284378 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

メキシコMexican!

PR

X

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

ザ・メキシカン

2009年05月18日
XML
カテゴリ:ザ・メキシカン


夕暮れ、商店の前で遊ぶメキシコの子供たち。

shouwa3 mexicomexican.JPG

塾など行かないし、そもそも無い。

「もやしっ子」という言葉もないぐらいたくましいメキシコの子供たち。


shouwa1 mexicomexican.JPG



子供が子供らしい国で、微笑ましい。





日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ








最終更新日  2009年05月18日 05時55分53秒


2009年04月25日
カテゴリ:ザ・メキシカン


昨日、またしても友達の家で「誕生日会」に参加していた時だ。

突然テレビで「明日はすべての学校は休校です」とのアナウンスが・・・。


「豚インフルエンザが流行っているので、人混みを避け、マスクを着用するように」

とのこと。


「ふうん、そうなんだ・・・」と、特に気にも留めていなかったのだが、一夜明けて今日、

私の周りでは、というか、知り合いのおばさんが、なぜか大変な騒ぎになっていた。

急におばさんから「ちょっと!!買い物手伝って!!」と言われ出ていくと、

軽くパニくっている様子。


なんでも、「政府関連会社に勤めている知り合いの極秘情報によると、

今日5時に、政府から豚インフルエンザについての報告があるらしい。

予想以上に大変な状況なので、薬屋に人が詰め掛け、薬は無くなるわ、感染は広がるわ、

というパニックが予想される。その前に、マスクと薬、水、ツナ缶を買わねばならない。」

ということであった。


気が動転しているおばさんは、親戚や近所の人に「薬買いなさい」「ビタミンCっっ!!」

と、車を運転しながら電話をかけまくっている。


で、結局、私や、息子の彼女をも巻き込んで、薬12箱、マスク50枚ゲット。

どこの薬屋も売切れ続出の中、何軒もまわってかき集めた成果だ。


おばさんは今朝病院に行き、腕の腫瘍が悪性かもしれない(ガン?)、と言われ

ショックで泣いていた。

が、突然サングラスをかけ、ものすごいスピードで車を飛ばし、「右側、薬屋探してっ!!」

と叫ぶバイタリティ溢れる様は、病人というよりチャーリーズ・エンジェルである。

っていうか、インフルエンザよりガンのほうを心配すべきでは・・・?


結局5時間ほどかけて、すべて購入完了。


チャーリーのため、いや、家族のために爆走するメキシコのおばさんは強い。

↓そしてメキシコのマスクは青色が定番。
mask メキシコMexican.JPG



日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ







最終更新日  2009年04月25日 15時05分44秒
2008年11月25日
カテゴリ:ザ・メキシカン

「あんたの探してた生産者、見つかったよ!!」

仕事でお世話になったメキシカンのおじさん、M氏から、突然メールが。



ある商品に関して、どうしてもその生産者を見つけることができずに

諦めかけていたのだが、たまたま見つかり知らせてくれた。


メールには、「息子もやっと退院することになって一安心だよ」と書いてあり、私もそれ

を見てあの時のバタバタした様子を思い出し、またほっとした。

仕事をしているとき、息子さんが大やけどを負ってしまい、M氏だけ途中で抜けて

病院へ駆けつけたのだ。



M氏と仕事をしたのは一日だけ。

また、見つかった業者を私に紹介しても、M氏には何のメリットもない。



ちょっと仕事で知り合っただけの軽いつながりなのに、年齢も国籍も超え、友達のように

親しくなり、突然助けてくれるメキシカン。


メキシカンとの人間関係の経験上、今度会う時はきっと家に泊めてもらい、息子さんにも

会えるだろう、と睨んでいる。


また一つ家族が増えたような、突然の出来事であった。



↓Mさん、ありがとう!!!
ojisan.jpg





日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ


ライフスタイル ブログランキング








最終更新日  2008年11月25日 14時47分41秒
2008年11月12日
テーマ:海外生活(7848)
カテゴリ:ザ・メキシカン


「ねえ、おばけの話ってないの?」と友人に聞いてみた。

日本の、例えば夜、京都の路地裏や、寺のそばを通るとき、大人になっても怖さで一杯だった。

が、メキシコの夜更けの道は、「強盗の恐怖」が先に立ち、お化けの存在など軽くかすんでしまう。



ところで、その友人が「俺は見た」と言う。



夜遅く、人の少ない地下鉄に乗った時、先住民の一家(両親とその子供たち)が乗り込んできた。

ひとしきり子供たちがはしゃいでいた。子供たちをたしなめたり相手をしてやるその両親。

「うるさいな」と思っていると、突然車内が静かになった。

「さては、降りたな」と思うも、あれ?駅にはとまっていない・・・。

どうやら、ふと消えたらしい。


車両を移動したのか?だが、メキシコの地下鉄は車両と車両の間は移動できない

仕組みになっている。

きつねにつままれた気分で周りを見渡すと、他の乗客も同じように「あれ?」という

顔をしていた。


「さっきまで、いましたよね、家族・・・」と隣に座っていた人に確認するが、

「そうですね、でもなんか・・・消えましたね」と、煮え切らない反応。

車内の乗客がざわつく。



後日、知り合いにその話をしたところ、「あー、そこ、家族のお化けで有名な路線だよ。」とのこと。


なんだか怖いような、怖くないような。

お化けではない、メキシコ独特の新手の不思議現象だったのでは?



