2229632 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

仏事の表書きは?

仏事の表書きはなんと書いたらいいでしょう。

良く聞かれる質問です。

「お布施」と書いてください。と答えています。

表書きにはいろいろあります。

「寸志」「薄謝」「お礼」などは一般にお礼に使われますが、
仏事には適当ではありません。

「回向料」「お経料」は適当なようですが、お経や回向の対価
として受け取るわけではありませんので、少し違うようです。

布施というのは相手に施しをすることです。
僧侶は法を施し、信者は財物を施すのです。

托鉢は乞食と同じようですが、相手に施しの機会を与えるもの
とされています。

また、盆参りの時は「お中元」と書くことがあります。

中元(7月15日)というのは中国で冥界の官が死者の善悪を
定めるという習慣に、仏教の盂蘭盆・施餓鬼が
結びついたもので、先祖供養を行う日とされていました。

先祖供養のために本家に贈り物をしていたのが後に
贈答一般を中元と呼ぶようにようです。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.