000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

映画は最後まで観る子のブログ

PR

カレンダー

楽天カード

2021.10.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し、火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。まさに神秘としかいいようのない地球外生命体の生態に驚がくする彼らだったが、細胞は次第に進化と成長を遂げ高い知能を誇るようになる。やがて地球外生命体に翻弄(ほんろう)され、宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始め、ついには命を落とす者も出る。助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは……。








​​​すべてはラストのどんでん返しまでの長いフリだよね笑​​







結構前に一度見た映画。




で、そのときの視聴記憶を辿りつつ再び観てみると、上記の感想が正直すべてのような気がしないでもない、、笑




いきなり発見した地球外生命体。人類初となる偉業を成し遂げた多国籍クルー達はこの生命体に、地球の子供たちが無邪気に命名したカルビンという名を付ける。最初は衰弱し、瀕死状態だったカルビン。だが、驚異の生命力で徐々に活発になりはじめる。誰もが期待反面、不安反面でその成長を見守り続ける中、ついに覚醒したカルビンはクルー達に凶悪な牙を剥くのだった。




、、的なストーリーです。






全体的に大人な雰囲気のしっとりした重みがあるんよ。




アメリカ、ロシア、日本(くらいかな?)からそれぞれ選りすぐりの精鋭達が宇宙ステーションにいて、それぞれがただただ自分たちの任務を全うしようと全力。身勝手な言い争いもなく、反目し合うこともなく、エキスパートが終始エキスパート然としてる。




ちょっと危機管理あまめだけど笑






カルビンの研究に熱心なあまり最悪の事態を招いたヒュー、カルビンを始末するために自ら危険をかって出たローリー、クルー達をそして地球を守るためカルビンと心中する道を選んだ船長、カルビンを道連れに自ら手を離したシュウ。




主人公デビッドもまた、カルビンと共に宇宙の藻屑となる選択をする。もともとデビッドは地球に嫌気がさしており、何かと生き急いでいる。死地を自ら選んだのだった。そして彼らの思いを託されたミランダはこの悲劇と勇敢なクルー達の存在を地球の人たちに伝えるため、救助艇に乗り込む。




ここまでは本当にいい物語なんよね笑





少し単調だけど。






で、ラストのどんでん返し、デビッドとミランダの軌道が逆になるっていうね。




しかも最後の最後までまるでミランダの救助艇が地球に不時着したかにみせかける憎い演出。唐突に流れる盛大かつおどろおどろしいBGM。実は地球にたどり着いたのはカルビンを伴ったデビッドで、壮絶な悲鳴をあげながらミランダは宇宙の彼方へと消えていく。




単なるSF映画でなく、バッドエンドなのがいい。




ミストもそうだけど、胸糞悪いバッドエンドの方がなぜか記憶に残ってしまう。



製作陣の掌で転がされてるなーとは思うけど笑

やっぱりスッキリよりモヤモヤ感の方がよく人間に記憶されるのかな。






むしろあのまま、ミランダが無事帰還するラストだったら、あまりにも普通すぎて見所ないかも笑






寒さに弱いカルビンが熱の灯火を抱きしめるように暖をとってたのが個人的なツボ。最初はアメーバだったけど、徐々に凶悪なエイリアンになっていく過程が面白い。カルビンは本当に賢いし。最後だってデビッドを簡単に殺せたのに、地球人たちに扉を開けさせるため、デビッドをわざと生かして彼らに助けさせようとしたんだし。(違うかな?)








主役はジェイク・ジレンホール演じるデビッド。ナイトクローラーとかギルティでもそうだけど、なんか癖のある俳優のイメージ。医者なのに自分を大事に出来ないのはなんか皮肉的。検疫官のミランダはレベッカ・ファーガソン。好きな女優さんの一人。普通に美人。ミッション・イン・ポッシブルが有名かな?個人的にはマダムフローレンスの愛人役。最初の犠牲者ローリー役はライアン・レイノルズ。意外と彼の作品は見た事ないかも。どちらかと言えば、スカヨハの元夫でブレイクライヴリーの現夫のイメージが強い。ハリウッド作品に出演してても最早なんの違和感もない国際的な俳優である真田広之もシステムエンジニアのシュウ役で出演。ほいほいと救助艇の扉に向かって行った
がために無用な惨劇を生んじゃったけど、まあご愛嬌ってことで笑研究熱心なあまりカルビンに命を与えてしまった学者役はアリヨン・バカレという俳優さん。そして宇宙ステーションの司令官である通称キャット役はオリガ・ディホヴィチナヤ。なんとなく名前からしてロシア人かな?役もロシアっぽいし、多分。自分が助かる道よりもクルーや地球を救う道を選んだ正に司令官の鏡。だが、彼女を踏み台にしてカルビンがべちゃっと扉に張り付く。まじカルビン容赦なさすぎ。







最終更新日  2021.10.20 11:27:53



© Rakuten Group, Inc.