2228535 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

戦時国際法をご存じですか?

戦時国際法をご存じですか?

小林よしのり氏の「戦争論2」の中に

「戦争になったら誰を殺しますか?」

という問いかけがありました。

そう問われた自衛隊出身者は

「敵の兵隊」

と答えたのですが・・・

どう思われますか?

1980年頃大学の講義で、国際法の専門家の先生が
戦争放棄をうたう憲法9条のために、日本では

「戦時国際法」

が専門的に研究されていないと嘆いておられました。

戦時国際法とは戦争当事国間に適用されるのみならず、
交戦国と中立国の間にも適用されるので、
戦争をしない国家でも必要なのですが・・・

ちなみに、戦時の攻撃目標は敵の戦闘員か軍事目標に
限られています。

戦闘員とは紛争当事国の軍隊であり、
軍事目標とは野戦陣地、軍事基地、兵器、軍需物資です。

戦争とは言っても敵国を無差別に攻撃することは
禁止されており、戦闘員であっても
降伏者、捕獲者、負傷者、病者を攻撃することは
禁止されており、もちろん民間人や民間施設を
攻撃することは戦争犯罪です。

当然のことながら、太平洋戦争時の日本空襲や
原爆投下などは明らかな国際法違反行為です。

戦争といえども、何でもありではありません。
ルールはあるのです。

長々と書きましたが、イスラエル軍のガザ地区への
空爆と地上侵攻は、明らかな戦時国際法違反のように
見えます。

最終更新日 2009年01月10日


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.