『熱い』

とにかく熱い、自衛隊が動けないから、機動隊やSATの十分とは言えない装備を使って、必死になってエビを倒し、市民を救助しようと必死になる機動隊員の人間ドラマが、『熱い』。

なんとも言えないくらい、素晴らしかった。


冬&夏

今回、少年少女と共に潜水艦に閉じこめられる自衛官の、冬原&夏木ってキャラがどう見ても、

図書館戦争の堂上&小牧

にしか見えません。
冬原の人当たりがよい対応をする割に、正論を突きつけて、非情な所も見せつける所なんて特に、小牧さんそのものじゃないですか?
もちろん夏木の方は、堂上さんですね。
特に、感情的で熱血な所は、若かりし頃のあの堂上さんのイメージそのもの何じゃないでしょうか?

だから・・・・(w

しかし、冬原さんって、この裏で、「Sweet Blue Age」のクジラの彼やってるんだよな、そつがないと言うかちゃっかりしてるというか・・・。


王子様は待つもんじゃない、
――追いかけるものなんだよ!?



相変わらずガキはムカつく

しかしそんなガキが、自分の痛さに気づき徐々に成長していく姿が描かれているだけに、今回はだいぶ良かったんだけどね。ただ、そんな風にしか育てられなかった少年がとても哀れである。しかし、有川浩さんはとりあえず世間知らずのガキに人生を教えたがる癖が強いですね。

今回はマスコミが痛い

まあ、マスコミの痛さってのは、常々から理解しているので、どんなバカな報道をしようが相手にしないんですが、そんなバカなマスコミに、痛烈な平手打ちをかますシーンが、



気分爽快!?



相変わらず国家の対応の遅さが、目立ちすぎる。

自衛隊という国を守る部隊を持ちながら、動かない政府の対応の悪さを非難するのがこの作品のテーマの一環ではあるのだけど、実にもどかしく。

動けない自衛隊員のもどかしさ、自衛隊を動かすために、苦渋の選択を迫られる機動隊員のやるせなさ、とにかくラストの圧倒的な快勝を読めば読むほど悔やまれる政府の対応の鈍さが浮き彫りにされる気がします。

まあ確かに、自衛隊の問題点がなきゃ、ページ半分所か、話にならないんですけどね。

リアルな政府はこんなもどかしい対応をしない事を心から願いますね。


「空の中」に比べると、相変わらず自衛隊の動きが鈍いというのがもどかしいが、『熱い』機動隊員たちの活躍が格好良く描かれて、非情にテンポの良いノリだったのでこちらの方が好きです。





海の底
著者:有川浩
出版社:メディアワークス
発行年月: 2005年06月
サイズ:単行本/451p
本体価格:1,600円 (税込 1,680 円)



感想リンク
のべるのぶろぐ







最終更新日  2006/11/08 10:28:06 PM
2006/11/07
カテゴリ:へビィな本

200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた──
「変な生き物ゆうたわね? そやね?」
──秘密を拾った子供たち。
「お前を事故空域に連れて行く。話は現場を見てからだ」
──秘密を探す大人たち。
秘密に関わるすべての人が集ったその場所で、最後に救われるのは誰か。

『塩の街』で第10回電撃小説大賞<大賞>を受賞した有川浩、渾身の二作目がハードカバー単行本で登場!
“電撃”が切り開く新境地、電撃文庫ファン必読の感動巨編!!



