2303668 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

戦争を知らない子供たち

戦争を知らない子供たち

戦争を知らない子供たちという歌をご存知ですか?

私はこの歌をリアルタイムで聞きました。

この歌が発表された、前の年が大阪万博、
翌年が札幌オリンピックです。

時代は高度成長期。この歌の背景には、戦後25年余り経って、
戦時中を経験した30歳以上と戦争を知らない20代の
世代的な格差があったと思われます。

当時、私はまだ子供でしたが、その格差を感じています。

戦争経験がある方のほうが多く、

「先の戦争は、物があったら勝てた」

という話は結構聞きましたし、

「マレー進駐記念(ゴムの産地)に学校でゴムボールが配られた」

などという話もありました。

欲しがりません勝つまではの精神ではありませんが

「昔は桃の皮だけ食べて、中身は兵隊さんにあげた」

「弁当が床に落ちても食べた」

ですから、給食などを残すと恐ろしく怒られました。

食べるまで帰さないと言われたので、後から食べると
いうことで、脇の戸棚などにかくしておいた給食が
後日干からびて発見!

あるいは、卵をくるんで置いておいたら、腐ってウジがわいていた
という事件!とか・・・

教師が殴るのは当たり前?

「昔は金属の板で殴られて血がダラダラ流れても我慢した、
それに比べればまし」

温泉地だったので銭湯でも、刺青をした暴○団関係者が
いつもいました。
それどころか入っている客ほとんど刺青ということも(@_@;)

私などは常連?だったので気にしないで入っていましたが・・・

ちなみに、そこいらの普通のおっさんも戦争帰り。

「刺青してるからってえらそうな顔するな!」

と喧嘩を売る人もしばしば・・・

テレビでは、アニメで太平洋戦争が放映されていました。

日本軍の快進撃を見ては興奮していました。
日本軍は肯定的にも書かれていたんでしょう。

結果はわかっているんですけどね。(;一_一)

また、日本の戦争責任など、当時は
言われていなかったはずです。

ただ、重要なことは、当時は自衛隊を海外に
派遣することなど想像もできませんでした。
なにも言わなくても「戦争はもうしない」という
風潮があったような気がします。

いつの時代からでしょうか?

戦争を知らない子供たちが社会で多数派を
占めるようになりました。

日本は戦争責任を追及されるようになり、戦争について
肯定的に語ること自体が問題視されるようになりました。

戦前は悪、戦後は善。
それはおかしいでしょう。
戦前の日本軍は全部悪かったんでしょうか?

その一方で自衛隊がなし崩し的に海外に
派遣されるようになりました。

その理由が全く理解できない国際貢献。

すごく危険な気がするんですけど・・・

小泉政権がイラクに自衛隊を派遣したのは、
とんでもない暴挙。

それにも関わらず、自民党を大勝させてしまった国民は・・・

戦争を知らない子供たちはどこへ向かうんでしょうか?

最終更新日 2009年04月04日


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.