284376 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

メキシコMexican!

PR

X

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

これは何か?

2009年05月09日
XML
テーマ:海外生活(7848)
カテゴリ:これは何か?


さて、写真はぶれているが、これはいったい何を売っているのでしょう?

crema メキシコMexican!.JPG




正解は「クリーム」。

顔につけるクリームだ。

メキシコの市場を歩いていると時々見かける光景。


ビタミンC入り、とかココナッツオイル入り、とかで、しわがとれる、肌がよみがえる、

と効能をうたっている。

が、その大きなバケツに直接!?そして、おもむろに取り分けて販売!?

うーん、大胆不敵なメキシカン。

このタイプの「バケツにて販売」は、洗濯用洗剤、シャンプーなどの販売にも用いられている。

ちなみにおばちゃんたちがよく購入している。

店で売っているニベアとかロレアルなどのメーカーのクリームに比べてかなり安いとは

思うが、使うのはちょっと怖いような・・・。



でも・・・せっかくだし・・・一度試してみるかな・・・。





日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ






最終更新日  2009年05月09日 09時33分25秒


2008年10月22日
カテゴリ:これは何か?


「メキシコに行って辛い料理を食べないのは、

エジプトに行ってピラミッドを見ないのと同じである。」
(by私)




トウガラシの原産国メキシコ。

国民の80%がカトリック信者だが、激辛信者はほぼ100%に達する。

それほどまでにすさまじいトウガラシ信仰。



ところで、食べ物が「辛い」というのは、「非日常的なサプライズ体験」

であり、「食の冒険」でもある。

ニューヨークで自由の女神を見物する感覚で、辛いタコスを

ほおばるのがメキシコ旅行の王道ではなかろうか。




ただ、辛いものがどうしても苦手、という旅行者もいるだろう。

大丈夫だ。

トウガラシ王国、メキシコにはこんなアイテムもある。


jabon chile.jpg


トウガラシ石鹸だ。

これは、石鹸タイプのシャンプー。

「育毛をサポートし、フケを防ぐ」と書かれている。

確かに日本にもトウガラシエキス配合のシャンプーはあるし、

トウガラシ成分が育毛に良い、とも言われている。




「エキス?成分?それ少なすぎル!ど~んと辛いのを

混ぜなきゃダメヨ、アミーゴッ
!!」



そんな大胆不敵な発想で作られたトウガラシ石鹸。

「辛い食べ物が苦手だが、メキシコを堪能したいハゲに悩む方」

にぜひトライしていただきたいメキシカンアイテムだ。



「こうやって、庭にど~んと干すのヨ、アミーゴッ!!」

chile.jpg






日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ


ライフスタイル ブログランキング







最終更新日  2008年10月22日 09時41分37秒
2008年07月02日
カテゴリ:これは何か?



メキシコには便利グッズやアイデアグッズが少ない。

アジアからの便利グッズ、例えばスペースを取らない靴箱とか、トイレや洗面所につける

突っ張り棒などは、まれに高級住宅街のマイナーなセレクトショップに一個だけ売ってたり

するのだが、べらぼうに高い。


だから、アジア製の便利グッズはメキシコではほとんど買ったことがないが、

つい買ってしまった。


これ↓

エンパナーダ.jpg


「餃子製造マシーン」


でもこれ、本当はアルゼンチン食材店で買った「エンパナーダ製造マシーン」だ。


アルゼンチン料理のエンパナーダは、パン生地に味付きひき肉を挟み、半月型にして油で

揚げたもの。


しかしこの機械、構造は餃子製造マシーンと同じだ。


表記は英語なので、アメリカ製らしい。ただ、明らかにエンパナーダ用ということは、

一度アルゼンチンに渡ったであろうこの製造機。



「両親はアメリカで生まれ、その後一家でアルゼンチンに移住。そこで私が生まれ、

日本語はあまり話せない。今は単身、メキシコの日系電機メーカーで働いてます。」


海外で生まれ育ったにもかかわらず、その体の中に、アジアの“便利さ・性能を追求する

勤勉ぶり”を宿し、異国で頑張っている―そんな日系人にふと出会ったような、どこかで

つながっているような懐かしさ。


この製造機のアイデアがアジアで生まれたものなのか、アメリカで生まれたものなのかは

定かではないが、妙に親しみのある半月型に波打つ綴じシロ・・・。


う~む、やはり同じアジアの血が流れているのではないだろうか、このマシーン。


そんな郷愁に誘われ1000円も出して買ってしまった。


しかし、大・中・小とあり、小が日本の餃子サイズ。さすが外国製、サイズが全般にでかい。


大は、片手ぐらいの大きさだ。



・・・巨大餃子を作るしかない。






日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ






最終更新日  2008年07月03日 00時21分04秒
2008年06月11日
カテゴリ:これは何か?