ギミック満載

UMA【フェイク】や、スカイドン【白鯨】との遭遇、
国産輸送機開発プロジェクト「スワローテイル」という男のロマンがぎっしりの小説。

特に、F15DJの飛行シーンのスピード感がとても素晴らしかった。

その一方で、高知という自然に恵まれた緩やかな情景を描くのがなんとも素晴らしい。

とにかくそんな素晴らしいギミックがぎっしり詰まった、SF小説です。


図書館戦争の断片

と言うか何というか、珍獣武田美稀のキャラが、成績優秀な笠原郁そのものじゃないかと思える位の強気っぷり。まあ確かに、ハンデを持ちながらの戦闘機乗りってのは辛い物がありますね。まあ、成績がヘッポコじゃ、リアル世界で戦闘機乗りなんて無理なんだよな。

しかしそんなハンデを物ともせず自分の夢を追いかけ続ける、美稀と言うキャラも好きだし、一度は挫折したが、航空機開発という新たなる夢に向う、春名高己と言うキャラも好きです。

「どうせならプロジェクトXに出たいじゃない」

とにかくこの言葉が、心に残る位印象的で、「夢を追いかけ続ける」ってのはやっぱり、男の浪漫なんだよな。


でも、中盤はダレタ

確かに、未知の知的生命体との遭遇、そして、未知の知的生命体・スカイドン【白鯨】との共存するための、交渉がメインとなり、それに、世界情勢や、国家情勢、航空機事故の遺族の思惑がひしめき合い、一筋縄ではいかない展開になっていくのは、確かにこういう生命体と遭遇すりゃ実際こうなるやろうと言う風にしか思えないので仕方がないのだけど、ちょっと好きになれなかった。

どうしても交渉がメインになってしまう作りなので、序盤のF15DJの飛行シーンの痛快さに比べると、中盤以降のデスクワークはちょっとダラダラし過ぎている感じがするので、非常にもったいない。

確かに、高己と、スカイドン【白鯨】との漫才のようなトークも面白いんだけど、戦闘機乗り珍獣武田美稀が活かしきれなかった気がする。


イタイ厨房

なんか知らんが、ラストのムカつくクソガキを懲らしめる所が、気分がスッキリした。<歪んでるなオレ。(w

とにかく登場する少年少女がちょっとイタイ気がする。

航空機事故の遺族とはいえ、悲劇のヒロインを演じてみたり、間違った方向に進んでるのが見え見えだったり、もうちょっと落ち着いて考えれば、ちゃんと正しい方向に進める気がしてもどかしい。

結局彼らを正しい方向に進めるには、宮じいの様な良識のある大人が導いてやるべきと言う事なのか?

まあそれ以上に、国家がイタ過ぎ(w

国家のとんだ先走りで犠牲になった人々の救済は一体誰がするのか?
ちょっとその辺が、スカイドン【白鯨】の圧倒的な攻撃力を見せるための演出程度になってしまっている所が、非常にもったいなかった。

うーん、当面の国家予算は赤字だな・・・。orz

やっぱりこの手の未知との遭遇物には、ウルトラマンという秩序が欲しいよ・・・。




空の中
著者:有川浩
出版社:メディアワークス
発行年月: 2004年11月
サイズ:単行本/477p
本体価格:1,600円 (税込 1,680 円)



感想リンク
のべるのぶろぐ







最終更新日  2006/11/07 10:54:54 PM
2006/11/05
カテゴリ:戯言
10/23の買わない宣言から、早2週間。
今のところ、ライトノベルは、一冊も購入していません。

順調です。

そろそろ、禁断症状が出ている事を期待するあなたは、鬼か何かですか?

まあ、ライトノベルを買わないであって、読まないでないわけですし、その程度で禁断症状など出るわけないんですよ。

3冊ほど図書館で本を借りたけど・・・。

ラノベじゃないですしね。

時期的に閑散期なので、購入欲求そのものが薄れていますし、問題なしです。

ただ、自分の読みたいと思うような作品が減りつつあると言うのは事実でしょう。

例えば、砂糖とミルクがたっぷりの甘いコーヒーが飲めなくなって、ブラックに転向してしまうような、そんなちょっとした嗜好の変化が強くなってきてる感じがします。

こういう風に自分を追いつめて、それでも欲しい本ってのは、本当に自分に必要な本だと思うけど、そこまで思い詰めたい本にも、最近出会ってないですね。

一つは、イラストに騙されてみたいと思わなくなったからか・・・?

