558722 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

トシナルドの社会派コラム

2006年01月18日
XML
カテゴリ:シリーズもの
ライブドアが証券取引法違反の疑いで東京地検特捜部の
強制捜査を受けたことが連日ニュースで流れているが、
そこで問題となってるライブドアの錬金術の手法が、
「株式交換」「株式分割」だ。

しかし、株をやってない人、会計の知識のない人
にとっては、なんのこっちゃわからん。
と言う意見をよく聞く。

そこでこのブログでわかりやすく解説する事にした。

知ってる人は、それくらい知ってるわ。
知らん人は、ああそうなん。

程度に見て欲しい。

今回の騒動は、ライブドアが
本来は合法的な株式分割を大幅に行ったうえ、
虚偽の説明で分割後の株価をつり上げた。

という疑いが持たれている。

・まず株式交換による企業買収とは?
A社がB社を買収するとしよう。
と思ったが、そもそもA社とB社って言う言い方って
途中でどっちがどっちか、わからんくなるからやめよう

大手スーパー小さなパン屋を買収することにする。
とすると、スーパーは、パン屋の株主からパン屋の株を
買いしめないといけない。

パン屋株は全部で「一株あたり500円×1万株」
(=500万)発行されてたとする。
そこでスーパーはパン屋の株主に500万払って
パン屋の株売ってもらったらいいのだが、
現金の換わりに、自分とこの(スーパーの)株
あげるから交換してよ。
という。

スーパーの株価は「一株あたり2500円」とすると、
2500円×2000株(=500万)の株券を
パン屋の株主に渡したら、
パン屋の株主は売ったら同じ価値(500万)なので
まぁええよ。となる。


このやり方は1999年の商法改正で認められた。

スーパーの方の株価が高ければ高いほど買収がしやすい
(渡す株数が少なくてすむ)ことになる。

今回ホリエモンが責められてんのは、
株式交換で企業買収する際に、粉飾決裁したり
風説の流布(ウソの情報流す)したりして
自分の会社の株価を不当に吊り上げたんちゃうか?

と疑われてる。

スーパーがホリエモンだとしたら、
パン屋は2500円×2000株もらったけど
不当に株価吊り上げてなかったら、ほんまは
1000円くらいの価値しかないねんから
騙されて大損こいた事になる

しかも今回の騒動で上場廃止になれば
紙切れになる恐れも。

今回、ライブドア関連会社のライブドアマーケティング
(当時はバリュークリックジャパン)が、
出版社のマネーライフ社を株式交換で買収したこと
に絡んで強制捜査された。

この株式交換と言う行為自体は違法性はないんだが、
問題とされてるのは、偽計取引といって、
買収の時期をウソついたと言う事。

つまり、後で説明する「株式分割」の直前に、
既にグループ内に入っていたマネーライフ社を、
あたかも新たに買収するように装って発表し、
株価のつり上げを図ったのではないか
と疑われている。

ある会社を買収すると聞いたら、
おっ、この会社はこれから事業拡大していくな。
よし、株買うとこか。となるわな。
買いたいという人が増えれば株価は上昇する。

この株式交換と次回説明する株式分割とを併せて、
自社の株価を高くし、ライブドアは
次々にM&A(企業の買収・合併)を進めていった。

次回株式分割に続く。






最終更新日  2006年02月08日 09時24分39秒
[シリーズもの] カテゴリの最新記事


PR

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

プロフィール


トシナルド

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.