611520 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

M’s Life

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

マンガの感想

2006/06/29
XML
カテゴリ:マンガの感想

きっ、期待なんか、全然してないんだからね!?



なんて言うか、創刊号は買ってみました。
つっ、次は買うかどうかわからないんだからね!?

なんか意外と薄い・・・。
週間少年ジャンプ並の薄さだ・・・。


でも、600ページ近くある・・・。
ふーん、紙が薄いのか・・・・。

エースは、近藤るるる先生なんでしょうかね?
と言っても、るるる先生の作品は読んだ事無いですが、何か?

「しはるじぇねしす」
なんか、まったりほんわりした内容ですね・・・。

「陰からマモル!」
なぜか第7話・・・。

と言うか、「コミックフラッパー」から、奪ってきたのかよ!

じゃあ、何で「神様家族」は奪ってこなかったのかよ!

「ゼロの使い魔」

書く人が違うという違和感をぬぐえないっす。

ルイズは、パンツ過ぎて、どうしょうも無い。
ぼく達は、パンツがみたい訳じゃなくて、ルイズのツンデレっぷりが見たいんだよ!?

はいてないように見える、兎塚氏に比べると、パンツ書く事でごまかすようじゃまだまだ修行が足りない。

「はぴねす!」

コミック化したときは、こ~ちゃ氏を挿絵担当にするコネクションの為だと思ってたんだけど、アニメ化が目的だったなんて・・・。

つまり、「はぴねす!」のノベライズが真の目的なんだよ!?

違うって・・・。

なんか、ライトノベルとエロゲーの連携感って強まる一方なんだけど

ラノベがエロゲの入門書になる日も近いって事か・・・。

まあ、その方面と、現行方面と、選択肢を増やすって事でしょうかね?

作品を、どうかと言われても・・・。

「かのこん」

絵師が違うと言う違和感以前に、このベタさを(ry

「蟲と眼球とテディベア」

絵師が違うと言う違和感以前に、


眼球にスプーン突っ込んだまま、微笑む


鈴音萌え!?



無駄にカッコイイ愚龍とか、やたらと怪しい蟲の人とかも、イイ!

眼球抉子の「お前の眼球えぐっちゃうぞ」も、イイ!

とにかくこの漫画家のコマの振り方の巧さが、なんとも言えない・・・。

とにかく、こいつは、コミック版が出たら買おう・・・。

とりあえず、後はどうでもいい。

なんか、後半に向かえば向かうほど、昭和の香りのするマンガがゴロゴロしてて、ちょっと辛かった。
元々、内容より、絵に拘るのが自分のポリシーなので、とりあえず自社ライトノベルをコミック化して、客を寄せようってのには、ちょっとついて行けないかな?

確かに、「コミックフラッパー」とは違う年齢層狙いなのは分かるけど、ライトノベルと違って、マンガって明らかに年齢層に差が生まれますね。

確かに、「パラケルススの娘」とか、「上等シリーズ」とかコミック化するにしても、この雑誌のターゲット層じゃない気がする。






最終更新日  2006/06/29 11:33:08 PM


2006/06/10
カテゴリ:マンガの感想
普通のマンガ雑誌には興味はありません。ツンデレ、ツンデレ、ツンデレ、ツンデレいたら私のところに来なさい。以上!?


と言うことで、6月27日創刊予定の月刊誌、「コミック アライブ」のプレビュー版を頂いてきました。


alivel



表紙は、兎塚エイジさんのルイズですね・・・。
と言うか、アニメ版も、コミック版も、果てしなく別人でついていけないのですが・・・。

イラスト付きのライトノベルのコミック化にあたっては、原作の絵師とコミックの絵師の違いのギャップを読者がいかに妥協できるかと言うのが最大の焦点になるのじゃないでしょうかね?


a_VFSH0012L.jpg


果てしなく別人のルイズ・・・。(ゼロの使い魔)


a_VFSH0016L.jpg


果てしなく別人のちずるさん・・・。(かのこん)

と言うか、「かのこん」のポジションは、ジャンプで言うところの「いちご100%」的ポジションな訳で、絵がどうとかはこの際どうでもいい気がするわけだが・・・。

むしろ、5割以上が、「いちご100%」と言うか、萌系のマンガ雑誌だから、インパクト弱い気がするんだけどなぁ・・・。


パッと見た感じ、「陰からマモル!」だけが、ライトノベルと同じ人が書いてるので違和感が全くなく、スクエニから引張ってきた「近藤るるる先生」共々、雑誌のメイン的存在になるんじゃないでしょうかね?