ふとメキシコの道端を歩いていると、


「おおっ!ひっさしぶり~!懐かしいなあ・・・。最後に会ったのって、小学校の身体測定

の時だったよなあ・・・っていうか、こんなところで何してんのよ?」


という物体に遭遇した。


これ↓

IMGP0394.jpg


レトロな体重計。


たまにぽつんと駅前に、裏通りの店の横に、そしてバスターミナルに出没する。


貧富の差があるメキシコ、“一家に一台体重計”はそれほど普及していない。



私もメキシコに来たばかりの時、体重計を持っていなかった。当然だ。

留学・勉強のために来たのであり、体重を量りにメキシコに来たわけではないからだ。



メキシコに来て2年ほど過ぎた頃、ふと“体重”の存在を思い出し、駅前で友達と量ることにした。


1ペソ(11円)を投入し、台の上に乗りこみ、息を止める。

乗った瞬間、針の行く末に集中するあまり、周りの雑踏が聞こえなくなり己の世界に入る。


自宅で量ると何でもない行為なのだが、お金を入れて、大きな機械で人前で体重を量る、

というのは、ひとつの挑戦であり、イベントでもあるのだ。


針が止まる。


大きく息を吐きながら台を下り、「特に太ってなかった!」と、満面の笑みで友人に喜びを報告。


「また会おうぜ、体重計よ!」と捨て台詞を残し、体重の話題に花が咲く友人と私。



やっぱりメキシコ、どことなく昭和の懐かしい匂いがする。






日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ


海外旅行なら地球の歩き方










最終更新日  2008年06月11日 10時43分55秒
2008年02月08日
カテゴリ:これは何か?

明るく陽気なイメージのメキシコ。

意外と知られていないのが、メキシコには占い・祈祷グッズが溢れていることだ。

願いを叶えるため、病気を治すために“Brujo(ブルホ:直訳すると魔術師)”のところに行き、

各々の悩みを解決してもらう。

Brujoは日本でいう祈祷師、イタコのような存在と言える。


そのBrujoは、都会でひっそり個人事業をしているタイプと、口コミで広がっている山奥の先住民、

いわゆるBrujoの末裔タイプがある。


悩みのタイプによって、例えば“相手の髪の毛、卵、トカゲのしっぽ、鶏の羽を持ってきなさい”

などと言われる。

「トカゲのしっぽなんて、どこで手に入れるの?」についてだが、ちゃんと祈祷グッズが市場

で売られている。


それにしてもこの21世紀に、ほんとにそのBrujoに相談したりするのか?と思って周りの友達

に聞いてみたら・・・

1.28歳男性:離婚して5歳の娘を元妻に取られた。僕はどうしても娘を取り返したかったので

 Brujoに相談に行った。祈祷してもらい、Brujoのおかげで今は娘と暮らしている。

2.40代主婦:息子が小さいときに癇癪持ちで常に奇声を発し、手に負えなかった。

 Brujoに相談に行き、生卵などを使って悪霊を追い払ってもらったところ、3回目ぐらいから

 おとなしくなり、今は普通に育っている。

3.30代女性:会社の人間関係に悩み、Brujoに相談。Brujoは同僚・上司の背格好をピタリと当て、

 分析してくれた。


と、意外と利用しているらしいことがわかった。もちろん、まったく信じない、と言う友達もいる。


ところで、関連してこれ↓
candle.jpg

旅の途中の健康グッズ屋さんで見つけた「黙らせるろうそく」。

絵が昔のホラー少女漫画のようで何となく怖い。“へび女”の一場面?

続いてこちら↓
candle3.jpg

ネガティブさに拍車をかける「憎悪のろうそく」がガイコツのイラスト付きで売られている。

日本でいう「ワラ人形」か。


ポジティブグッズとしては↓
candle2.jpg

「永遠に愛されるための水」・「インディアンのハーブ水」・「道を開くための水」もある。

いずれにしろ、絵が古いのが特徴だ。



健康グッズ、いわゆるサプリや軟膏、お茶などを売っているお店なのに、「黙らせるろうそく」

までも販売。

健康=とにかく手段は問わず個々の願いがかなった幸せな状態、と解釈しているのだろうか?





日本で本格メキシコ料理を味わうならここ!
お友達スー店長のお店エル・ボラーチョ



海外旅行なら地球の歩き方

海外旅行の最新情報







最終更新日  2008年06月09日 11時04分19秒
2007年12月23日
カテゴリ:これは何か?

