011052 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫にコバンザメクラスター@雅没徒真本家

変ロ長調

変ロ長調の交響曲
管楽器が使いやすいらしく
 古典派でもロマン派でも非常に作品の数が多い。
ハイドン
  交響曲第85番変ロ長調
  交響曲第98番変ロ長調
  交響曲第102番変ロ長調
モーツァルト
 交響曲第33番変ロ長調
ベートーベン
交響曲第4番変ロ長調
シューベルト
 交響曲第2番変ロ長調
 交響曲第5番変ロ長調
シューマン
 交響曲第1番変ロ長調
メンデルスゾーン
 交響曲第2番変ロ長調
ブルックナー
 交響曲第5番変ロ長調
  ドボルザーク
 交響曲第2番変ロ長調
こうやって見てくると 共通点がほとんど見当たらない
古典派の時代は 弦が鳴りにくいので地味な曲が多い
(下手に管楽器を入れると音響バランスが崩れるからか
も) 全体としても 一般的に人気のある曲ではなくて
渋めの曲が多いかもしれない

変ロ長調の協奏曲   
モーツァルトは27曲のピアノ協奏曲を書いているが
変ロ長調は5曲あり1番多い
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調K39
ピアノ協奏曲第6番変ロ長調K238
ピアノ協奏曲第15番変ロ長調K450
ピアノ協奏曲第18番変ロ長調K456
ピアノ協奏曲第27番変ロ長調K595
この中では 27番 が傑出していて
ダントツに演奏回数も多いが
他の曲もなかなかのもの
 ただ全体に淡白で平板な曲想が多い
終楽章の曲想には少なからず共通点があるようだ
27番は最後のピアノ協奏曲だが
ベートーベンの実質的に最初の
2番がやはり変ロ長調で
ベートーベン ピアノ協奏曲第2番変ロ長調
ブラームス ピアノ協奏曲第2番変ロ長調
ブラームスの2番は4楽章からなる長大な作品で
 名曲ではあるが聴くと疲れる
弦楽器の協奏曲では あまり使われないようだ
(モーツァルトのV協1番があるけど)

-POPでは女性ボーカルで好まれ 
ブラスを使った曲にも多い。

こころのたまご(Buono!) 
青春大通り(Berryz工房) 
ピーヒャラ小唄”(プリンちゃん) 
フィフネルの宇宙服(館林見晴)
若者たち(ブロードサイドフォー) 
ake-kaze(林明日香)
BE HAPPY 恋のやじろべえ(タンポポ)
手を握って歩きたい(後藤真希)
片想いはホットミルク(カントリー娘。)
P・R・S・E・N・T(松田聖子)
片想い(中尾ミエ))
としごろ(山口百恵) 
ねぇ!気がついてよ(桜田淳子)
悲しい妖精(南沙織) 
もう恋なのか(にしきのあきら)
愛あらばIT'S ALL RIGHT(モーニング娘。)
悲しい妖精(南沙織)
ホームにて(中島みゆき)
糸(中島みゆき)
風信子(松浦亜弥)


© Rakuten Group, Inc.