2298926 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

最近気になる葬儀の作法

最近気になる葬儀の作法

最近、お葬式で気になることがあります。

まず一つは「末期の水」。

「末期の水」とはもともと、文字どおり、臨終の際に
水を綿などで含ませて与える儀式です。

ところが今では、臨終の際ではなく亡くなった後に
お通夜の席で行います。

したがって、ごく親しい近親者のみが行なう儀式ですが・・・

最近では、個人とのお別れの儀式として
考えられているようで、近親者でもない方までが
行なうようです。

座っている順番にそれが回ってくると、
しないといけないように思われるようで、
断るのは勇気がいるようです。

もう一つは、出棺の際にお棺に花を入れる儀式です。

これも、以前は身内の方だけが行なっていたように
思われるのですが、それ以外の付き合いのある方が
お別れする儀式と思われているようです。

しかしながら、亡くなった方の中には、
苦しい表情の方も当然おられますし、
生前の元気な姿とは似ても似つかない姿に
なっている方もあります。

死後の姿を人には見られたくないと言う意見も
ありますので、二つの儀式とも故人の近親者以外が行なうのは
どうだろうと思うこの頃です。

最終更新日 2008年09月16日


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.