とりあえず、後2週間ちょいです。







最終更新日  2006/11/05 11:44:44 PM
カテゴリ:ライトな本

モノケロス=一角獣=ドリルでOK?



立木ヒロはお人好しの高校一年生。困っている人は放っておけない性格だ。ある日、ヒロは隣のクラスの美少女、麻奈が見知らぬ男に襲われているところを目撃する。当然助けに入ったヒロだったが、麻奈はなんと魔法を使って男を倒してしまった! このことは誰にも言わないでと口止めする一方で「あなたには冠(ケテル)の印がある」と謎の言葉を残して去っていく麻奈。翌日、ヒロは彼女が所属する「地域社会研究部」を訪れ、様々な疑問をぶつけようとするのだが――。消滅した東京地点、せまる「夢の少女」との約束の日。大地を揺るがす本格王国ファンタジー始動!!


遂に、電撃の国を去り、流浪の民となった伊都タソが新たなる土地・MF文庫Jにて、建国ですか!?



極悪非道ヒロイン

先生、偶然出会ったヒロインが最悪なんです。
ピンチに駆けつけてきた主人公を、いきなり囮にして逃亡しますか、あなた?

その上あっさりと敵を片づけちゃうし、主人公形無しじゃないですか?

しまいにゃ、主人公の自宅はぶんどるし、挙句に、家事手伝いをさせるなんて・・・。

もうなんかその、極悪非道っぷりには、笑えました。


男の浪漫満載!?

ごくごく普通の男の子が、偶然遭遇した、出来事をきっかけに少女と出会い。あれよあれよという間に、王国を建国してしまう話です。

学校に・・・。

部下をキリキリ働かせ、他国を侵略し、自国の繁栄を図るのが、王国建国!?

それが、男なら一度は夢に見る、自分の王国(ハーレム)作り!?

そして装備する武器は、やっぱり、男の浪漫・ドリル!?

魔杖の名前違うじゃんとか、突っ込んでみたかったけど、

モノケロス=一角獣=ドリル

納得出来ました。

とにかくそんな、男の浪漫が満載の作品です。

当面は部下にキリキリ働かされそうな主人公ですがねぇ・・・。


ルール有ります

巻末にルール説明ついてる小説なんて久しぶりに見ました。
大抵は、主人公の都合の良いようにねじ曲げられるのがライトノベルのルールなので、あってないような物が基本なので、大変珍しいです。
まあ、ルール解説はないにしても、厳密なルールを作って、主人公たちを逆にひどい目に遭わせるサド作品と言えば、「レジンキャストミルク」位な物です。
この辺は、ソードワールド世代でなくなってる現状では非常に珍しいかも?

とにかく、変な設定、変なキャラばかりで非常に楽しみなのですが、前の作品があのままポシャった様な気がするので、続きがちゃんと出るのか不安でいっぱいいっぱいです。




モノケロスの魔杖は穿つ
著者:伊都工平
イラスト:巳島
出版社:メディアファクトリー
発行年月: 2006年10月
サイズ:文庫/287p
本体価格:580円 (税込 609 円)



感想リンク
のべるのぶろぐ
Alles ist im Wandel
ラノベ365日
STAIRWAY 2 HEAVEN
booklines.net
平和の温故知新@はてな
天界7丁目







最終更新日  2006/11/05 11:30:08 PM
カテゴリ:ライトな本

一週間後に“スターライト”たちの能力発表会を控え活気づくレゾン学院。しかし能力値99の万年一般クラス人間である春日理刀には関係のない話だ。そんな理刀の耳に突然「キュート・フォンターナが学院の入り口で大暴れしている!」という不穏な声が飛び込んできた。急いで現場に駆けつける理刀。そこにいたのはキュートとよく似た外見を持つ、でもどこか冷たい感じのする美少女だった。そして後からやってきたキュートと少女がいきなりケンカを始めてしまって……。えっ、発表会で対決!? オレも出るの!? ドタバタ満載の異種間恋愛ファンタジー第2弾!!