まあ、そんな中で個人的に予想外なのは、「蟲と眼球とテディベア」でしょうか・・・。


a_VFSH0015L.jpg


既に別人の「眼球抉子」が、なんかカッコイイ!?

むしろ、あなたが挿絵をやれ!?と言いたい位・・・。(暴言スマン)

日日日作品の中で、もっともコアなファン層を持っていると思われる、「蟲と眼球」シリーズですが、コレで新たな読者層を獲得できればいいなぁと思ってみたり・・・。

と言うか、一巻で挫折したけど、もう一度がんばってみたいと思い出してる所です・・・。


全体的にプレビュー版を読んでみた感想は、「普通のマンガ雑誌には興味はありません。」と言うところでしょうかね?確かに、自分が読んでるライトノベルのコミック化と言うのは気になる所ではあるのだけど、「蟲と眼球とテディベア」以外は、元の絵師とのギャップを個人的には埋められ無いと言うのが、正直な感想。

あと、全体的に見ても、普通のマンガ雑誌の普通の漫画家が、普通にマンガを書いてる様にしか思えないのよねぇ・・・。
確かに、日本人のマンガ市場はかなり凄いビジネス商戦になっている訳で、その1割でも読者を獲得できるのなら、メーカー的には万々歳なのは分かるのだけど、ちょっと個人的には魅力的なアイテムとは思えないのですよねぇ・・・。


まあ、私はあんまりマンガを読まないですし、好みのマンガは「エマ」とか、「ARIA」とか、シナリオよりも、絵の美しさにこだわる人ですから、普通のマンガを普通に読むのはなんだかつまらないんですよね。

真のライトノベル読者にとっては、コミックも、アニメも必要ないのですよね。
必要なのは、声優の声と、基本イメージの補完のみなのです。

つまり、アニメ版を見るのは、ハルヒがどんな風に話して動き回るのかだけ、後はそれを小説を読むときのエッセンスにするだけで他はどうでもいいのですよね。

まあ、「涼宮ハルヒの憂鬱」のアニメ版がヒットしたのは、そう思ってみていた読者に対しても、先と言うか展開を気にしてしまう様な作りにしたこと。(と言うか、あれはどう突っ込んだらいいか分からない)と、やはりその魅力で未読の読者層に刺激を与えられた所にあるんじゃないでしょうかね?


と言うか、さっさとラノベの感想やりなさい、俺。

<関連>

月刊コミックアライブ オフィシャルサイト








最終更新日  2006/06/10 11:52:52 AM
2006/04/08
カテゴリ:マンガの感想

圭一のいないひぐらしなんて、ひぐらしじゃないですよ!?


コンプエースで連載されている外伝のコミック版です。
外伝と言うからに、圭一とか、レナとか、魅音とか出てきません。

舞台も全然違いますし、ヒロインも公由夏美と、村長の親戚の方でしょうか?

なんて言うか、圭一のいないひぐらしなんて、ひぐらしじゃないですよ!?

雛見沢出身のごくごく普通の家族が、雛見沢で起こったとある事件をきっかけに、祖母が奇行に走り、家庭が徐々に崩壊されていく上に、大石蔵人、赤坂衛のひぐらしメンバーが登場し、特に大石さんがヒロインを追い詰める追い詰めると言うお話です。

つまり、時間軸的には、「暇潰し編」の後のお話になってる訳ですよねぇ・・・。

やさしかった祖母が、「オヤシロさま信仰」と言う狂気に走る様が不気味不気味。
登場してわずか25ページしか幸せが続かなかったヒロインが不憫でなりませぬ・・・。

スパイラスで不幸のどん底に転落していくヒロインを藤堂暁はどこまで救う事ができるのか?