この間、世界憧れの州ナンバーワン(わたしの中で)のメキシコ・チアパス州に行ってきた。

なぜそんなに憧れていたかというと、チアパス州はメキシコの中でも比較的先住民が

昔ながらの生活スタイルを守って生活している貴重な場所だからだ。

メキシコシティなどの大都市の様子は、他国の大都市とあまり変わらない。

デパートもコンビニもスタバもある。果たしてチアパス州はどうか?

世界ウルルン体験記みたいな世界が広がっているのだろうか??

メキシコ人でも驚くチアパス先住民の生活を見に行く目的でメキシコシティから長距離バス

に乗ること約12時間。

バスに乗っていると霧に煙ったジャングルが出現。どうやらチアパス州に入った様子↓
jungle.jpg

古い町並みが続く美しいチアパス州の町、サン・クリストバル・デ・ラス・カサスの朝↓
city sc.jpg

そして憧れの州ナンバーワンのもうひとつの理由。

私がメキシコに来た8年前、チアパス州および州に入る国道にゲリラが出現し、バス旅行

などは危険、といわれていたため旅行を控えていたのだ。

メキシコで最も貧困層が多いといわれている先住民の住むチアパス州のサパティスタという

ゲリラは皆黒い頭巾をかぶっている(目だけ開いているスキー帽のようなもの)。

先住民(主に農民主体)が農民の生活向上のために組織したゲリラだ。


今はゲリラの動きも落ち着いているため「・・・機が熟した(私の中で)・・・」と踏んで

旅行を決行した。

ところで年末、メキシコではキリスト誕生の様子を人形で表す風習があり、街のいたる

ところに人形が飾られるのだが、チアパス州ではキリストもゲリラ帽をかぶっている↓
guerrilla.jpg


生誕を見守るのもまたゲリラ・・・。

歴史の解釈は人それぞれ、というところか?


銃を持って黒頭巾をかぶったゲリラ人形などもおみやげとして売られているぐらい、

チアパスのゲリラは地元でも人気だ。








最終更新日  2008年06月09日 11時14分33秒
2007年11月12日
カテゴリ:これは何か?
特にやることがない休日=コヨアカンに行く、ということで、またまた昨日行ってしまった。

いつものように出店が並ぶコヨアカン↓

こよあかん.jpg

こよあかん3.jpg

ちなみに“コヨアカン”とはこの辺りでかつて興隆していたアステカの民の言葉

(ナワトル語)で“コヨーテの住む場所・家”を意味する。

※今この広場にコヨーテはたむろしていない。


市場・出店がウリ、のメキシコだけあって、地方部族の手作りアクセサリーなども

売られている。民族衣装のおばちゃん。↓

民族出店.jpg


ところで、新・旧文化の商品が入り乱れて売られている出店群だが、刺青もやってくれる。

これ↓

刺青.jpg

キューバ革命家、チェ・ゲバラ刺青もあってお得だ。

そして、外国に良くある「間違った漢字シリーズ」もある。

どうやら中国語で各星座を彫ってくれるようだ。私はみずがめ座なので「宝瓶」らしい。

一応オンライン辞書で調べてみると中国語でもそのまま「水瓶座」だがどういうことか??

合ってるのか?中国語学科卒業の人、急いで教えててほしい。

ところで、他の星座は?と拡大してみると・・・↓

刺青拡大.jpg

かに座が「癌(ガン)」になっている。病名?

一応オンライン辞書で調べたら中国語で「かに座」は「巨蟹座」らしい。

英語の“Cancer(かに座)”を調べたら同音異義語の「Cancer=癌」が出てきてしまった

様子。


「癌座」・・・。


六本木で腕に「癌」と彫られた外人を見かけたら「何癌ですか?胃がん?肺がん?」

などと聞かずに、「Youは、かに座?」と聞いてあげるべし。

きっと「Si !!」と答えるだろう。ここで彫ったメキシコ人だ。









最終更新日  2007年11月14日 07時46分52秒
2007年10月13日
カテゴリ:これは何か?
日本だと、とりあえず食べ物の味付けはしょうゆとみりん、というイメージだが、

メキシコではチリと塩、で辛く仕上げるのが王道。


で、今日買ったのが、


グサリン↓

グサリン.jpg


メキシコにはリュウゼツランという植物があり、その植物からメスカルというお酒を作る。

リュウゼツランにはグサノと呼ばれる虫(芋虫)が棲息する。

その虫がそのまま入ったメスカル酒も売られている。


これはその虫を乾燥させ粉末にして、塩とチリパウダーとを混ぜたミックススパイス

(スパイス???)。


グサノ虫からできてるからその名もずばり“グサリン”。

かわいいネーミングだ。


表記には

“グサリン

グサノの塩

フルーツ、サラダ、メスカル、テキーラ、ビールまたは様々なカクテルのお供に最高”

と書かれている。


・・・そうか~、フルーツのお供か~・・・。あと、サラダもね~・・・。


”芋虫とフルーツ、芋虫とサラダって、組み合わせ的にはなんとなく合ってる

気がする”という人間の深層心理を突いたメーカーさんのマーケット戦略に脱帽。

担当者はハーバードMBA出身か?


