134320 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 ととろのにわ

PR

プロフィール


トトロニャロメ

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

 ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
 きゃすぱぁ@ パパぱあパパぱあああいいいい!!!!!!! 乙 パ イの心地良さに勝るものはありまへ…
 生活費@ ちょwwwwこれわwwwww ここまで簡単なバ イ トって他に無ぇだろ…

お気に入りブログ

作図手法DVD New! saitanseizuさん

うなぎ犬の食う・寝… よーこにゃんさん
家具・インテリア・… いっさんサンさん
家を建てるぞ 間取りんさん
2007.12.15
XML
テーマ:建築(7)
カテゴリ:建築

みなさん、こんにちわ~スマイルぱー

今朝もくもりで紫外線が気になります。

 

今月始め、自主勉強会の忘年会に出席させていただいた次の日、札幌市にある

唯一の安藤忠雄氏が設計した建物におじゃましてきました。

『渡辺淳一記念館』です。

渡辺淳一記念館外観その1

 

中島公園のすぐ横に建っているのですが、大げさに目立つ存在でもなくて、

第一印象は、ちょっと期待に外れてしまいました。

あの安藤忠雄氏が設計した建物とあって、もっと どどーん と主張しているのかと

思っていたのです。でも、その期待をうまい具合に外してくれました。

だんだん近づいていくと、

渡辺淳一記念館外観その2

 

渡辺淳一記念館外観その3

 

安藤忠雄氏の著書とかを詳しく読んだことはないのですが、安藤氏設計の建物の

うわさどおり、コンクリート造の建物をナナメに貫くハリ(と呼んで良いのかな?)が

支えていました。

いまブログを書きながら、ふと左側に壁とか柱がないなぁ...、と気づきました。

このナナメのハリらしきものが屋根の荷重を支える役目をしているのか...!?

これまたびっくりびっくりです。

こんなに間近に建物の不思議を見られたのは、初めてかもしれません。

(あなた、何年建築に携わっているの...?)

安藤氏設計の建物では、昨年表参道ヒルズを観にいったことがあります。

そのときはものすごいヒトで、ゆっくり鑑賞するという雰囲気にもなれませんでした。

また、ぜひ行って、あの階段状のステージというか、建物の吹き抜けの真ん中に立って、

(空間設計の醍醐味のなかにいる)実感を味わいたいですね。スマイル

 

建物の前に着き、さっそく中へ入ると、受付の女性が立っていらして、

「あのぉ、建物を観に来たんですけど...。^^;」

と言うと、その女性は、この建物のことをくわしく教えてくださいました。

「設計事務所のかたですか?」

「いいえ、一級建築士を目指そうか、考え中でして...」

「そうですか!」

写真撮影はできますか?と聞いたところ、渡辺淳一氏の展示物のある部屋は

禁止で、そのほかの場所であれば良いです、とのこと。

さっそくカメラを向けてバチバチいなずまと撮らせていただきました。ウィンクカメラ

 

建物の中は、1階に図書室、2階に渡辺淳一文学の歴史がわかる年表や

個人の持ち物、数多くの著名人や俳優たちとの記念写真などが並べられていました。

たしか3階には、著書『鈍感力』にまつわる新聞記事などがショーケースに納まっている

小さなお部屋が。

1階の図書室は上部が吹き抜けになっていて広々とした空間が広がり、

入って右側の壁には天井までの書棚がありました。

渡辺淳一記念館その1

 

もと施工やであるため、妙なところに目がいってしまうのは職業柄仕方が無いの

ですが^^;、書棚の上の部分の本を取るために収納を兼ねた移動式の階段が

ありました。床には、それを走らせるためにレールがあり、

”独立してては危ないよな”

と思っていたら、なにやらアルミの棒っこが...。(写真・赤の矢印の部分)

(「棒っこ」って、北海道でしか使われていないのかな?「棒」の意味です。)

何だろう?と近づいてよく見ると、階段を支えるためのレールが書棚にすでに

取付けられていたのです。

「うーん、さすが~!」

と思わず唸ってしまいました。(意匠的に、ジャマになっていない)

 

渡辺淳一記念館移動式階段

 

どうやって付いているのかな???と、手探り手探り...。スマイル

下からはわからないように、棚板の上からビスで留まっていました。

 

地下には、防音機能も兼ね備えたステージのある講義室が。

ちょうど見学に行った時間が、ピアノの発表会と重なってしまい、写真が

撮れませんでしたが、くわしくは『渡辺淳一記念館』でどうぞ。

天井の装飾デザインは、受付の女性によると、北海道らしくホタテを模した

デザインだということです。

 

お土産に、そこでしか売っていない絵はがきを買いました。

絵はがき

 

この絵はがきは、いまある在庫限りの販売だそうで、その理由を聞くと、

安藤氏の建物のデザインが描かれているので、ということのようです。

(著作権とかということなのかな...。)

3種類あって、そのなかの1枚です。

 

中島公園の池には、もう氷が張っていました。

池

 

マガモ

 

マガモがかわいいですねぽっ。寒くないのかな...?

近くに、豊平館もありました。この夏、ひととようさんもライブを行った場所です。

豊平館

 

ではまた~!!スマイルバイバイ







最終更新日  2007.12.15 15:02:01
コメント(2) | コメントを書く
[建築] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.