とにかく、死んでも尚、家族の絆が強いメキシカンである。




↓バスをかたどったガイコツオブジェ。どことなくウキウキ感が漂う。
gaikotsu.jpg






日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ


ライフスタイル ブログランキング








最終更新日  2008年11月12日 09時34分35秒
2008年11月06日
テーマ:海外生活(7848)
カテゴリ:ザ・メキシカン


何事にもポジティブシンキングなメキシカン。

結婚はもちろん、離婚に関してもそのスタンスは変わらない。


「彼とけんかして離婚するかもしれない」と同僚に相談しようものなら、

すかさず「ちょうどよかった!今、離婚訴訟中の友人がいるの。

彼となら話も合いそうだし、つきあってみたら?紹介してあげる!」

とその場でデートをアレンジしてくれる始末。

なぐさめの言葉も、悩む間もなく会う羽目になる。


子連れ離婚、再婚も日常茶飯事だ。私の上司も、うちの社長も子連れ再婚者である。

ということで、上司の結婚式。

boda.jpg

二人の連れ子もお互いすっかり仲良くなり、共同生活者としてうまくいっている様子。

再婚同士でも、バンドを呼んで盛大に式を挙げ、満面の笑みで朝まで踊り明かす。


人生、山あり谷ありだが、とにかく楽しんでしまうメキシカン。

衣食住と健康さえあれば、年齢、世間体、仕事などはどうでもよい、

と言わんばかりに人生を謳歌しているから素敵だ。


↓2回目の「永遠の誓い」を行う上司。

boda2.jpg







日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ


ライフスタイル ブログランキング









最終更新日  2008年11月06日 11時11分19秒
2008年08月22日
カテゴリ:ザ・メキシカン

あまり知られていないが、メキシコはオリンピックでのテコンドーは強い。

メキシコのギジェルモ・ペレス氏が北京オリンピック・テコンドー男子58kg級で金メダルを取った。

おめでとう!!


で、実は私も2年ほどメキシコシティでテコンドーを習っていたのだ。(←本題)



ところで、「蹴り」の練習のときに、なぜかレントゲン写真を用意する先生。


ちなみにそのレントゲン写真は、どこかの試合で誰かがけがをした時に撮ったものと思われ、

骨が折れている画像である。


「ちゃんと練習しないとこうなるぜ」という戒めの写真か・・・?と思い身震いする私。


が、これは「蹴り」の練習のための小道具であった!


数人がそれぞれレントゲン写真を胸の高さに持ち、残りの生徒がその写真を蹴って、「蹴り」

の訓練をする。

蹴ったとき、いい感じの“パシャッ!!”という音を出さなければならない。


金メダルのギジェルモなどは、さぞや“パシッッッ!!!”とキレのあるレントゲン音を

響かせて訓練していたに違いない。










日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ


ライフスタイル ブログランキング








最終更新日  2008年08月22日 16時52分47秒
2008年08月21日
カテゴリ:ザ・メキシカン



↓この中の誰かも、ひょっとして私の友達の友達のまた友達かも知れない・・・。

IMGP0413.jpg


今日、メキシコ人の仕事仲間M氏からメールが届いたので開けてみると、

「大丈夫か?」という内容であった。何がって・・・


以下抜粋:

“最後まで読んでね・・・ではまた後で・・・


私は学んだ・・・人生はハードだ、が私はそれ以上に頑張り屋だということを!!