2巻で完結と言う事なんだけど、オチが予想できる範疇なので、なんだかあんまり楽しみではないんですよね。絵のレベルは、描写が細かく、可愛いと思えるところは可愛く、不気味と思えるところは不気味にコマの割り振りも結構うまいんですけどねぇ、コミック版の他の3作を読んでる位じゃ訳がわからないという事と、むしろ読まなくても全然差し支えの無い作品であると言う事が、何よりも残念です。

あと、この惨劇は昭和58年ならともかく、今ならもっと安全な解決策が存在するので、なんでこうなるのかと言う疑問に陥りやすいと言うところもあると思いますね。

ぶっちゃけ、この人が「鬼隠し編」書いてくれたほうが良かった気がするんですけどねぇ、まあ出版社が違うから仕方ないですかね?




ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編(1)
著者:鬼頭えん /竜騎士07
出版社:角川書店
発行年月: 2006年03月
サイズ:コミック/180p
本体価格:580円 (税込 609 円)



関連サイト
07th Storming Party(竜騎士07)
床子屋電脳広報室(鬼頭えん)







最終更新日  2006/04/09 10:28:14 AM
2006/01/07
カテゴリ:マンガの感想
「ARIA 8巻」 天野こずえ

と言う事で、ようやくアマゾンから届きました!?

頼んでた本人は、すっかり忘れてましたが・・・。

と言う事で、記念撮影



ARIA-8




姫屋メンバーが中心なのは、自分が好きだからと言う訳じゃなくて、単に両者幅を利かせすぎていておくのに難儀しただけなのですが・・・。

まあ、両者そういうキャラだもんな・・・。


今回はと言う事で、長年愛用していたゴンドラとの別れ、アテナさん記憶喪失、とある人物の密かな恋が発覚!?、夏の風物詩怪談、暁さんの超必殺技が炸裂!?、浴衣で夏祭りと言う構成になっております。
今回はなんか、水面からゴンドラを眺めると言うモーションが加わっており、ますます腕に磨きがかかっておりますね。
惜しむのは、連載でカラーだった部分がモノクロになってる所でしょうか?DBとかそんなんより、コレの完全版読みたいですねぇ・・・。まあ、需要なさそうですが・・・。

アニメ版も、第2期の作成が決定した事ですし、今度こそはアル君にも、もう少し活躍させて上げでください。




ARIA (8)
著者:天野こずえ
出版社:マッグガーデン
発行年月: 2001年06月
サイズ:
本体価格:552円 (税込 579 円)







最終更新日  2006/01/08 11:21:47 AM
2005/12/22
カテゴリ:マンガの感想
ぶっちゃけ面倒なので、まとめて感想。

「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」 鈴羅木かりん

そもそも連載がガンガンパワードだからなぁ、他が5話で冊なのに対して3話で1冊だったりします。
それが原因の一つなのか、やや絵が崩れているとことか、多少見受けられますが、まあ、我慢できるレベルです。

その分、見開きページでの力の入りようはなかなかですなぁ。

特にレナのアレとか、見開きカラーですし・・・。



トラウマになりそうです・・・。orz



次で完結とはいえ、あそこまで進めちゃうとは、残りはどうする・・・?
まあ、でもアレがあってこそひぐらしのなく頃にですし、引きとしては丁度いいかな?


ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編(1)
著者:竜騎士07 /鈴羅木かりん
出版社:スクウェア・エニックス
発行年月: 2005年12月
本体価格:571円 (税込 599 円)


「ひぐらしのなく頃に 綿流し編」 方條ゆとり

個人的には、一番好きなシナリオなんですけどね、絵柄としては少女向けマンガっぽさがありますねぇ。魅音と詩音の板ばさみに合うラブコメっぽさを出すには丁度いいんだけど、圭一のイメージが少女漫画の主人公っぽいのは、ちょっとイメージが崩れている気がするんですよね。

なんていうか、清涼感あふれるイメージって、圭一には似合わないというか、もっとがさつな感じじゃないとちょっと個人的にはだめかなぁ・・・。

まあコレはコレで、圭一の脳内妄想が具現化してるので、それはそれで悪くないけど・・・。

完結編の折り返しが結構前なんだけど、大丈夫?


