182218 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ぎんぺーじ

仁義あり志賀高原の旅

仁義あり志賀高原の旅   2007年9月2日


地元の友人 仁義なきアルピニスト氏とツーリングに行ってきました。
行き先は毎度御馴染み『志賀高原』でございます!仁義氏は本格的なツーリングは今回は初だったのかな?
でも仁義氏は名前の通り アルピニストでして、日本中の名だたる山を制覇している強者です!先日も大学のサークルで上高地を攻めてきたばかり。山のエキスパートと旅のエキスパートの最強コンビなり(笑)


朝7時、近所のコンビニに集合。天気は曇っているものの、進行方向の空は明るい。いざ出陣!!
いつもの道をスイスイと進みます=3 途中、津南のスノージェットで2回死にかけながら なんとか長野入り。魔神で初県外だぁ♪

愛馬 いつもの道の駅

そんで道の駅信越さかえに到着。するとバイク集団がズラ~~っと並んでました!ここは地元ライダーの憩いの場なのかな。珈琲カフェインチャージし出発です! R117→R292をサクッと走って 渋峠ののぼり口に入ります。その前に 山之内の道の駅でさっき飲んだ珈琲をアウトプット。

身体も軽くなったし、いざ渋峠へ!!
しっかし原チャリじゃ我武者羅になって上ったこの道も 車やビッグバイクじゃあっという間なわけでして・・・魔神のパワーでフンフンと上っていきます。そんで毎度御馴染みの中腹にある 名も知らぬパーキングと 濛々と湯気のあがる ほたる温泉(平床大噴泉)に寄りました。

ほたる温泉 燻され中

いつ来ても勢いのある、ほたる温泉に燻されます。凄まじい水蒸気と硫黄の匂いじゃ!!
その後はスイスイとあがります。標高1800mを越えると、寒いくらいです。景色も素晴らしい♪

そんで渋峠(標高2172m)に到着!!!ちなみに気温16℃((( ゚Д゚)))

渋峠!!

普段 仁義氏が上っている山々に比べれば ひざ小僧にも満たない高さですが、バイクで来たことに すごく感動していました◎ しかしこの峠をスイスイと通り過ぎていく車やライダー達・・・ルー大柴なら『なんでこんなアニバーサリーなポイントをスルーするのだ!?トゥギャザーしようぜ!!』って言う事でしょう。

そして渋峠の犬 インディくんも元気でしたよ!御年12歳で すっかりおじいちゃん犬になってしまいましたが バリバリ現役で看板犬やっておりました☆ これからも長生きして お勤め頑張ってくれぃ!
そしていつも思う疑問・・・渋峠ホテルって長野と群馬どっちに税金納めているの?

渋峠ホテル インディくん

そんなこんなで 時間も正午近くになっていたので 渋峠ホテルのラウンジ(群馬側)で昼食です。
私はカツカレー(1100円)を食べます。下界よりもかな~~りお高めですが、日本国道最高所で食うという「付加価値」を考えれば安いモンです◎

最高所のカツカレー

何故かスプーンがお冷の中に入っております(笑) 氷まで入っているけど、これは飲むための水なのか・・・
でも山の水は貴重だし、もったいないから飲んじゃったけどね~(´∀`;)

んで 満腹後 しばしマッタリして 群馬側への下りに突入します。
群馬側はとにかく景色が最高です!!景色を楽しみながら チョロチョロと下ります。
途中のPAで韓国人御一行に「シャシンオネガシマス」っと言われました。
もちろん愛想よく写真撮ってあげました。思いっきりベタな「ハイチーズ!」を使って・・・(笑) しかし とっさの瞬間って案外言葉出てこないんだよね。サランヘヨとカムサハムニダしか思い浮かばなかったよ~(´3`;)

その後も景色を楽しみながら進みます。ホント天空の世界だよね~

渋峠の真髄!!

高原風景 この後エリーゼが

道端で景色を楽しんでいると、ロータス・エリーゼの集団がおでまし!!20台以上のエリーゼが颯爽と走って行くではありませんか!!!こりゃ凄い!カッコ良すぎる!!ロータス・エリーゼ欲しい…!!
久しぶりに衝撃を受けながら 重たい車体をころがしていきます。でもVMAXもカッコイイよ♪

んで、次は湯釜に寄ります。湯釜はエメラルドグリーンの神秘的な火口湖。ずっとアルカリ性だと思ってましたが、最強に酸性らしいです。やっぱりいつ見ても不思議だよね~
それにしても湯釜までの登山道キツかった~~;(当然 仁義氏は余裕)

湯釜へ 湯釜!

バテバテになった後も 駐車場には重たい魔神・・・こいつの取り回しが一番疲れた!
その後もまったりと下っていきます。すると雲海キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
暫し眺めます。俺達は完全に雲の上にいるのだ・・・凄いなぁ!そしてこれからこのぶ厚い雲に突入していくわけです。気分はまさに竜の巣に飛び込むパズーとシータです。この雲の中にラピュタあるかも!

雲海 突入!

突入~~!!中は真っ白で視界は10m先がやっと見えるような状態でした;
しかも前に観光バスが走っていたので 超ゆっくりペース。20km/hくらいのスピードでゆ~っくり下ります。
しかし さすがにこのスピードだと 地獄谷周辺の停車禁止区域はヤバかったです(´∀`;) 鼻をつんざく刺激臭。有毒ガスをモロに浴びながら進みみました=3

なんとか草津の町に着きました。道の駅で休憩です。
ここからはひたすら帰宅ルート。日本ロマンチック街道を通り、大道峠を越えます。
途中で大道峠への道を間違えてしまい、軌道修正の為に 変な県道に入ったのですが、素晴らしいくらいの獣道でした(´∀`;) やべぇっと思いながらも 引き返すことができないくらい獣道なので進むしかありませんでした。なんとか本線に合流できた時は嬉しかった◎
写真左は本線合流後の写真です。獣道の写真も撮りたかったですが、停まる余裕がなかった;

無事合流 赤谷湖

その後は大道峠を越え、猿ヶ京の 茶色い外観のローソン(チャイローソン)で休憩しました。ここには赤谷湖を一望できる東屋があるのでオススメです◎
そして三国峠を気持ちよく疾走しました♪ 新潟県に入った後は 仁義氏の先導で走ります=3 しかし仁義氏、全く休憩を挟むことなく走り続けました(笑) さすが山岳で鍛えただけあって タフであります!

んで 最後にいっぷくして帰宅!!走行距離は380kmだったけど疲れたわ~!
そして疲れた身体に こいつがジワリと沁みていきました~~(´∀`)

ぎん

これは土産で買ってきた浅間酒造の『本格米焼酎 ぎん』です!
これで打倒下町のナポレオンじゃ!!皆さん こちらもヨロシク御願いしますね!!(笑)


そんなこんなで、仁義氏は中学の時からの付き合いですが、まさかこうやってバイクで一緒に旅をするとは思っていませんでした。だからこそ嬉しいではありませんか!!東京に行っているとはいえ、同じ地元の仲間にライダーがいるのはホント喜ばしい!!またツーリング行きましょう!( ゚ε^ )


もどる  HOME


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.