000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

仏壇とお墓を変えること

今日はたまたま仏壇の開眼(魂いれ)と
お墓の発遣(魂抜き)が重なりました。

午前中は「お墓の発遣」

施主の方が予定の時間より早く来られたので、
着替えていません(汗)
「お墓のお祀りをしておいてください。その間に着替えていきます」
というと
「花は昨日祀ってあります。それ以外に何かいるんですか?」
「・・・」

午後から「仏壇の開眼」
施主宅へお伺いすると、仏壇に何も祀ってありません!
「お祀りはまだですか?」とお尋ねしました。
すると
「何か祀るんですか?」
「・・・」

お盆を挟んでの話でしたので、多忙のため
私も注意していませんでした(反省)

お墓や仏壇に、魂入れ・魂抜きをするときは
花・線香はもちろんきちんとしたお供えが必要です。

お墓を建て直すことも、仏壇を新調することも
五十年・百年に一度の大事業であり、
法事・葬式などよりも重要な儀式です。

家を建て直す位に注意していただきたいものです。 


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.