能力がアレなんなけど、アレと違う

春日理刀は『混沌とした実在』(カオティック・リアル)の能力者。

――それが異能のモノなら、神様の奇跡だって(ry

とか、前回、スキュースの呪式なんか、高度なものという理由で消せなかったり、微妙に万能じゃないのが欠点。

故に、能力値99。

なんか、漏れてるんじゃないのか?

某『幻想殺し』のあの人に比べるとまだまだなんだよねー。

まあでも、プロテスも、ホイミも効かない能力ってのはある意味不便だよな。


スイート来襲

666人の姉のを持つキュートの666番目の姉・スイートが今回新キャラとして登場。続き物=とりあえず新キャラというのはワンパターン

数時間と、2cmだけキュートを上回るというちょっとお姉さん。<それはあまり変わらない。

故にか、キュートとは啀み合ってばかり。

そんな競争心を煽るきっかけになっちゃうのが、主人公の役得?

主人公に魔術が効かないのを理由に、{不凋花の唇}を試してみたり・・・。
それは本当に、実験なのか?<別な魔法がかかります。

うーん、こいつ何しに来たのかよく分かりません。

単に、三角関係にしたいから?

正直、長女スキュースも、なんの目的で前回あんな仕掛けを施したのか、三女リイザは何を忠告しに来たのか、いろいろと謎ばっかり残しちゃってるなぁ・・・?

魔界側は、何をもくろんでいるのか?<日本制圧?

うーん、考えれば考えるほど、複雑になってくる気がするんだけど、

やっぱりなんか、ラブコメなら三角関係だろ!?

とか、ちょっと恋に障害があった方がおもしろいやろ!?

とか、そんな感じの気もするな・・・。

でまあ、キュートにするか、スイートにするかって問題になるんだろうが、主人公的にはどうするつもりなんだろ?まあ、未だに未登場の姉が存在するわけで、シリーズが進むたびに、四角関係、五角関係と増えていくのもありか?

双子じゃない

ちなみに、数時間のタイムラグがあるが彼女たちは、双子じゃない。
今回登場した、刃哭(はな)さんは、スイートの母親であって、キュートの母親ではない。

つまり、腹違い。

魔界は、一夫多妻制か、多夫多妻制なんだよ!?

なんか魔界に婿入りすれば、キュートにするか、スイートにするかなんて考えずにハーレムエンドって手もあるのか?


まとめ

最大のウリであった、シャワーシーン解説の消滅の危機を、ドラゴンヘッドを失った主人公はいかにこのピンチを切り抜けるか?ドラゴンヘッドを失った地点で、主人公の価値観はゼロ

そこはやはり、読者のためにも主人公には一肌脱いで貰わねばなるまい。

つまり・・・、の・ぞ――うわ何をするやmdrfgtyふじこlp

そこに注目してたのですが、まあそれの課題はきっちりとこなしているので、問題ないですね。

むしろ、ラブコメとしては、そつなくこなしている感じではあるが、前回からのレギュラーキャラが、大幅に役立たずに降格してしまっているのはちょっと問題かと思った。

何のためのエースキャラなのか、某お方のLEVEL5だって、主人公の能力解説以上の働きをしてるんですから・・・。




きゅーきゅーキュート!2
著者:野島けんじ
イラスト:武藤此史
出版社:メディアファクトリー
発行年月: 2006年10月
サイズ:文庫/257p
本体価格:580円 (税込 609 円)



関連サイト
T2C(武藤此史)


感想リンク
SNOW ILLUSION blog
十七段雑記
Alles ist im Wandel
booklines.net
いつも月夜に本と酒
ウパ日記







最終更新日  2006/11/05 11:28:12 PM
2006/10/31
カテゴリ:物欲とかそんなの
なんか寝ようと思っていたら、メルマガ来てたので。


> ★シリーズ第3弾発売決定!
>   2007年2月10日発売<予定>
> 『図書館危機』


図書館シリーズ第3弾決定って、

もういきなり"危機"かよ!?