ひぐらしのなく頃に 綿流し編(1)
著者:竜騎士07 /北條ゆとり
出版社:スクウェア・エニックス
発行年月: 2005年12月
本体価格:571円 (税込 599 円)


「ひぐらしのなく頃に 祟殺し編」 鈴木次郎

これは当たりかもしれない・・・。
「壮太君のアキハバラ奮闘記」の方ですか・・・。
「カスタム・チャイルド」挿絵の方ですか・・・。

ややコミカルでデフォルメ調なパートと、リアル調のパートをうまく混ぜ合わせ、他の作品と比べると、1、2話のプロットが大幅に変更されていて、前半では出てこない富竹さんにベース設定を解説させたりと他を読んでない人にも入りやすいつくりになってますねぇ・・・。

あと、出てこないナース服の鷹野さんとか出てくるし、やっぱアレは公式なんですね・・・。

まあとにかく、圭一の口先の魔術師っぷりとか、コメディパートの演出が実にうまく表現されていて、大変満足です。

お弁当対決とか、亀田くんとか!?もうありえないっす。

特に、



沙都子が可愛すぎ!?




っていうか、沙都子の表情見てるだけで、昇天しそうになったよ・・・。

とにかく、



か・わ・い・す・ぎ!?




どうしようか・・・。

おっ、オレはまた、踏み越えてはいけないボーダーラインの前に立たされているのか?

・・・氏のう。orz

でも、次の巻で完結な訳ですが、これだけは3巻でもいいかなぁって気がするんですよ。
ってか、祭りすら始まってないような終わり方で、ページ数が足りるのか?


まあそんな訳で、「ひぐらしのなく頃に 祟殺し編」が個人的には大当たりな訳ですが、立ち絵が存在しない両親とか、富田くん&岡村くんのイメージは、共通っぽいし、このイメージが公式なんですね。

後半が楽しみと言っても、オチは知ってるからおのおの方がどういう演出をしてくれるかが楽しみです。


ひぐらしのなく頃に 祟殺し編(1)
著者:竜騎士07 /鈴木次郎
出版社:スクウェア・エニックス
発行年月: 2005年12月
本体価格:571円 (税込 599 円)








最終更新日  2005/12/23 01:46:30 AM
2005/12/19
カテゴリ:マンガの感想

新キャラ登場、世のお兄様方には賛否両論かな?


ピノッキオ戦を終え、第一部完といった所なのか、ここに来て、新キャラ投入ですよ、お兄さん。
いろいろと問題のあった、”1期生”に変わりより自由度の高さをコンセプトにした”2期生”の登場ですが、16歳で、160cmと、トリエラより年上じゃねぇかコレ?

世のお兄様方には賛否両論って感じでしょうか?

担当官のサンドロも妙に曲者だし、これからが楽しみです。
が、その分、既存キャラの出番が少なくなるので、実に複雑ですねぇ。

キリスト教では、自殺は罪な訳ですが、自殺未遂で公社の仕事に付いた彼女にとってここは、天国なのだろうか地獄なのだろうか?

まあ今回の巻は、以前よりちょっとだけ、やさしくなったジャンさんを見れただけでも満足です。




GUNSLINGER GIRL(6)
著者:相田裕
出版社:メディアワークス
発行年月: 2005年11月
本体価格:550円 (税込 577 円)







最終更新日  2005/12/19 10:48:01 PM
2005/09/23
カテゴリ:マンガの感想

冬、冬といえば、温泉ではないでしょうか?
とにかく、温泉サイコーーーー!!!

