000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ぎんぺーじ

秋田 満喫 ツーリング

  秋田 満喫 ツーリング  2004年5月21日~23日


珍しくバイトで2連休がもらえたので秋田に行く!とはいえ普通の週末の休み けっこうハードスケジュールだ・・

21日午後
学校から帰宅した僕はいつものように近所のガソリンスタンドにバイトに行く。
夜7時バイト終了・・家に帰りメシを食い風呂に入る。久しぶりの「一人お泊りツーリング」なのでちょっと緊張・・そして夜8時出発!
新潟港に向かう、秋田まではフェリーを使うのだ。9時半ごろフェリー乗り場に到着。出港は深夜11時40分 まだ時間があるのですこし寝たり、ほかのライダーのバイクを見物したりしていた。原チャリは俺だけだ・・・
そしてフェリーに乗る、秋田到着は翌朝6時 おやすみ~~

22日
秋田到着!フェリーを降りて走り出す するといきなりどしゃ降りの雨が降ってきた!でもすぐ止んだ。
途中、休憩してたら地元のおじさんに話しかけられた、その人としばし雑談。
そして男鹿半島に向かう、なまはげラインをひた走る 道は急で工事が多かったが
海を見下ろせて眺めは良かった!
秋田キタ━━!!  入道崎
順調に進み入道崎に到着!けっこう最果て感があってちょっと感動・・・
その後男鹿半島の内陸を進み寒風山に向かう、草原の山でこれまた絶景!かなり爽快だ!
寒風山
寒風山を下り八郎潟へ、北海道級の直線道路を期待したが何故か迷子になりあきらめた(+o+)
その後R7~R13をひたすら走りの湯沢市の川原毛地獄に行く。川原毛地獄は日本三大霊山である。う~む おもしろそう!
川原毛地獄への道はかなり細かった。それにけっこう気味悪いかも・・・・
何がともあれ到着。くせ~~~!硫黄くせ~~~! 荒々しい岩山…まさに地獄…でもけっこう感動した!
しかしなぜこんな山ができるのだろうか?不思議である・・・
近くには「三途川渓谷」もあった。
川原毛地獄  川原毛地獄


そこからR108をひた走り、再び日本海へ!象潟町にある「湯元荘」に泊まるのだ。
途中ガソリンスタンドによる、するとGSのおじさんが話しかけてきた。さすが秋田!言葉がなまりまくっていた!でもなんとか会話は出来た(^^ゞ
その後 矢島町から象潟へ行くため鳥海山ふもとのパノラマラインとかいう道を通った。そこで見た夕焼けにこれまた感動!
夕暮れ… 本当はもっときれいでしたm(__)m

そして宿到着。初めて一人で宿に泊まった!一夜限りの我が部屋、野宿の1億倍快適だ!!
でも一人ぼっち、ちょっとさみしかったなぁ(~_~;)


23日
朝7時ごろ宿出発 宿は快適だった!  天気は快晴♪いざ鳥海山へ!
鳥海山ブルーラインに向かい走行中、いきなり僕の目の前を謎の生物が飛び出してきた!!ビックリして跡を追ったが、その生物は草むらに姿を消した。すると近くにいたおじいさんも今のを
目撃したらしく「あれはカモシカだ」と言っていた。
僕 「カモシカって天念記念物の??」
おじ「そうだよ!」
すげ~~(゜o゜) 天然記念物見ちゃった♪でも危うくひき殺すところだったよ(´▽`;)

そして鳥海山ブルーラインへ とても眺めがよく爽快だった!
鳥海山ブルーライン 絶景!

ブルーラインを下りR7(おけさおばこライン)をひたすら走る・・・
気分上々!海がきれい!そして新潟に入る。笹川流れを通り、ひたすら走る。
しかし家まであと20kmという所で、いきなりの雨(+o+) まぁ最後まで順調にいかないのが旅なのさ♪


久しぶりの一人旅はとても充実したものとなった!!★★★★★


走行距離・・・700km

もどる  HOME



Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.