2231952 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

休日があることは幸福?

大型連休に各地にお出かけされる方も
多かったと思いますが、一方で行楽地では休日返上で
仕事をされている方も少なくありません。

その方たちにとっては休みどころか忙しい日々を
過ごされたことでしょう。

本来祝日は「国民の休日」のはずですが、
仕事をしている人がいるのは何故?
などと考えてしまいます。

ちなみに僧侶は休みがなく、
仕事と休みの区別もありません

高野山においても、原則として休日はなく、
休みは申し出ないともらえません。

元々サラリーマンをしていた感覚からすると、
仕事と休みの区別が無いとその境が曖昧になり、
だらだらした生活になると考えていました。

しかし、よく考えてみると古来から日本では盆暮れを除いて
休みを取るという感覚がなかったのではないでしょうか?
そして盆暮は皆が一斉に休んでいたはずです。

そう考えると、休みが無いと困るような仕事は
人間の体に過度のストレスを与えるのではないか?
などと考えてしまいます。

幸いにして?休みがない職業?についている私は幸福なんだ!
と考えてしまいました


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.