中身はこれ↓

グサリン2.jpg


味は、チリパウダーが入っているので辛い。

塩も入っているのでショッパイ。

グサノが入っているのでグサノっぽい。

っていうか、なめたらちょっと“ざらっ”っとしたものが口に残る。

多分これがグサノか?

グサノの殻??そして味わったことの無い昆虫臭(ほろ苦くて緑っぽいイメージ)が・・・。


特においしいわけではないが、たんぱく質とかの栄養は混じっている様子。

日本のカイコ系??


メキシコでは実際、パパイヤやメロンにチリパウダーと塩などをかけて食べるから、

やはりフルーツのお供にグサリン、もいけるのだろう。


このほかにバッタのチリパウダー入り塩っていうのもあった。

迷った末に(迷うな!)グサリンを購入。


日本のイナゴなども粉末にして青海苔・塩とまぜてサラダにかけたらどうだろうか?


・・・味の素のイナゴン??


あ~、もしかして今、世の中にすっごいビジネスのアイデア公開しちゃったかもしれない・・・。






最終更新日  2008年10月21日 22時58分16秒
2007年10月08日
カテゴリ:これは何か?
久々に地下鉄に乗った。

メキシコの地下鉄では様々なものが売られている。

スナック菓子、ハサミ、英語の本、電卓、DVD(パイロット版)、かみそり、シール、ボールペン、針と糸、等の売り子が入れ替わり立ち代り車内に現れては一駅で降りていく。日用品は車内で安く手に入る。どれも50円から100円。

地下鉄はどこまで乗っても約30円程で、庶民の足として市内の主な場所を網羅し、大変便利だ。

駅構内にも様々なものが売られている。新聞、駄菓子、などがそうだが、たまにこういうものも売られている。

ポスターだ↓
メキシコ ポスター1.jpg

これはアイドルのポスター。

このグループ(真ん中と左)は、日本で言うところのジャニーズ系男子と

モーニング娘系女子の歌って踊れる混合グループ。

13~16歳が対象と思われる。ただ、グループ名が“Rebelde(反抗)”というだけあり、

やはりちょっと反抗的な感じがする。

80年代とも90年代ともつかない服装のような気もする(ちなみに今2007年)。


代わって右側はさわやかな天然パーマの青年。メキシコ版往年のマッチ?(ちなみに今2007年)



そんな“反抗”のポスターの横には、これ↓

メキシコ ポスター2.jpg


“反抗”をいさめるためか、キリスト教。流れる血がリアルだ。メキシコはカトリックが大半を占める国。

バスやタクシーの運転手は、運転席によく十字架を下げていたり、

キリストのミニポスターを貼っていたりするので、意外とメジャーなキリストグッズ。

スーパーにもマリア様やキリスト様のろうそくが売っており、おばちゃんなどは、

家の台所などで一晩中ろうそくに灯を点している(本人は寝ているが何か意味が

あるらしい)。



さらにこのポスター↓

メキシコ ポスター3.jpg

アメリカのマンガ、“ザ・シンプソンズ”のメキシカンバージョン

なのか、メキシカンハットをかぶり、ひげまで・・・。

ザ・シンプソンズはメキシコのテレビで毎日やっているだけにメジャーだが、

どことなく不気味だ。

これは誰が、どこに貼るために買うのか見当がつかない。

私にとって「買いたい!」という気持ちが一切沸かないポスター。


“地下鉄”だけをネタにしても一冊の本が書けそうなメキシコ。

そして、ロジックでは説明できない趣味もまたメキシコの醍醐味だ。






最終更新日  2008年06月10日 16時49分30秒
2007年09月22日
カテゴリ:これは何か?
9月20日の壁飾りの日記についての感想が母からメールで届いた。


<人形の左から3番目ちーににていますね。やすかったら買ってもってきて!


とのこと。


そしてすぐさま2通目のメールで、


<右から3番目の人形でした。

<にてるでしょう。


との訂正がわざわざ入っていた。


左でも右でもいい、1通目でも2通目でもいいが、

どの人形にも似てたくない!!


”似てる”って・・・。


しかも”買ってきて”って・・・。壁に飾るつもりか?









最終更新日  2008年06月10日 17時03分10秒

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.