いろんな意味で・・・。


あらすじ
西暦2301年、惑星改造によって生まれ変わった水の星「アクア」。
その観光都市ネオ・ヴェネツィアを舞台に、
ウンディーネ(水先案内人)を夢みてマンホーム(地球)からやってきた15歳の少女、
水無灯里を主人公に優しくてちょっぴり切ない物語が広がります。

今回のコンセプトは、冬という事で、雪虫、温泉、年越し、謝肉祭と季節の風物詩が目白押しとなっております。

その上、火星の雪虫は、地球のものよりも数倍大きいというか、それは虫ちゃうやろうというくらいでかかったりする訳ですが、アリア社長こと、火星猫は、人並みの思考能力を持っている訳で、火星って不思議な星ですねと、常々思ってしまう訳です。

それなのに文化は、21世紀水準・・・。

しかしこのアリアカンパニーって、アリシアさんしか労働者がいないってのも凄いのですが、カリスマなのに、弟子が水無灯里だけって言うのも、なんだか不思議ですね。
わざわざ地球から来てるし・・・。

社長は、猫だし、不思議な会社だ・・・。

なんていうか、火星は地球よりも離れているので、1日は4時間だけど、1年は24ヶ月という設定になっており、コミックは、5話で1巻構成で一つの季節になっているので、連載2年で1周と言う発想は、よく考えたなぁとおもいます。
でも、地球上では2年経つ訳だから、この辺の年齢の考え方ってどうなってるんでしょうかね?

<参考>
TVアニメーション「ARIA The ANIMATION」公式サイト

ARIA(2)
著者:天野こずえ
出版社:マッグガーデン
発行年月: 2003年10月
サイズ:
本体価格:552円 (税込 579 円)








最終更新日  2005/09/25 11:54:19 AM
カテゴリ:マンガの感想

秋です、秋といえば、食欲?スポーツ?読書の秋?

それとも・・・?


あらすじ
西暦2301年、惑星改造によって生まれ変わった水の星「アクア」。
その観光都市ネオ・ヴェネツィアを舞台に、
ウンディーネ(水先案内人)を夢みてマンホーム(地球)からやってきた15歳の少女、
水無灯里を主人公に優しくてちょっぴり切ない物語が広がります。

まあめんどくさいので、毎回おんなじあらすじを載せちゃっているのだけどAQUAの純粋な続きで、この間から読み始めても、あまり違和感が無いというのがいいところです。

今回は、ネオ・ヴェネツィアの秋ということで、とにかく、落葉とか、夕日とかが美しく、洒落になってません。もちろん、ウンディーネの制服も、衣替えで、制服好きの人にも、十分満足していただける作品になっております。それは冗談ですが・・・。

観光都市ネオ・ヴェネツィアのヴェネツィア的文化、建造物やら、ゴンドラレースを交えながら、なぜか、日本文化である、お稲荷さんとか、日本語とか、どう突っ込んだらいいのやらという文化までミックスされていて、ヴェネツィアっぽいのに、なぜか日本っぽいところが合わさっていて、親しみやすさがあるのでしょう。

まあ、SF的な未来設定なのに、コンドラは手漕ぎなところとか、未来っぽさを感じさせないところにも、親しみやすさがあると思います。

<参考>
TVアニメーション「ARIA The ANIMATION」公式サイト

ARIA(1)
著者:天野こずえ
出版社:マッグガーデン
発行年月: 2002年10月
サイズ:
本体価格:552円 (税込 579 円)







最終更新日  2005/09/25 11:52:00 AM
2005/09/22
カテゴリ:マンガの感想

ここ最近、コレばっかり繰り返して読んでるから、他のペースが落ちがちになります・・・。


あらすじ
西暦2301年、惑星改造によって生まれ変わった水の星「アクア」。
その観光都市ネオ・ヴェネツィアを舞台に、
ウンディーネ(水先案内人)を夢みてマンホーム(地球)からやってきた15歳の少女、
水無灯里を主人公に優しくてちょっぴり切ない物語が広がります。

という事で、前回に引き続き、半人前になった水無灯里が、初めてお客さんを乗せる話をメインにしている訳ですが、掲載誌の廃刊に伴い、実質3話と、おまけ作品が3話と言う構成になっていたりします。
しかも、ARIAの2巻でも登場していないキャラが、友達という設定で登場していたり・・・。

