559589 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

トシナルドの社会派コラム

2006年01月17日
XML
カテゴリ:政治・社会
ヒューザーの小嶋社長の証人喚問をニュースなどで見た。
前回の姉歯や木村建設、総研所長などの証人喚問の感想は証人喚問が軽いものに感じられたが、
今回思ったことは、あれじゃ証人喚問やっても意味がない

小嶋社長は質問の度に背後にいる補佐人(弁護士)を振り返り、
助言を求める。あまりの頻繁さに、野次が飛び、
委員長が「補佐人の助言は証言の拒絶に関することのみ」
などと注意すると、
「刑事訴追の恐れがあるので証言を控える」
を連発し始めた。

参考人招致と証人喚問の違いは
証人喚問ではウソついたら偽証罪に問われると言う事だったが
実際には「刑事訴追の恐れがある」と、
証言拒否を連発するだけだった。
たしかに権利として黙秘権みたいなものは認められるが、

証人喚問の最初に行った宣誓で、
すべてを明らかにすることを誓います。みたいな事(うろ覚え)
を言って、署名してるはずやのに
偽証罪恐れて言えません。と証言拒否されたら
証人喚問の存在意義もなくなってくる。


今回の小嶋社長の証人喚問で、
安倍晋三官房長官の政策秘書と小嶋氏との面会が発覚したが、

偽装発覚後の事なんてどうでもいい!!
偽装を指示したのか?責任は?
これまでの小嶋発言の信憑性について追求するべき

なのに、すべて証言拒否で逃げられ
さらにアホなのは、民主党が小嶋の手のひらに載せられ、

民主党は通常国会での与党攻撃の材料を手に入れた
と勢いづいている事。

アホかと言いたい。

民主党の前原代表は、
通常国会で安倍氏の政策秘書の参考人招致を
求めていく考えを表明している。

それに対し安倍晋三官房長官は、
「(小嶋氏が)飛び込みで『説明を聞いてほしい』
と事務所に来訪し、(飯塚氏が)話を聞いた」
と述べ、飯塚秘書が小嶋氏に会ったことを認めた。
そのうえで「私どもは一切小嶋社長と面識がない。
秘書も話を聞いただけで、国交省への働きかけなどは一切ない」
と強調し、小嶋氏との関係や問題への関与を否定した。

まんまと小嶋の術中にはまって論点がずれて行ってる。
民主党もやることが先にあるだろう!
偽装に至った経緯や、この舐められた証人喚問という制度の
見直しを第一に考えて欲しい。






最終更新日  2006年01月30日 13時33分10秒
[政治・社会] カテゴリの最新記事


PR

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

プロフィール


トシナルド

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.