2228108 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

僧侶は職業?

以前から職業を書くときどうしようかと悩んでいます。

「職業」が僧侶というのはどうも?

よく、「休日は何をしているんですか?」
と聞かれると悩んでしまいます。

お寺に休日はありませんし、(友引は葬式がないだけです)
それ以前に営業時間が決まっているわけではありませんので、
起きている時間が営業時間?ということになります。

本尊さんは年中無休24時間営業ですから、
(空き時間があるはずがない)こっちもそれに
従わざるを得ません。

僧侶は「趣味」ですと言いたいところです。
(実際そういったこともあります。)
しかし、それによって生活しているのは事実ですし、
お寺は「サービス業」という意見もあります。

このたび善光寺の僧侶・職員が個人加入の労働組合に
加入して寺院内に分会を作ったということです。

善光寺の状況はよくわかりませんが、記事を見る限りでは
僧侶といっても修行僧ではなく役僧ですし、職員も含まれて
いることから考えると労働者と見たほうがいいと思われます。

役僧は休みもありますし、労働時間も善光寺のような
大きなお寺では決められているはずです。

私のいた高野山のお寺では社会保険にも加入できました。

行っている仕事が違うだけでサラリーマンと変わりません。

高野山でも私のいたお寺ではそれなりの給与を貰っていましたが、
修行と称してそうでないお寺も多いようです。

寺院が信者さんに施しを与える気持ちで運営されていれば、
役僧も職員も給与が安くても我慢してくれると思いますが、
営業が前面に出ていると、自分たちにも還元して欲しいという
要求が出てくるのは止むを得ないのではないでしょうか? 

戦後の農地解放で寺院は多くの土地を失いました。
修行や勉強をしているだけでは生活できません。

営業活動をしなければ維持できなくなっています。
そのひずみが出てきたかたちだと思います。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.