2296424 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

犬・猫の殺処分は問題にされないのか?

こちらは問題にされないのか?ー犬・猫の殺処分

元厚生次官宅連続襲撃事件が連日のように
報道されています。

犯人の小泉容疑者は「保健所にペットを殺され腹が立った」
という動機だそうです。

まさか、ペットを殺されただけで人を殺すとは?

という意見が大半です。

たまたま、ぢんこωさんのところで、記事を読んで思いました。

ペットブームの陰に・・・4
~ 犬は113秒に1匹、猫は115秒に1匹が殺処分になっている! ~

これって問題にならないのでしょうか?

~~~~~以下引用~~~~~

ペットブームの裏側で、膨大な数に昇る殺処分数。
殺処分は、病気よりも交通事故よりも、老衰よりも
何よりも一番多いペットの死因となっている事を知っていますか?
今回は、殺処分に焦点を当ててレポートを致します。

 犬の殺処分数

飼い主の持ち込み:144371
迷い犬の捕獲   :250363
返還・譲渡    : 30000
実験・払い下げ等: 10357

殺 処 分   :280819

猫の殺処分数

飼い主の持ち込み:274557
   捕獲   :  1005
返還・譲渡    :  1600
実験・払い下げ等 :  1247

殺 処 分   :274463

~~~~~以上引用~~~~~

これは平成11年のデーターですが、
11年に55万匹だったのが、平成15年は
44万匹と少し減っています。

現在はもっと少ないかもしれません。

意外なことに犬はだんだん数が減っているのに対して
猫は増えています!

クジラは日本では昔から捨てるものがないと
いわれるほど利用されてきました。

それなのに、捕鯨に反対する狂気の団体があり、
捕鯨自体が禁止されています。

ところが、犬や猫はどうなんでしょう?

犬や猫は人間が生きていくのに必要だから
殺しているのではありません。

必要ないから殺しています!

「行政による犬猫の引取り」

「行政による犬猫の処分」

これが法律化されています。

なんという身勝手な!

飼い主が毎年40万匹も持ち込んで殺されているとは
しりませんでした。

明日はわが身、今度生まれ変わったら
犬や猫に生まれ変るかも知れないと
肝に銘じておきましょう。

最終更新日 2008年11月28日


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.