2303394 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

リサイクルは環境にやさしくない

大手製紙会社が軒並み、再生紙の古紙配合率を
偽っていたことが発覚しました。

古紙だけでは白い紙ができないということで、
市場が再生紙に白さを求めることに問題があるような発言も
ありましたが・・・

それ以前に、再生紙は環境にやさしいのでしょうか?

紙をそのまま捨てて燃やしてしまえば、
もったいないような気がしますが、
再生すると環境にやさしいように思います。

しかし現実には古紙を回収するためには、
ガソリン、軽油などの燃料が使われ、
回収された古紙も、紙に再生されるまでには、
さまざまな不純物を取り除かなければなりません。

すなわち、再生するほうが、燃やすよりも
はるかに大きなエネルギーを使ってしまいます。

つまり、古紙を手間をかけて回収して、
質の悪い紙を作るのが再生紙なのです。

リサイクルなどといえば、一旦紙として作ったら、
それが何度も使えるような幻想に陥ってしまいます。
しかし、そんなことはありません。

でも、あらゆる紙にリサイクルマークがついており、
実際には紙を捨てる行為が、リサイクルという
よい行為のように思えてしまいます。

実は、これは紙だけに限りません。
プラのマークがあるペットボトルも同じなのです。
再生するよりも、燃やしたほうが環境にやさしいのです。

リサイクルという名のもとに消費を拡大
しているようにも思えます。

本当に環境にやさしい生活とは何かについて
考えるべきではないでしょうか


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.