2310414 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

信仰心とは

毎日お寺にあるお墓に朝6時過ぎにお参りされる方がいます。
雨降りはさすがにお休みですが、晴れても曇っても、
暑い時寒い時、毎日自転車で通われていますので、大変熱心な方と
思っておりました。

ところが、その方と今日お話をしていたら、
「私は信仰心が無いので・・・」という発言が飛び出したので、
びっくりして目が点になりました。

傍から見るととても信仰心があるように思われるのに
何故でしょう。

ご本人によると「私は毎日お経を上げたり、
お寺参りなどをしないから」とのことです。

確かに国際的な基準からすると、佛教徒でありながら「お経を上げたり、
お寺参りなどをしない」のは信仰心がないと
思われるのかも知れません。

日本人は生まれた時は神社にお参りして、結婚式は
キリスト教会で、死ぬとお寺に頼む。
こんなイメージがあってみんな信仰心がないと思っています。

私はそうは思いません。
本当に信仰心が無かったら、神社にお参りすることも無く、
お寺に葬式を頼む必要も無く、教会で結婚式をする
必要は無いでしょう。

それをするということは、宗教に対して何らかの敬意を
払っているからに、他ならないのではないでしょうか。

日本は昔から他の文化を取り入れそれを
独自の進化をさせてきています。
宗教はその代表です。

日本には太古より神道に佛教、道教、儒教その他の教えを
取り入れた日本の信仰がある。
もう少し自分たちの信仰に自信を持っても
いいのではないでしょうか。 


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.