2300847 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

ピース缶爆弾を知らない子供たち!

ピース缶爆弾を知らない子供たち!

昨日は某寺院寺族(寺院住職の家族)のお通夜に行ってきました。

関係寺院が集まる中、お通夜の準備が進められます。

仕度をしている私のところに関係寺院の老僧が来られました。

「今日は導師やってくれ」

「え~!私がですか?」

「○○寺が導師は法類(寺院同士のつながりが深い)が
 やるそうだといっとる」

「え~!準備してません」

「普段のお通夜のようにお経の頭を取ってくれたら付いて行く」

先日の般若心経秘鍵の講習会に続いてピンチです(汗)

始まるまでにあと10分しかありません(;一_一)

結局、失敗が失敗を呼ぶ悪循環(;一_一)

今日は本葬があり、そのあとお六日がありました。

某寺院近隣の3カ寺だけが集まる予定でしたが・・・

K寺の副住職さんが来られました。
2年前に来られたばかりなので、事情をご存じなかった様子です。

お六日は問題なく終わり会席になりました。

たまたま、タバコの話になりました。

「ピースは香りがいい」

とどなたかが言われました。

「ピースと言えばピース缶爆弾を思い出しますね」(私)

「ピース缶爆弾ってなんですか?」(K寺の副住職さん)

「ピース缶で爆弾作るんですよ」

「え~どうやって爆弾作るんですか?」

「ピース缶の中に火薬入れて作るんですよ」

「何に使うんですか?ハハハ」

「テロに使うんですよ」

「誰が使うんですか?ハハハ」

「過激派ですよ」

「過激派ですか?ハハハ」

「冗談で言ってると思ってません?昔あったんですよ!
本当の話ですよ!」

「まじっすかー?ハハハ」

普段から冗談ばかり言っているために信用されていない(;一_一)

「○○さんも△△さんもご存じですよね!
昔ピース缶爆弾ありましたよね」

私より年配の住職が話してくれたために、危うく嘘つきと
思われることを免れました(*^_^*)

K寺の副住職さんは私より10歳ほど若いのですが、
それでも30代後半。

最近はテロといえば、イスラム過激派の代名詞のように
なっていますが、しかし、かつては日本でもテロが
頻発していた時代がありました。

議会によって多数派を占めることによって、政治目的を
達成しようとする左翼政党である共産党や社会党(当時)
に吸収されない社会主義者たちが数多く存在していました。

学生のデモは国会に突入し、東大を舞台にして、
学生と機動隊がぶつかりました。

日本は今より貧しかった。
大学に進学する学生は少なかった。
事件の良し悪しは抜きにして、一生懸命日本の未来を考える
青年が多かった時代のように思います。

そんな時代も風化しつつあるようです。

ピース缶爆弾事件

最終更新日 2009年09月18日


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.