000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

あなたは神社を守れますか?

千葉の神社のご神木が
不動産業者によって伐られた話がありました。

ご神木とはそもそもなんでしょう?
以前書いた「ネットで初詣」を読んでいただくとよくわかりますが、
ご神木とはその神社の「気」を示しているシンボルにほかなりません。

ちなみに、私のいるお寺の隣の神社などは四方八方に枝を
伸ばしていますが、周辺の住人は枝が自分の敷地に伸びてきて、
落ち葉が落ちてもあまり枝など伐りません。

ましてご神木ともなったら普通は神社の社屋に手をかけるのと
同じ行為ですから、伐るなどとはとんでもないことです。

ではなぜ、伐ってしまったのでしょう?
大きな原因は業者がその価値を知らなかったことです。

神社の立っている土地は太古から「気」がみなぎる特別な
場所として大切にされてきました。
そこに育つ木々は特別のものとして手を掛けられず、
自然のままに育ちます。

そして、その「気」のその証拠が巨木・老木である
ご神木なのです。

これは頭で考えることではありません。
体で感じることです。

日本人は長年にわたってそうやって神社を
守って生きてきました。

もし、それが感じられなくなったとしたら、
その人は病んでいるとしか思えません。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.