私は学んだ・・・走り続けるのをやめない限り、決してチャンスを失うことはない・・・

私は学んだ・・・みんな山の頂上に住みたがるけど、すべての幸せはそれまでの道のりにあることを。


(↑訳者注:こういう詩的な文章が10回ぐらい繰り返される)

今週は友情週間だ

このメールを君の友達全員に送ろう。これを送ってきた友達に送り返してもいい。

友情週間に幸あれ

このメッセージを転送したら、そこに見えるものは・・・信じられないけど、本当のことさ・・・

驚くだろうけど、本当のことなんだ・・・グッドラック”



つまり、「友情型チェーンメール」である。

この「友達にささげる応援の詩」の受信者が、またさらに自分の友達へ一斉転送、を繰り返し

た結果、友達、友達の友達、その友達の友達・・・のメールアドレスが100人分ほど表示

されてしまっている。


文章最後の“驚くだろうけど・・・”とは、この多くの転送履歴に記された“驚くほど多くの”

メールアドレスを見ることによって、


「君にはたくさん友達がいるんだよ」「みんなどこかでつながっているんだよ」


ということが確認できる「驚き」を示す。


中には会社の自分メール(企業名がしっかり入っている)まで使って転送を繰り返している

人もいるが、大丈夫だろうかと心配になる。


が、ここはメキシコ、おおらかな純粋さで「友達に贈りたいこの詩!」がモチベーションで

あり、悪用する人間はいない。


個人情報に厳しい日本ではありえない「オープンな関係」と「ラテンの熱い友情」が確認

できるメールでもある。


それにしても、メキシコ、オリンピックであんまりメダル取れてないなあ・・・。











日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ


ライフスタイル ブログランキング







最終更新日  2008年08月21日 17時49分58秒
2008年08月11日
カテゴリ:ザ・メキシカン


「“一日中何もしない”ことができるようになった」


友人、N氏の言葉である。ここ数年の中南米での田舎暮らしで会得した技だ。


が、田舎のメキシコ人は“何もしない”ことが簡単にできる



このように(右側、じいさんに注目)↓

メキシコの田舎.jpg


「ただ一日中座っている」その様は、瞑想、禅寺の修行を思わせる。


ある程度の都会で生活している人間にとって“一日中何もしない” ことは難しい。

本を読む、友達と話す、寝る、テレビを見る、スポーツをする、などなど、何らかの活動

をしてしまう。



「何もすることがない」から「何もしない」のか、そもそも「何もしなくてもいい」時間

というものが存在するのが人生か・・・?




・・・それとも「単に暑い」のか・・・?





日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ






最終更新日  2008年08月11日 11時48分40秒
2008年07月07日
カテゴリ:ザ・メキシカン


↓メキシコの赤ちゃんって・・・

赤ちゃん メキシコ1.jpg


すごく愛想が良いのは気のせいか?




ところで、夏は暑い。



↓ なのに、こういう赤ちゃんを見かける。

赤ちゃん メキシコ 毛布.jpg


毛布にくるまれすぎている


赤ちゃんを大きな毛布で包んで運ぶのがメキシコ流だ。


もちろん、ベビーカーもあるのだが、なぜか毛布も人気。


しかも顔まですっぽり包むので、「窒息しないか」「中は熱気むんむんなのではないか」

と心配になる。





繰り返すが、夏である。







日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ






最終更新日  2008年07月07日 11時21分30秒
2008年07月04日
カテゴリ:ザ・メキシカン


↓メキシカン・ファミリーの絆は強い。総勢11名でカリブ海旅行(ちなみに平日)

メキシカン ファミリー.jpg


“Mi casa es tu casa”というフレーズを聞いたことがあるだろうか?

「私の家は、君の家」という意味だ。



ちょっと知り合いになると、途端に“アミーゴ(友達)”になる。

そして、“アミーゴ”=“すでに家族の一員”と解釈するメキシコ人。



「転職したい」と言えば、私の履歴書を親戚や知り合いにばらまいて、転職の世話まで

してくれるアミーゴ。



まさに、“家族ぐるみでサポートしてくれる”のがメキシコ人だ。



ということで、メキシコ人の友人のいとこのC君がたまたま日本に遊びに来ている。



しかし、友人のいとこ、だ。


ハッキリ言って良く知らない。


が、“友人のいとこ”=“すでに私の家族”であることは間違いない。



「なにか困ったことがあったら連絡してね」とメールアドレスを渡すと、早速、


「今仙台にいます。ところで明日、北海道に行きたいんだけど、泊まるところがないです。」


と言う。



早速北海道の実家に連絡した上、スペイン語が話せる友人にも連絡。

地の利を生かした北海道ネットワークを駆使し、万全の態勢でC君の滞在バックアップに努める。



こちらも家族ぐるみでもてなすのは当然である。

C君はすでに、私の家族なのだ!



母は外国語は話せないが、勝手に“北海道在住の私の外国人の友達と、私抜きでパーティーを

繰り広げる”という特異な人間である。



実家にいるおばあちゃんも、“外人相手に、自分が今年100歳になることを自慢する”のが趣味だ。

(ちなみに今回C君に対し「今年102歳になる」とサバを読み、うそをついて悦に浸っていたとのこと)。





今日も、地球の片隅でこんな人間関係が繰り広げられている。







日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ






最終更新日  2008年07月04日 11時29分48秒

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.