2296611 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

人間の目指したもの

人間は太古より自分たちの身を守り、
より良い生活を目指してきました。
雨風をしのぐ建物を作り、服を着ることによって
自然の影響を最小限にして生活できるようにしてきました。
また、食料も自然の恵みを飼いならす?ことによって
飢えから開放されてきました。

人間はそれだけで満足することなく、快適性を追求していきます。
その快適性を追求した結果できあがったのが、現在の大都市です。
大都市には人間の望むものが何でもあります。
現代の日本人は、かつての天皇・将軍ですら
食べられなかった珍味を食べ、冷暖房の効いた
快適な住まいで生活しています。
まして、近世以前の庶民はとても比べものにはなりません。

しかし人間は幸福になったでしょうか。

普通の欲望は望むものが手に入ると、さらに欲望が
大きいものになっていきます。

これは仏教の世界では餓鬼の世界です。
餓鬼は満足をしらないのです。
人間は餓鬼を目指したのでしょうか?そうではありません。

いつまで経っても満足できないものを追い求めるのではなく、
それを手に入れたら飽きることのない
本当の満足を手に入れませんか。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.