000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

メキシコMexican!

PR

X

全6件 (6件中 1-6件目)

1

その他

2008年12月24日
XML
カテゴリ:その他


クリスマスと言えば、この花。

noche buena.jpg


ポインセチア。

メキシコでは「ノチェ・ブエナ(聖夜)」と呼ばれている。


意外と知られていないが、これは中央アメリカ、特にメキシコが原産だ。


だが、「クリスマスと言えばポインセチア」と世界中にイメージづけたのは

19世紀にメキシコに来ていたアメリカ人大使、ポインセット氏である。



ちなみにカカオも元々マヤ文明のものだが、世界中に出回っているおいしいチョコレート

を作っているのはベルギー人やスイス人だったりして、何となく悔しいというか、

商売っ気がないよ~、中央アメリカ人。


ところでスイス、リンツのチリ・チョコレート。

lindt.jpg


友人がヨーロッパからお土産で買ってきてくれたもの。


ビターなコクにほんの少しの辛さがアクセントとなり、うほ~っ!うまい。


って、チリもメキシコ原産だよ!


なんでこのチリ・チョコを作って世界で売らなかったのだ!メキシコ人よっっ!!!






エクセレンス・チリペッパー100g




日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ


ライフスタイル ブログランキング








最終更新日  2008年12月24日 09時13分04秒


2008年08月08日
カテゴリ:その他


このところ忙しかった。

というのも、日本で“メキシコ・レアもの物産展”を開催していたからだ。


夏だから“”というテーマの合同展示会ということで、他の出展者の方は

こんな作品↓

IMGP3097.jpgIMGP3053.jpgIMGP3087.jpg

貝殻の夏らしい手作り雑貨・着物の生地で作ったアロハシャツ・涼しげアクセサリー


IMGP3048.jpgIMGP3085.jpgIMGP3098.jpg

“波”をイメージした絵画・珍しい竹筆を使った書道で“波”に関する言葉・LA輸入洋服


を展示されていた。


が、“波”的なメキシコグッズがなかった私。


ちなみに私の出展物↓

barro negro.jpgbarro negro2.jpgmask.jpg

黒い陶器シリーズ・プロレスグッズ

gaikotsu.jpgIMGP2981.jpg

骸骨ネックレス・サボテンの壁掛け


などなど・・・。


・・・・・・・どこがテーマ“波”なんだっ?!



で、かろうじて、これ↓

IMGP2948.jpg

拡大↓

IMGP2950.jpg

白目がキュートな「夏らしくない毛織物」ではあるが、「魚がついてるから大丈夫」と

オーナーさんの快諾を受け、一応テーマである“波”に滑り込んだ。



ちなみにこちらでした。

Armor’s Pink Door

http://armors.newz.cx/index.html

来てくださった皆さん、ありがとうございます~!!



意外にいろいろ売れてびっくりであるが、徐々に“日本人・総メキシコ人化計画”を進めている。

すーさん※、こっちも計画頑張ってるよ!!


※すーさんとは:“日本人・総メキシコ人化計画”発案者。
 
メキシコ料理店“エル・ボラーチョ”の店長でもあり、アミーゴでもある。





日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ







最終更新日  2008年08月08日 15時57分03秒
2008年04月03日
カテゴリ:その他
海の中から撮影↓
222.jpg


「旅の醍醐味はねえ、安宿に泊まり、地元民と交流し、地元民と同じものを食べることだよ、君ィ」

と豪語していた私。


先住民に親しむうち、「贅沢は敵」であり、「贅沢は悪」とさえ思っていた私だが、

豪華ホテルで好きなだけおいしいものを食べてから、


「世の中、金?」


と、一日にして人生哲学を変える。



そう、結局私がいくら貧乏旅行しようと、本当に貧乏ではないのだ。

仕方なく、それしか選択肢がないからバスにしか乗れない、のではなく、あえてバス旅行や

安宿を楽しむのであり、ちょっと豪華なホテルに泊まったり、日本に飛行機で帰ったりする

お金はある。

つまり人生を楽しむうえで選択肢があるってことだ。

もし、本気でバスにしか乗れないお金しかなかったら、バス旅行は楽しめないのかもしれない。

きっと、「飛行機に乗る金さえあれば、12時間もバスに乗らずにすむのに・・・」と思う

だろう。


メキシコの問題は貧困だ。バスにしか乗れない人がたくさんいる。


一方日本はものがあふれ、極貧層はほぼいないが、仕事のストレスはメキシコより多いだろう。

金はあっても毎日12時まで働いて、やっと取った休みが3日だけっていう人生も、それはそれで

“時間貧乏”って気がする。


だからやっぱり、「世の中、時間と金のバランス」だ。


なんか、みんなが幸せになる世の中にならんもんかねえ、とか思いながら一人海を泳ぐ。



日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ



海外旅行なら地球の歩き方

海外旅行の最新情報







最終更新日  2008年04月03日 09時44分14秒
2007年12月05日
カテゴリ:その他


今日という日がこんな結末を迎えようとは思いもしなかった残念無念さを

ここに書くしかない。


今日は友達の考古学者のプレゼンを見に行き、昼御飯を食べ、お茶した。


そろそろ帰ろうと道を歩いていたら、日本人に声をかけられた。


「あの~、ハリウッド映画の実写版ドラゴンボールゼットの撮影をメキシコで

行うんですが、日本人のエキストラ募集してるんですよ~。

もし暇だったら来てください~。」



なぬ??ハリウッド映画の撮影??

