2264795 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

本当はめでたい年回忌

年末になると、来年の年回忌に当たっている方を調べます。

当然のことながら、七回忌ぐらいまでは施主の方の
住所も分かりますが、古くなればなるほど施主の方自体が
分からないことが増えてきます。

今年は私の父の三十七回忌で、実家で法要が営まれました。
私はちょうど所用があり、お供えだけ送りました。

別段何のことはないような気がしますが・・・

よく考えますと、三十七年前はまだ私も子供です。
私の母が不慮の事故で亡くなっていたら、
その時点で、私の実家の家屋敷も売られ、
年回忌などするどころではないでしょう。

また、私が亡くなっていたら、当然年回忌を迎えるどころか、
私の年回忌をしてもらわないと(笑)

また、私も母も生きていたとしても、日々の生活に追われていたら、
年回忌をする余裕などないでしょう。

そう考えると、その昔五十回忌を祀り上げとして
お祝いしていた意味もよく分かります。

すなわち、年回忌を出来るということは、
それを出来る子孫が存在し、その家が存在し、
先祖に感謝する心がなければなりません。

あと13年生きていたら、五十回忌
あと33年生きていたら、七十回忌
あと63年生きていたら、百回忌
あと113年・・・は無理でしょうね(笑)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.