このペースなら、4巻は、"崩壊"とか、"壊滅"とかって言うタイトルになってそうですね。

で、5巻は、"復活"?

> 『連射王』<上><下>

久々に川上稔さんかと思えば、ハードカバー書くのですね。
しかも、やっぱり上下巻。orz

1月の新刊予定(2007年1月10日発売)

◇護くんに女神の祝福を!(10)
 著:岩田洋季 イラスト:佐藤利幸


◇とある魔術の禁書目録(インデックス)(12)
 著:鎌池和馬 イラスト:灰村キヨタカ

◇とらドラ4!
 著:竹宮ゆゆこ イラスト:ヤス

◇アスラクライン(6) おしえて生徒会長!
 著:三雲岳斗 イラスト:和狸ナオ

◇9S<ナインエス>VIII
 著:葉山 透 イラスト:山本ヤマト

◇れでぃ×ばと!(2)
 著:上月 司 イラスト:むにゅう

◇でぃ・えっち・えぃ そのなな!
 著:ゆうきりん イラスト:小宮裕太

◇ゆらゆらと揺れる海の彼方(7)
 著:近藤信義 イラスト:えびね

◇シリアスレイジ5 南溟奇譚(下)
 著:白川敏行 イラスト:やすゆき

◇骸骨ナイフでジャンプ(3) カルナバ島の悪魔スパイス
 著:阿智太郎 イラスト:宮須弥

◇ぼくと魔女式アポカリプス2 Cradle Elves Type
 著:水瀬葉月 イラスト:藤原々々

◇あんでっど★ばにすた!
 著:鈴木 鈴 イラスト:かなたろう

◇神様のメモ帳
 著:杉井 光 イラスト:岸田メル


<メモ>
「ぼくと魔女式アポカリプス」の2巻がようやく来ましたよ!?

もう打ち切りだと思ってた。

あと、「とらドラ4!」、「とある魔術の禁書目録(インデックス)(12)」辺りが堅いですね。
しかしここで、「連射王」なんて読んだら、確実に死ぬね。

どうしよっか?








最終更新日  2006/10/31 11:49:33 PM
2006/10/29
カテゴリ:物欲とかそんなの
ようやく、HDD買いました。HD-H250U2です。
タイミング良く、ヨドバシカメラで9,980円で投げ売りされていたからです。
ポイントが2,000ポイント近くついたので、結構安いと思います。

まあ、電源内蔵型なのでちょっとでかいですが、目立たない所に置いてますし、PCと連動して電源を切ってくれるのであまり気になりません。

まあ、XPの機動が遅い問題に関しては、休止状態にすることで解決したんですけどね。



携帯電話の話ですが、ソフトバンクの予想外キャンペーンが好評みたいですね。ヨドバシカメラでもソフトバンクコーナーに結構人がたまってました。
特に、他社の年間割引が引き継げるというのは、ナンバーポータビリティに火を付けた気がします。

で、システムトラブル起こしてたら世話ないけどな。

きっとそれも、予想外でしたで済ませるんでしょうけど・・・。

個人的には、J-フォン時代から使ってるので、乗換える気はないのですけどね。
個人的には、ゴールドプランははっきり言ってお得じゃないのですね。
他社や固定電話にかける事が多いので、結局超過料金が大きくなりますし。

オレンジプラン辺りが、妥当でしょう。
まあ、他社携帯や固定電話にかけた時の料金がどうなってるのか調査する必要がありますが・・・。

あと個人的には、他社よりも基本料金が200円安いというのは、

品質的に200円引きでちょうど釣り合うと考えるようにしてます。

どのみち、910SH狙いなので、まだまだ先ですが、

この端末もあと一年は使いたかったなぁ・・・?

あっそうか、プランだけ変えればいいか・・・。







最終更新日  2006/10/29 09:35:39 PM

全972件 (972件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 98 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.