2232393 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

喪中につき

11月頃から、

「喪中につき新年のご挨拶を遠慮させていただきます」

というような葉書きが舞い込んできます。

世に言う「喪中欠礼」です。

さらに、当院にも

「私の○○が亡くなったのですが、
喪中欠礼の葉書きを出した方がいいのでしょうか」

というような問い合わせがよくあります。

そもそも「喪」というのは、儒教の制度で
私は本来門外漢ですが、聞かれた以上は
答えざるをえません。(笑)

以前にも書いたように「喪」というのは

「私は身内が亡くなって悲しんでいる」

ということを世間に知らしめることが目的です。

したがって、喪中欠礼の葉書きを出すかどうか迷うようなら、
やめるべきというのが私の意見です。

現代では「喪」に服して仕事を休んだり、
外出を控えて家に籠もるというのは
世間的にもなかなか認められることではありません。

それでも、せめてお正月の外出は控え、
お経を一巻でもあげて、
故人を供養したいものです。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.