監督は誰だ?ジョージ・ルーカスか?主演はニコラス・ケイジか??


「ブルマ役に抜擢されたらどうしよう・・・」頭の中はそれだけだ。


「アンジェリーナ・ジョリーを押さえてブルマ役。しかも悟空役はニコラス・・・。

・・・来年はセレブか?・・・」


↑これしか頭に浮かばない。


が!撮影の11日から22日はあいにく旅行に出てしまう自分。

カリブ海でのんびりしている場合ではないのは分かるが、一か八かのデビューの

チャンスにかけるほど人間ができていない自分との葛藤(約10分)。

やっぱりチケット買っちゃったしなあ~・・・。旅行、行くしかないなあ~・・・。



今日、一生に一度のハリウッドデビューのチャンスを逃しました。

(↑更にエキストラのバイト代も逃している自分も悔しい)








最終更新日  2008年06月09日 11時18分20秒
2007年10月04日
カテゴリ:その他
もし来世で犬に生まれ変わるとしたら・・・との考えが頭をよぎった。(なぜ?暇か??)


参考までにメキシコの犬事情を紹介。


一軒屋で犬を飼う場合、日本では“玄関入り口の横の犬小屋”が一般的かと思うが、

メキシコの下町では“2階のベランダ”とか“屋上”で飼われているケースが多い。


メキシコに来たばかりの頃、2階のベランダから犬に吠えられた。


その時は“自分より上に犬がいる”という不意打ちをくらい、とっさに 


"すごく大きな、しかも跳躍力が高い犬が思いっきりジャンプして飛び掛ろうとしている!"


という非現実的な状況を思い浮かべ身構えたものだ(多分私だけだろうが)。



さらに下町の犬は放し飼いが多い。

シェパードやラブラドルレトリーバー、ハスキー犬、またはそのぐらいの大型犬が

野放しで歩いている。その中には野良犬もいるとのこと。


下町に住んだ学生時代、地下鉄の駅に着くまでの約10分、

あたかも近所の老人やタコス屋のにいちゃんのように、普通にすれ違うなじみの数匹がいた。


その中でなぜか必ずペットボトルをくわえているボクサー犬。

(人間で言うとピザなどの宅配人ってかんじでいつも結構急いでいる。

この地区を担当しているような様子)


あるときは駅前で、あるときは角を曲がったところで、人混みにまぎれて小走りに走る

あの宅配ボクサー。


・・・あいつ・・・今頃どうしてるだろうか・・・。



写真は田舎の犬。


私を追いかけて屋根の上に上がってきた犬たち(それより私は屋根の上で一体何をしていたのか)↓

inu.jpg


田舎では比較的大きな犬を何匹か飼っており、自由に走り回っている。

田舎で鎖につながれた犬はほとんど見ないので、犬冥利に尽きる犬生が全うできる。

人間になつきつつ、野原を駆け回る様はムツゴロウ王国のようだ。

“これが犬のあるべき姿だな”と感慨深く、自然と目を細めて犬を眺める

(この時の私の目は、ムツゴロウさんのよくするあの細い目になっていたと想像していただきたい)。


都会の、高級住宅街の犬は割りと鎖につながれたチワワやパグなどで、

やはりよそ行きの服を着ている。高級住宅街、世界中どこでも同じか。


ちなみにこれが昔、食用とされていたメキシコのアステカ犬↓

azteca inu.jpg


無毛が特徴。これは動物園で撮ったもので、今は一応保護されている様子。街中ではほとんど見かけない。


来世で犬に生まれ変わるとしたらやはりチワワか?

チワワなら世界中どこでも贅沢して生きられそうだ(いわゆるヒルトン嬢、

歌舞伎役者の娘系)。


アステカ犬は、今は良いが今後情勢が変わればまた食われるかどうかわからない

(・・・ユダヤ系?)。


田舎のレトリーバーなんかちょうど良い人生送れるんじゃなかろうか

(結局庶民が一番か?)。



こんなことを考えている暇があったら“いまさら人には聞けない質問650”

を読んだほうがよっぽど身になると思う。









最終更新日  2009年02月21日 11時39分58秒
2007年09月19日
カテゴリ:その他






最終更新日  2007年09月20日 05時32分21秒

全6件 (6件中 1-6件目)

1


© Rakuten Group, Inc.