前巻が水なら、今巻は光の描写にこだわった表現が映えます。
特に、夏の風物詩、風鈴、花火といった季節を彩る品々がとてもいいです。

でも、ここって、ヴェネツィアなんだから、風鈴は無いだろうと思っちゃう訳です・・・。

話は相変わらず、のんびりまったりしている訳ですが、今回は、太陽との距離が地球より遠い、火星での気候制御装置である、浮島と、そこで働く、火炎の番人<サラマンダー>と、AQUAもそれなりにSF的要素を徐々に紹介しだしてきた訳ですが・・・。

まあ、掲載誌が廃刊じゃ仕方ないよなぁ。
と、ここからは、ARIAに続く・・・。

<参考>
TVアニメーション「ARIA The ANIMATION」公式サイト

AQUA(2)
著者:天野こずえ
出版社:マッグガーデン
発行年月: 2003年10月
サイズ:
本体価格:552円 (税込 579 円)







最終更新日  2005/09/24 05:59:41 PM
カテゴリ:マンガの感想

なんていうか既に、10回くらいは読んだけど、全然、飽きない。


あらすじ
西暦2301年、惑星改造によって生まれ変わった水の星「アクア」。
その観光都市ネオ・ヴェネツィアを舞台に、
ウンディーネ(水先案内人)を夢みてマンホーム(地球)からやってきた15歳の少女、
水無灯里を主人公に優しくてちょっぴり切ない物語が広がります。

私の好きな漫画といえば、「エマ」、「GUNSLINGER GIRL」の二つをまず先にあげますね。

「エマ」は、メイドと貴族の恋愛を描いた作品で、「GUNSLINGER GIRL」は、少女が銃を片手に戦うアクションと、二つの作品にはジャンルに共通点がありません。

ただひとつあげるとすれば、

風景描写が実に見事という事でしょう。

という風に、私は、描写が綺麗なマンガが好きです。
ライトノベルなんかも、ほとんどイラストの良し悪しで決めてますから。

で、馬数翔のDairyTimesさんのレビューを見て思わず買ってしまったのが、ARIAという作品です。
ちなみに、AQUAは、ARIAの前の話になっていまして、2巻まで発売しています。
雑誌の廃刊とかさまざまな事情があるんですよ。

感想を書くのが面倒なので、コレコレを読んで頂けばいいのですが、

絵が動いているという表現がしっくりくるような実に見事な作品です。

もうね、凄いという一言に尽きます。
言葉では表し切れないような描写がなんともいえないですね。

AQUAの1巻で言うならば、地球からやってきた、ヒロインの水無灯里が、水先案内人の見習いから、半人前になる話でありますが、どちらかといえばまったりとしており、なびく風、透き通った水、幻想的な光の表現が実に見事に描かれており、そんなまったりとした物語を映えさせていると思います。

最近よく言う、癒し系ってやつですか?

むしろそんな単純な一言で片付けるのが勿体無いというか、おこがましいというか、なんかこう、とりあえず、萌えると書いておけば良いやみたいな、あんちょくな一言で片付けたく無い作品であります。

そんなこんなで、一気に気に入ってしまい、全巻購入決定してしまいました。
とにかく、「エマ」、「GUNSLINGER GIRL」に続いて、何回読んでも飽きないむしろ、気分転換に読むのにぴったりの作品ができてうれしい訳であります。

<参考>
TVアニメーション「ARIA The ANIMATION」公式サイト

AQUA(1)
著者:天野こずえ
出版社:マッグガーデン
発行年月: 2003年10月
サイズ:
本体価格:552円 (税込 579 円)







最終更新日  2005/09/24 05:58:00 PM

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

PR

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

NISA・iDeCoで確定申… 山田真哉さん

とりあえずやってみ… DODOCHIさん
小松茶屋 伊織貴瀬さん
楽天VIDEO:アニメ会… 楽天VIDEOさん
月 を 見 上 げ… 安斎 劉生さん
天界7丁目 立花みづきさん
読書とジャンプ むらきかずはさん

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.